« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/05/30

キーボードロック

これ(タイトルね)が僕の音楽における本業なのに、あまりこの話題に触れていま
せん。理由は単純。あまり詳しくないから(笑)。

最近はギターレスとまではいかないまでも、ピアノ系が中心のロックってのも結
構増えてきているみたいですね。
・・・が、僕個人的にはそれらはちょっと違うかな(自分のやりたい音楽とは)と
思ってたりします。

ピアノロックってもともとJazzのサウンドをシンプル化しただけってイメージが
あるんですよ。まあ、ロックそのものがそういう経緯で生まれてるのかもしれない
けどね。国府弘子なんかがベン・フォールズファイブを意識した曲って聴いた事が
あるんですけど、やっぱそっち系の人たち寄りの音楽って気がするんですよ。

では僕が理想とするキーボードロックとは何か。

土台は何といっても、その道の開拓者であり、またロックキーボード界のジミヘン的
存在と言われるキース・エマーソンが在籍していたEL&Pであります。
どうでも良いけど、エマーソン、レイク&パーマーってメンバーの名前を並べただけ
のバンド名ってのも頭悪すぎて好きなんだよね。

ギターレスの構想ってのは打ち込みを始めた当初の頃からあって(っていうか一人で
の活動をしたいだけ)、ただ、その頃はサウンド的にはギターが存在してるような音
が理想だったんですよ。
これはキーボードでギターの様なサウンドを出す一人者、難波弘之さんの音楽を聴
いて育った事が大きいと思うんです。

だけど音的にもギターを廃したロックサウンドっていうのを聴いたのはEL&Pが初。
(実際にはEL&Pはたまにギター入ってますけどね)

ところで話はちょっとそれますが・・・
打ち込みギターのしょぼさはカラオケBOXで聴けるあのサウンドを思い出して頂けれ
ばお分かりいただけるかと。通信カラオケって簡易的(今となっては)なシンセサイ
ザーを搭載してて、それを自動演奏させてるだけなんですよ。
しょぼいでしょ。頑張ってデータ打ち込んだってギターっぽいってサウンドは出せる
けど、それを超えるものには絶対ならないと思うんです。

なので、ギターを無くしたサウンドにすれば良いけど、じゃあそんなサウンドって
ロック界に存在するのかな・・・って思っていた時期にEL&Pに出会ったんですよ。

ただ、EL&Pを知ってる人には分かって頂けるかと思いますが、あの人たち変でしょ。
サウンドもパフォーマンスも。
(自分の演奏レベルでは)難しくて弾けねぇっつうの!って曲ばっかりだし。

ギターレスなロックって存在してたんだ!って喜びと、そういうサウンドをやるには自
分の音楽的スキルがあまりにも乏しい・・・という挫折を同時に味わっちゃいました。

もっともEL&Pをもっとポップにしたドイツ版EL&PといわれたTriumviratや、EL&Pサウ
ンドをもっとシンプルにアレンジした各トリビュート作品、プログレ衰退期に登場し
たと言われるU.K(後期がギターレス)、日本最強バンドと言う声もあるGerard(これも
再結成時にギターレスに)、現代版EL&Pか?と言われたNiacin、密かに期待してるPar
Lindh Project、最近ギターを加えてちょっと残念なArsnova、心の師匠難波弘之率い
るSense of Wonder等々。。。

耳馴染みなキーボードロックは探せば存在してました。
これらはいずれもかなり高度なテクニックを要するサウンドですが、EL&Pに比べると
聴き易さという点で勝っていると思うんですよ。

あーこれで良いんだ・・・ってちょっと安心したって感じで。
多分EL&Pしか聴いてなかったらギターレスロックっていうのは諦めていたんだと思い
ます。そして今頃は打ち込みでどうやったらギターっぽくなるかに没頭していたかも
しれません(最近はそれでも便利な機能が増えてきてますが)。
あ、でもちょっと待てよ。。。
どのバンドの曲も弾けねーや(汗)

初めてEL&Pのサウンドに触れたのはTV(BS)で偶然流れていたこの映像でしたからね。
(なんか編集されちゃって変な順番で再生してるけど)
衝撃はでかかったなぁ。。。
ギターレスロックってここまでしないとダメなの?・・・って気に。

http://www.youtube.com/watch?v=B2-fnQMGuyM

※動画が出るのでご注意を。もう削除されてる可能性もありますが。

これ見た時の第一声、いや・・・声でなかったです。まじで。

でもこれ見てびっくりするの僕ぐらいかなぁ・・・
これ見た時はまだまともにはキーボード弾けない頃(95年)だったからね。
他のパート担当してる人はどう思うんだろう。

やっぱ単なる酔っぱらいの宴会芸かな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/29

残念?

週末は寝てました。ひたすら。
風邪が思っていたよりも長引いていたので、大人しくしてました。
そのかいあってか今日は全快モードです。
あ、でも時々思い出したように咳はでるんだけどね。

部屋で大人しくしてる分、やる事と言えば、キーボードの練習と
DVD鑑賞ぐらい。

週末は多分こんな事だろうと前もって通販で商品を購入して
おいたんですよ。

カルメンマキ&Ozの二枚組ライブ盤。

なんだすっかりハマったのか?等というつっこみはご勘弁を。

ベスト盤に入っていたライブ版「私は風」がどうにも納得できず、
ライブ盤ならどうなんじゃいって事で買ってみたんですよ。
ベスト盤の解説でもライブ盤と聴き比べてみて・・・的な事書いて
あったし。

僕は気に入った曲は、いくつものバージョンを聴きたがる傾向が
あります。
スタジオ版ってのは多重録音だから、1つのパートでも音を重ねて
いるわけで、それが一発勝負のライブでどう演奏されるかが見て
みたい(聴いてみたい)わけです。
ライブ版での新たな発見っていうのもありますからね。

そしてやがてバンドでやる時があれば、スタジオ版にはないフレ
ーズをちょこちょこ入れたり、ライブならでは演奏ミスをわざと
再現してみたり・・・とかね。

自分しか楽しめないんでしょうけど、まあそんなネクラな事をや
ってます。

一昨年、去年とちょっとワケありで、J-Pops系の曲を演奏したん
ですが、いやはやこれがまたすごいのなんのって。
それこそライブではどうやるんだろうこれ・・・って曲ばかり。
シンセなんて何音色重ねてるんだよって状態なんですよ。

ただでさえ両手弾きが得意じゃないので、今の演奏技術で再現す
るにはどうしたら良いかって凄く悩んだのを覚えています。

ところで、肝心のライブ盤ですが、実は時間があった割りには
じっくり聴いていないのです。
しっくり聴いてないのには実はわけがありまして・・・
まあその辺各自ご想像におまかせしますが。
まああれです。
一言で言うなら「一緒じゃねぇ~か~!」・・・でした(泣)。

ただ、日本のハードロックの先駆けという事で歴史的資料として
の価値はあるんじゃないかと。

ライヴ
ライヴ
posted with amazlet on 06.05.29
カルメン・マキ&OZ
キティMME (1994/11/26)
売り上げランキング: 3,042

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/24

26日セッション中止

・・・になっちゃいました。
ギターの方より連絡があり、ドラマーさんに話が伝わっていなかった・・・らしいです。
残念!
まあ、しょうがないのですね。また来月って事で。

参加希望者は随時募集中。
初心者・・・も一応可?
その場でフレーズ作って弾ける(他人が作った物に合わせられる)人ならOKです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/20

・・・

よく見てるサイト(のコーナー)の一つ、やじうまWatchの5/17の記事。
猫自動検知機能付き PCのキーボードから猫を追い払うソフト を見て思い出した事
が。
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/index.htm

それは以前、自分の歌録りが終わり、ミックスダウン作業で、スピーカーからの音チェ
ックをしてた時の事です。

レコーディング作業のほとんどはヘッドホンで済ませるのですが、スピーカーから出る
音はヘッドホンとは違って聴こえるので(特に楽器間の音量バランス)、最終的にチェッ
クする必要があるんですよ。

で、僕の住んでる部屋の窓のすぐそばには木の枝がありまして(2階に住んでるので)、
そこには普段、結構な数のスズメ達が羽を休めてます。

それでね、僕の歌が流れ始まったとたん、そこにいたスズメ達が一斉に飛び去ったんで
すよ。

まあ偶然なんでしょうが。外まで聴こえる程の音量じゃなかったし。
でも、なんか感じ悪かったわー・・・

逃げるんじゃねぇよと。
逃げ出したいのはこっちだっつうの。
なんだこの声・・・って自分でも思ってますよ。。。

スズメを追い払う奇蹟の歌声。1曲100えん。
スズメ被害に悩む果樹園営む農家の皆さん、お一ついかがでしょう?

とか言ってる場合じゃないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオ遊び 参加者募集中

先週のライブ、バンドの方はまあまあ(まだ言ってるのもどうかと。。。なんだけど)
だったけど、その後のセッションははっきり言って酷かった。
いや自分の演奏がね。
Rock'n Rollってそれなりに有名だし、なんとなくブルースのコード進行で弾いてれば
なんとかなるだろうぐらいに思って気軽に引き受けてたし、ホテル~は適当に音入れて
りャ良いと思ってました。
まさかソロ振られるなんて思ってなかったしねぇ。。。

で、今Lynusとは別にスタジオ入りしてる企画(?)があります。
こっちはお題も特に無く、コード進行決めてメンバーの誰かが弾き始めた(って言って
もギターの方しか作ってませんが)リフに合わせて他のメンバーが音を入れていくって
遊びをしてます。
もちろん演奏は録音して、家でまたそれぞれ煮詰めていくって感じなのですが、今まで
自宅でちゃんと復習した事がない(笑)
なので、次回のスタジオ入りで大抵忘れちゃってるんですよね。

僕は別に絶対音感とか特殊な能力があるわけじゃないので、音聴いて一発でこの音だ!
とか当てられません。なので、こういうフリーでのセッションだと音さぐりさぐり弾い
てるんですよ。
E・・・G?・・・B・・・!!・・・Aだ!みたいな弾き方してるのが録音したもの聴くとよく
分かります。

たぶん、ジャズなんかのフリーセッションなんてオイラにゃぁ無理なんだろな。
そもそも学生んときはメタルばっかだっし。
パワーコード命!みたいな。
ちなみにギターのようなフレーズでソロ弾いてるのはメタルの影響です。
ネオクラシカル系のメタルだとキーボードはあんなんばっかりよ。

ところでこの遊び、今のところギター、キーボード、ドラムの3人だけでやってますが、
随時参加者募集中です(どのパートでもOK)。
次回は5/26。20時より。誰か来て欲しいっす。。。
いやまじで。

それより仕事で行けなくなったらどうしよう~
人抜けたのに補充がないなんて。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »