« トルコ旅行記 5日目後編 | トップページ | トルコ旅行記 7日目 »

2007/12/24

トルコ旅行記 6日目

ここまでの移動距離約2500km。

さて旅も最終。

アンカラエクスプレスでイスタンブールへ。朝8時半に到着。
その後は別のバスで移動。

イスタンブールは海峡を隔ててヨーロッパ大陸側とアジア大陸側に分かれています。
現時点では未だアジア側。
フェリーを使って海峡を横断。
朝の通勤ラッシュで道は大渋滞。

さて、この日はイスタンブールにある世界遺産めぐり。

まずは有名なブルーモスク。
正式名称はスルタンアメフトモスク。中の壁に青いタイルが使われているのがブルーモスクと言われる所以らしい。
今でもモスクとして機能してますが、都市部の信者はあまりお祈りをしない傾向があるらしく、広さの割りにはお祈りする人は少ないらしい。
中心部は観光客は入れません。
Img_2033

Img_2037

次に地下宮殿。
地下宮殿と言っても実は地下貯水池。
Img_2064

東ローマ帝国によって作られた、防衛のための施設といって良いそうな。
戦時の水不足対策に作られたようです。
当時は天井近くまで水があったらしい。今は水を少なめにして、観光用に公開されています。

奥に進むとメデューサの首が。
Img_2080

Img_2081

エフェソス辺りから運ばれたとか言っていたような気がします。
キリスト教信者によって古い神は邪教という事を示すために使ったという説を説明されましたが、水で満たされていた事を考えると、建材として調度良さそうだった説の方が説得力あるような。

次にアヤソフィア。4~6世紀のビザンティン帝国時代の教会だったとか。
Img_2082

Img_2085

Img_2088

やがてオスマン帝国時代にモスクへ。
現在は無宗教の博物館。オスマン時代にモスクへ転用する際、元々あったキリストの肖像画などは削り取らず(普通は削ってしまう)に漆喰で隠したため、現在も画を見ることができるとか。
Img_2093
中はキリスト教とイスラムが同居しててちょっと不思議。

次はトプカプ宮殿。オスマン帝国の繁栄を示す宮殿となります。
Img_2121
またも小学生遠足集団に遭遇。
オイラよりも嫁さんに食いついてました。
中にはわざわざ近くまで駆け寄ってきて、バイバイと告げて去っていく子も。

トルコ人は人種が入り乱れており、皆がハーフみたいなもの。
なので、美男美女率が高いのでしょうね。
子供たちの顔も可愛いのですよ。。。

中をあちこち見学。
Img_2124

Img_2125

Img_2135

Img_2167

Img_2166
武器の展示では「いかにも」というモノが。

Img_2197
日本からの贈り物もありました。

ハレム。
日本で言われている「ハーレム」の元はこれ。
お妃さん達が集められた場所で、当時は皇帝ぐらいしか入れず、中がどうなっていたか記録すらないそうな。
中に一度入るともう外には出られない人生が待っていたとか。
Img_2220

Img_2229
ハレムの話がヨーロッパに伝わり、ヨーロッパ人たちによって勝手に想像されて、今の日本人がイメージする「ハーレム」というものが生まれたらしい。
実際のところどうだったかは今もって謎らしいです。

衝撃的だったのはこの後入った宝物庫。
撮影禁止だったので、残念ながら写真はないですが、とにかく凄かった。
バスケット一杯に詰め込まれたエメラルドとかあって、思わず「飴かよ!」って突っ込んじゃいましたよ。

この後昼食。
Img_2264

Img_2265
お待ちかね、ケバブです。
味付けはシンプル。羊肉の風味がかなり強く感じられます。

他の客は8割日本人。

僕の後ろを通るとき、椅子をひいたらトルコ語でお礼言われた・・・
どういう事?

その後革製品のお店をちょっとだけ見て、グランドバザールへ。
大規模なアーケード街と言えば良いかな?
上野のアメ横みたいな感じでお店が並んでいます。
宝石店、かばん屋、民族もののお土産店等、4000ものお店が並んでいます。
正直・・・あまり買うものなかった。。。インフレの影響なのか、観光客目当てなのかどれも高い。

歩いていると日本語で話しかけられます。
中には「イナモト!イナモト!」と叫ぶおっさんも。意味わからん。
そういや今トルコにいるんだっけ?

1時間ほどで終了して、ホテルへ。
旅最後は5つ星の高級ホテル。街並みが見下ろせる綺麗な部屋でしたが、疲れでダウン。
Img_2270
9時から始まるベリーダンスと民族舞踊のディナーショーまで一休み。

そして、8時半にホテルを出て、ディナーショー会場へ。
あれ・・・オイラ達ステージすぐ横の席か。。。

実は事前情報で嫌な話を聞いていたのです。
ベリーダンスの時、お姉さんがステージに客を連れ出して、一緒に踊るとか。

ええ~~~~!!
嫌だ~~~!!
それやるぐらいだったらンバンバでヅラ被る(笑)

・・・というわけでオイラ一人物凄く緊張していたのです。

客は7割日本人、2割中国人、1割他といった具合かな。
食事をしていると民族舞踊が始まります。
ステージ開始前に合図で必ずコントのオチのような音楽が流れます。
ちょっとダサい・・・

Img_2275
民族舞踊はフォークダンスっぽい。
衣装がかわいらしい。

最初のステージが終わると次いでベリーダンス。

エキゾチック美人が登場。
それでは画面の前のお父さん、お待たせしました。
しばしセクシーショットでお楽しみください。
ブレてるけど(笑)
Img_2294

Img_2296

ベリーダンスが終わるとまた民族舞踊。
どうやらこの繰り返しらしい。
Img_2310
ここで、嫌な予感的中。
前に座っていた客が数人呼ばれ、オイラと嫁さんもステージへ。
まあフォークダンスレベルなら良いか。。。
何故か男はオイラだけ。何でよ。。。

着席後、近くの日本人客から拍手。いやはやお恥ずかしい。。。

ベリーダンスはダンサーが変わってます。
こっちは腹筋が凄い・・・
Img_2329

また民族舞踊開始。

Img_2347
腹踊りのような民族舞踊


この後の民族舞踊はちょっと勇ましい踊り。
コサックに近い踊りも一瞬入ります。
最後は一人を寝かせ、その上に木の板を置き、立っている一人が小型剣を口にくわえ、そのまま板に投げつけるというパフォーマンス。
Img_2356
終わった・・・と思ったら一人がオイラに近づく・・・
え・・・まさか・・・え・・・えええ~~~~!!

・・・というわけで、今度はオイラ一人だけステージに上げられ、一緒に踊らされました。。。
仕方ないか。。。他はご年配のお客さんばかりだしね・・・と必死に自分に言い聞かせてました。
そして最後はお約束。さっきの小型剣パフォーマンスの餌食に。。。

下にいるのがオイラです。
「mv.wmv」をダウンロード

この後、日本人客一斉に退場。
まだショーが終わっていないし、この後予定があるとも思えないのですが、何故か早々に引き揚げていきました。
大量にいなくなったので会場の半分ぐらい空席に。

これはどうかと思う。
最後のベリーダンスのお姉さんがちょっと気の毒に思いましたよ。
Img_2371

最後のステージが終わり終了。
ベリーダンス踊らされなくて良かった。。。

そのままホテルへ帰って、全ての日程終了。
さすが5つ星。日本語の案内やTV放送が見れました。

6日目は見所沢山の一日でした。


|

« トルコ旅行記 5日目後編 | トップページ | トルコ旅行記 7日目 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/17461397

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ旅行記 6日目:

« トルコ旅行記 5日目後編 | トップページ | トルコ旅行記 7日目 »