« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

またしてもバンド活動停滞

いよいよドラマーも見つかりさぁこれから・・・と思ったら今度はベースが脱退。
うーん・・・
この件について色々思うところはありますが、関係者もここ見てると思うので控えたいと思います。
まあ、気持ちを切り換えていくしかないでしょうね。

まあバンド活動が滞ってる以上、個人活動で頑張るしかないんですよね。

あ、そうそう軽音OB忘年会お疲れ様でした。
スタジオ入ったんすか?
いやーさすがに機材もって上京はしんどいっすよ。
自分の弾く音色は自宅できっちり作り込んで行くタイプなので、スタジオ備え付けの機材は使いたくない性分ですしね。。。
まあ、次の機会でって事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぶんこれが原点

音楽活動の原点はゲーム音楽だったりするんですが、ふと今でも売ってるのかと探した所、売ってるみたいですね。
ソーサリアン スーパーアレンジバージョン
リンク先には参加ミュージシャンの名前が載ってますけど、結構豪華。
今は亡き井上大輔氏の名前も。

これを小学生の時に聞いちゃったからねー・・・
そりゃプログレ好きになるわな。

その頃クラスでは男子がおとこぐみ(漢字わからん。。。)、女子が光ゲンジにハマっていた頃だった気がします。
これで良かったのか悪かったのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCレスを目指した携帯オーディオ?

こういう製品がここのところ増えてきていますね。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051129/nagase.htm本体で録音可能。さらには本体での楽曲管理もより便利になっているんだそうです。

今までiRiver、Seagrand、Creative、Victorの4社の製品いずれも本体でのMP3ダイレクトエンコーダ機能を備えた機種を使ってきましたが、満足できる機種は一つもなかったりします。
それはベストな録音レベル(音量)で録音できないという機能的な不満によるものであります。
というのも上記いずれの機種も録音時の音量レベルを確認できないんですよ。
音量レベルが大きすぎると音が割れるし、音量が低いとノイズ成分が多くなるし(これはあとで調整する時にノイズ成分まで音量をあげてしまうため)。
さらに、これは憶測なのですが、録音レベルが小さいとMP3エンコードされる際に間引きされるデータ要素も多くなり、音質劣化の度合いがひどくなる気がします。

丁度良い音量レベルでの録音ができていないせいか、プレーヤ本体で録音した音は同じピットレートでパソコンを利用してエンコードしたものと比べても音は悪い気がします。

ちゅうわけで録音レベル確認機能は必須ですよ。
・・・多分ね。
上記の製品はその辺クリアされているのは不明。なんでこういう機能が無視されるんだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

プレイヤーズ王国が。。。

リニューアルしてますね。
完全なSNSになったというか・・・
登録しなくても閲覧は出来る点がmixiとは異なる点でしょうかね。
有料コースだと1GBの大容量が使えるので、多くの楽曲を発表したい人には良いんでしょう。

実は自分も随分前から登録していたんですが、ちょっと前まで使用していたODNのプロバイダーの容量が増えた事などもあって、曲データUP用にする意味も薄れて使わずじまいだったのです。
そのうち1ユーザ1ID登録の推奨(強制?)など規約が変わった際に、掲示板等でID登録しておいて使わないフトドキものもどうにかすべしという意見もちらほら見受けられました。

やばいなと・・・
それは俺の事じゃないかと。。。
と、ちょっと罪悪感を覚えつつも、そのうちカバー作品を公開したいなという思いもあってそのままにしてました。

で、今回のリニューアル。
プレイヤーズ王国の個人ページにしっかり日記コーナーが設けられてるのです。
mixiの方はこちらの記事をmixiの日記として登録できるので、こちらにリンク貼るだけにしたのですが、さすがにプレイヤーズ王国では無理らしい。
両方書くのはとても無理なので、そちらもしばらくは放置になるでしょう。。。

まあそんな感じではありますが、実は今そちらで公開を前提にある曲のカバーに取り組んでいます。
ギターレスロックサウンドを模索する上で大変参考にしている某バンドでございます。
正確に言うと原曲にはギターが入っていますが、ギターレスバージョンもあるので。

しかし、このサイトで公開してる曲を聴いて下さった方はご存じかと思いますが、かなり歌が(も?)微妙なので、そこが迷いどころ。
自分の声質は変えられないからねぇ・・・
上手くなる努力?
うーん。。。努力嫌いだから・・・

それにしてもMUZIE並に重くなったような気がするなぁ。。。
有料会員さんもこれじゃお怒りになるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

思い出の楽器3 QY10

先日はやばかった。。。
買い物ついでに某リサイクル系ショップに立ち寄るとあったんですよ。
おそらく過去の楽器でもっとも思い入れの強いQY10が。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=YAMAHA%20QY10&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi

楽器が弾けない人間でもこれ一台で伴奏からメロディまで一通り完結した(程度はあれ)曲が作れる・・・
そんな夢のような機械がミュージックシーケンサー(以下シーケンサー)、YAMAHAのQY10。
・・・と思って手にした製品です。

実際楽器を弾けない僕でもリズムパートからメロディまで作る事ができましたから。
それも学校で習う音楽の知識レベルで。

どうしても自分で曲が作りたいという気持ちがあのころはかなり強かったです。
そしてQY10を手に入れてその願いが叶った時・・・
データを打ち込んで初めて再生ボタンを押した時の感動たるや・・・

今でも中古屋さんで見かけるとその時の記憶が蘇ってしまい、つい欲しくなってしまうのです。

現在、あの時より遥かに恵まれた音楽製作環境が目の前にあります。
なのにこのナマけっぷりは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

タカラのMP3プレーヤ?

元記事はこちら。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0511/17/news072.html

基本的にLINE録音して使ってね・・・らしい。

このテの製品で不思議なのはLINE録音する際に録音音量レベルの調節(あるいは音量レベルの確認)が出来ないという点。
どこのメーカーも申し合わせたようにこの機能は搭載されてないんですよね。

簡単操作を売りにしているこの製品はどうなっているんでしょうか。
自動音量調節機能とか持ってたらちょっと欲しいかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

思い出の楽器2 PSR-47

1はこちら

前回紹介したPSS-140から何年間かはCASIOトーンのROMカートリッジで自動演奏できる曲を追加できたものや、YAMAMAの同シリーズの機種を集めていました。
そのうちちょっとでかくて良い音が出るのをと思って手に入れたのがこちら。
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=PSR-47+YAMAHA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

これが両手で弾くきっかけとなった機種です。
ピッチベントホイールというギターのチョーキングのような効果が出せるコントローラがついてたりしました。

定価は6万円台。音色を選んで弾くだけの単純なキーボードでした。
今はこの価格帯だとかなり多機能ですね。
特にCASIOトーンで同価格帯だと、一台で一通りのアンサンブルを作り込めるミュージックワークステーションタイプが手に入ります。
恐ろしい事ですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

思い出の楽器 PSS-140

ここのところネタも尽き気味なので、こんな話題をシリーズでお届けしようかと思ってます。
画像ファイルを直接引っ張ってくるのもマズいので下記のリンクをご参考にしてください。
余計な画像も混じってるけど・・・
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&q=PSS-140&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

これが記念すべきMy楽器1号です。
小学生の時、両親からの誕生日プレゼントという事で買ってもらいました。

ミニサイズの鍵盤37個と5つのドラムパッド搭載。
お世辞にもリアルとは言い難い音色100種類。
音楽的な音色よりも効果音的な音が多かった気がします。
うがいの音とか。全然そう聴こえなかったんだけどね。

右手でしか弾けなかったけど、CDに合わせて喜んで弾いてたものです。

何故だかわかりませんが、リアに刻まれているYAMAHAという文字が妙に気に入っていたのを記憶しています。

当時CDから流れてくるキーボードの音とのギャップに何故だろうと悩んでいたものです。
そりゃあそうだ。
何十万もするキーボードの音が1万円ぐらいのおもちゃキーボードで出せるわけないですもんね。
それもあって、本物の音が聴きたくて楽器屋へ出入りするのもこの頃です。
小学生の自分にそんなもの買えるハズもなく、カタログを見てため息をつく日々でした。
当時はKORGのM1、Tシリーズ、RolandのDシリーズ、Sシリーズ、YAMAHAのSY77、V50、DX7IIあたりがカタログを賑わしていたと思います。

ここ最近、中古楽器売り場に行くと何が良いかってこの頃の機種を見かけると当時を思い出して懐かしむ事ができるんですよね。
掘り出し物ではなく思い出を探しに行ってます。

・・・まあ嘘だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

新製品続々・・・だけど・・・

先週は楽器フェアでしたね。
僕は今年も行けませんでしたが、誰か行かれた方はいらっしゃいますか?

それとリンクしてか、楽器メーカー各社新製品を発表してますね。
最近シンセを購入したばかりの僕としては「やられた・・・」感もあるんですけど。
中級者層あたりを狙った製品が多いみたいで、今必至にこれで良かったんだと自分に言い聞かせています。

個人的にYAMAHAのMOシリーズあたりは結構良さそうです。
おそらくはMOTIFシリーズの廉価版という位置づけなんでしょう。
自宅でMOTIF-RACKをメインにしている自分としては結構惹かれます。
今バンドで使用する(予定の)同社のS03ではMOTIF-RACKで作ったお気に入り音色がほとんど再現できないんでね。
本来ならスタジオやライブでも自宅で使っているお気に入り音色が使えるのが理想的です。
まあデザインがちょっと・・・とか、10kgはまだまだ重いかな・・・というのがあって買う事は無いですね。

それとKORGのTRシリーズ。
興味はありますが、現行のTRITON LEとの違いをあまり感じないですね。
ある程度音色やシーケンサ周りが強化されているのでしょうが、インサーションエフェクター1系統ではオルガンの音色再現がきつい事は明白。
実際この前買ったシンセも1系統なので、やりたい事が出来ないんですよ。
特にオルガン系はオーバードライブ、ロータリーと2系統は必須なので。

ってちょっとケチをつけつつ、無駄遣いへの道から必至に逃れようと頑張っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »