« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/16

QYシリーズ

先週YAMAHAのハードシーケンサーQY300を手放しました。
コレクター癖とでも言いましょうかね。。。時々症状が出ます。
いい加減QY10、QY70、QY300と3つ同時に持っていても仕方がないというのにやっと気づいたのと、もともとバンドの曲を書くためにって思ったんですが、活用できる機会も無さそうなので。
それに記憶媒体が3.5インチ2DDフロッピー。もうなかなか入手が困難な古い規格のものですよ。
まあ2HDフロッピーの四角い穴をセロテープで塞いで2DDとしてダマシで使ってましたけどね。

それもあって、カバーの曲はしばらくおあずけにします。
QY300で作っていたのでね。

ところで、QYシリーズは今唯一普通に販売されてるハードシーケンサー(テクノ向けとか特定のジャンルに特化したものなら他にもありますけど)です。
打ち込みは今やPCで行うのが主流ですが、個人的に可搬性のあるQYシリーズはオリジナルやってるバンドマンにオススメなんですよ。
本体を持ち歩けば曲のデモをスタジオで聴かせる事ができるし、他のメンバーからある部分を変えた感じを聴かせてくれという要望にその場で応じる事ができるからです。
MTRだと一部のフレーズ変えてこんな感じ・・・って聴かせる事が難しいですからね。
もっとも操作に慣れてないとその場でって結構難しいのですが。

よく機械に弱いから・・・とおっしゃる方もいますが、1曲分のデータを我慢して打ち込んでると間違いなく完成する頃には操作に慣れていますよ。
最初は説明書が手放せませんが、色々悩まずとりあえずデータの入力から初めて、随時分からない操作方法を説明書で確認するというやり方が良いでしょう。

機械に弱いから・・・なんてのは曲を作りたい!っていう情熱があれば何でも無い事です。
僕も実際機械に弱いんですよ。コー見えて。ってどう見えてるか分かりませんけど。。。
銀行行った時にATMの操作をぜ~~んぶ解説された事があるぐらいですから。

ようは目標をどこに定めるかですね。
僕は曲作るってのが最優先の目標でしたから、操作を覚えなければ泣こうがわめこうがいっこうに曲は出来ないわけで。
頑張る・・・とも何か違う気がしますが。

ちなみに今公開中の曲はほとんどQY70で作成してます。
QY70+S30。YAMAHAばかりですね。。。

現行機種QY100はQY70の機能に加えてギター用のエフェクターも内蔵していて、打ち込みの音に合わせてギターを弾いて練習なんてのも可能みたいですね。
登場からもう数年以上経つのかな。。。
もうこのシリーズに新機種が出そうにないのですが、出たら是非買いたいですね。
そうしたらMTR機能まで入ってくれないかな・・・

YAMAHA QY100


クリック投票ご協力お願いします。
MusicWebSeach21
ブログランキング にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

PSEねぇ・・・

先週PSE関連の記事をUPしましたが、その後手元にあるACアダプタ系を見たら既に新しい製品は皆PSEマークが入ってるんですよね(当然か・・・)。
なので、この際ACアダプターを小さくしてよ。。。なんて夢はしばらく叶いそうにないですね。残念。。。
しばらく?いや永遠に・・・かも。

さて、PSE関連がらみで、その規格に添ってない製品は、某リサイクルショップ等で処分扱いらしく、通常売値の7割ぐらいで売られてますね。

ちょっと頑張れば買えそう・・・なんてものもあって、ものすごく悩んだあげく、結局買わずに帰ってきました。
一時期は憧れの機種だったりするわけで、もうちょっと待てば・・・って気持ちもあるんですが。

というのも僕は今までいわゆるプロ御用達という機種(キーボード)を使った事がないのです。
お金がないってのが一番の理由ではあるんですが。
唯一近いと言えばRolandのXP-50ぐらいかな。わけあって手放しましたが。
音源モジュールってやつなら今使っているMOTIF-RACKはそうかもしれませんけどね。

安い機種を気軽に持ち運びたいという気持ちがあったし、アマチュアがライブできる環境でのPAだとあまり高級シンセ使っても大抵その良さが発揮出来ないってのもあって。
なにせキーボードの音なんてほとんど聴こえないでしょ。誰も注目もしないし。だからバンドでうん十万もするような高い機種なんて使う意味あるのかと思ったりもするんですよ。
今まで見てきた中では、自分で本体のボリュームしぼっちゃうキーボーディストも多かったんですけどね。
僕にしてみれば、お客さんに聴こえない音を演奏している意味なんて無いっていうのが持論なんですよ。
だからPAで自分の音かき消されてるな~って感じたライブでは一気にやる気が70%オフになってたりします。

まあいつかは持ってみたいですね、いわゆるプロ仕様キーボードってやつを。
その前に腕磨けってやつですか・・・
そうですか・・・頑張ります。。。

クリック投票ご協力お願いします。
MusicWebSeach21
ブログランキング にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/07

『HeavyMetal』ばトん

tomoさんからのばとんDeath。
mixiからだけど。。。

第一回目の放送はMIOが登場して、子供達の前で熱唱していたような記憶が。。。
95年頃にサントラCDが再販。
ってもうエルガイムネタはいい?
意味が分からない人はこちら・・・

Q1.パソコンまたは本棚に入っている『HeavyMetal』は?

・DreamTheater
・SymphonyX
・ShadowGallery
いずれもプログレメタル系。

Q2.今妄想している『HeavyMetal』は?

最近妄想の中でメタルが出てきません。。。

Q3.最初に出会った『HeavyMetal』は?

多分アンセム。あ~・・・でもゲームミュージックだ・・・

Q4.特別な思い入れのある『HeavyMetal』は?

DreamTheater「Images and Words」
メタルにもプログレにもこれが無ければハマらなかったと思います。

Q5.最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?

誰か拾って行って下さい(;_;)


クリック投票ご協力お願いします。
MusicWebSeach21
ブログランキング にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

PSEマークの件でせっかくだからさー・・・

なにやら僕の大好きハード○フが厳しい立場に立たされそう。
電気用品安全法なるものが要は猶予期間が終わって4/1から取締まりまっせ・・・って事でしょ?
で、電子楽器もその対象になるんだそうな。
つまりビンテージシンセのほとんどが市場から消えて、個人売買でしか扱えなくなるってわけですな。

ところで、各社楽器メーカーは特に反応なし。
個人的にはこういう機会にやたらバカでかいACアダプターの付属をやめて、コンパクトにして欲しいんだけどねぇ・・・

どこのシンセメーカーも「ライブユースに最適!!」ってな事抜かしつつ本体に対してやたらでかいACアダプター付けてたりしますからね。
特にYAMAHA。
MOTIF-RACKとかAW16Gとか同社の製品ではノートパソコンで使ってるような軽量なアダプターにしてるくせに、S03みたいなバンド向け製品ででかいACアダプター付けてますからね。
さらに最近出たMO6/8なんかはさらにでかい奴だし。
しかもMOTIF-RACKとかについてるアダプターだと薄く出来てるんで、キーボード本体ケースと一緒に入れられるんですよ。
今の四角くてでかいアダプターだと別にバックとかに入れなくちゃだめじゃないですか。
その時点で気軽に持ち運べる度が大幅ダウンですよ。

前にもこのこと記事として書いたけど、もう消しちゃったんですよね。だからもう一度書きますけどね。
とにかくこれはメーカーの怠慢じゃないかと思うんですよね。
そりゃ製造ラインに変更加えるわけだからコスト云々はあると思うけどさー・・・
MOTIF-RACKとかで既にやってるんだから、以後の製品はそういうところ合わせれば良いのにって思うんですよね。
S03は結構昔の製品だからまあ理解できるけど、MO6でそのままだったからびっくりですよ。
本体重いのにさらに重いアダプター持ち歩かせるなんて。。。

メーカー側にバンド活動経験者いないのかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »