« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/28

ライリバソバ

改めて、4/26(土)「音楽仲間の舞Vol.12」のお越しの皆様ありがとうございました。

さて、後日書くと言ったので言い訳書いちゃいます(笑)
長文すんませんが、ひとつお付き合いのほどを。
と、その前に各出演バンドさんそれぞれの感想をば。

・The Apples
このバンドのVoの方はすごいですね。歌声にいつも引き込まれます。
今回オケのほとんどが打ち込みでしたね。雰囲気はしっかりThe Applesになっていた。そんな気がします。
あそこまで歌うまいと気持ちが良いんだろうな~
ラップ担当の方もキレがよかったです。

・Csus4
練習してるんだろうな~、音楽好きなんだろうな~、っていうのがばしばし伝わってきます。
曲名だんだろう?中盤の曲が大好きです。
うちにもしっかりCD2枚ありますよ。後で曲名チェックしておこう・・・

・Lynus
これは後ほど・・・

・GIZUMO SESSION
今回一番楽しみにしてたかも。
ぎずもさんはギター初心者時代しか拝見してなかったので、あれから2年?
リハからもうびっくり。すっかりギタリストになってました。
悪い仲間増えたんだろうなぁ(笑)って感じ?かっこよかったし、上手かった。もう偉そうな事いえないです(笑)
それにしても良いですよねぇ、かっこ良く弾ける方って。オイラ自分の映像見ると毎回「こいつきもい・・・」って思いますもん(泣)
リズムもレッチリの難しそうなあのグルーヴ感しっかり出てるし、ボーカルの方も堂々としていて安定した歌い方。
akiryuさんの演奏も久しぶりだったけど、安定した演奏はさすが。しっかり低音を支えてましたね。
オイラ、衣装もヅラも無かったから最後まで楽しませていただきました!

・アタ アシ ザ リバリバ(ソバ)
曲の構成は前回の御殿場カジュアルと同様。
違うのがメンバー構成。今回はtomggさんに代わり、ダクテン(Ditortion Point?)のみっちーさんが参加。
このバンドはちゃんと練習してるので、安心。個人的にも難しい事は何もなかったので、終始リラックスしてました。
序盤のハプニングはライブではつきものですね。YUKIYAさんフォローありがとうございました。

最後はtomggさん乱入+ギターソロ会場回しで締め。
盛り上がってよかったです。
が、まだまだ魂は売れません。
・・・なんて言っていたら6月はオイラ、戦力外で追い出されちゃいました(笑)

そしてLynus・・・

久しぶりに緊張しちゃって、本番前にトイレ行っちゃいました。
緊張の原因はもちろん、アレですが。

さて、今回新たな演奏曲は以下の4曲。

1)SPACE TRUCKIN' / DEEP PURPLE
2)SUNDAY MORNING / MAROON 5
3)ROUNDABOUT / YES
4)ROCK BOTTOM / UFO

1)はTMスティーブンスによるカバーバージョンのコピー。
このアルバムいい感じもあるけど、最悪なのも多いです。Burnとか・・・
イトー先生とKeyさんの絡みは楽しんで頂けましたでしょうか?
元ネタにキーボード入ってないので、入れてはみたけど・・・なんだかなぁ

2)これは皆さん意外だったのではないでしょうか?
演奏してるオイラもびっくりしてます。Lynusでこの曲?みたいな。
まあ幅が広がるのは良いことなんでしょうね。
結構キーボードサウンドが豊富に使われているので、ライブでどこをカットし、再現するかで悩みました。
まだ試行錯誤状態です。・・・にしても全然さわやかにならなかったっすね。。。

3)ついにオイラ、リック・ウェイクマンやっちゃった。。。
実はオイラ、ハモンドを除く70年代のキーボードサウンドってそんなに好きじゃないので、リックが居ない時代のYESのフレーズとか音色とかそういうのを取りいれてます。
中盤の尺八・・・じゃなくて、あれはフルートです。。。88~90年代のYESではあんな音だったので。
あと、リックのように弾けないので、他メンバーのちょっと簡易化された演奏を参考にしたりとか(笑)
ロック界最速アルペジオ男の真似なんてできませんよ。。。。。

さて、この曲実はオイラLynusでやる事には当初否定的だったのです。
まず、練習が少ない事。
そしてほら・・・約一名いるじゃないですか。覚えてこない人が(笑)
プログレでこれやられると結構痛いんですよ。昔これで苦い思い出があるし。なので、超がつくほど不安だったのですが・・・
今回頑張ってくれたようです(笑)
感謝!

・・・いや、感謝っておかしいか(笑)

4)は比較的弾きやすかったですね。
ギターのKenさんは丁寧に弾くので、キメが分りやすく、こっちも弾き易いんですよ。
今更ながら本当に凄いギタリストです。FBも良い感じでしたね。

一部の方に大きなミスもありましたが、なんとかなりましたよ・・・多分。

それにしても今回はミスノート多すぎました。
いつもなんだけど・・・いつにも増して。例のカバーで遊んでばかりであまり練習してなかったし(笑)
まあそれほど悲観するほどでもなく、ほどよく落込む程度です(笑)
って、すみません・・・次回はちゃんと練習してきます。
人の事言えないですね・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/27

満員御礼

音楽仲間の舞 vol.12 無事(?)終了しました。
お越しくださった皆様、スタッフの皆さんありがとうございました。
出演者の皆さん、お疲れ様でした。

2バンドで出演って結構きびしいですね。
なんかもうダルダルです。
今日はもう寝ます。。。。

感想・言いワケはまた後日・・・

今日は本当にありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/04/25

明日は

いよいよライブですね。
Lynus(に限りませんが)のライブはいつも録音してるんですけどね。
明日は・・・やめようかなぁ(笑)

ま、そんな状況ですが、関係各位の皆様明日はよろしくお願いします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/23

PC強化月間

新OSマシンに入れ替えたために、今までのソフトが壊滅状態。
特に音楽関係へのダメージが大きかったのですが、PC購入の際のポイントもあるし、この際新しいのを買おうと決心。

というわけで、今までマスタリング等に使っていたINTERNET社のSound It!はそのまま最新版を購入。
主に初心者をターゲットにしてるのか、操作が楽なんですよ。
エフェクターのパラメーターも例えばEQだと予めRockだ、Jazzだとセッティングのテンプレートが用意されているので、近いイメージを選択して、あとは微調整すればOK。

そして今回はちょっと毛色の違うソフトを購入してみました。
それがこれ。
「Music Maker」
DTMというよりDAW向けのソフトです。
14800円という価格ながら、VSTエフェクター、VSTi対応となかなかのもの。
系統としてはACIDあたりのフレーズ素材を貼り付けて曲を作っていくというものです。
特に注目したのが、ピッチ補正という機能で、主にボーカルトラックのピッチを調整できる機能。
高額ソフトに比べるとかなり劣りますが、歌っている音階が何かを把握しやすく、補正も自然な感じにできます。
さらにハーモニー追加機能もあって、メジャーやマイナーと指定すると、ゴージャスなコーラスパートが追加されます。
予想以上に機械っぽくないので、これは使えますね。
下の画面はこの前録音したボーカルパートをMTRからPCに読み込んで、このソフトで編集してるところ。
譜面があれば、ボーカルパートをきっちりオリジナルに合わせてる事も可能なのだ。

Voice

何度もこのネタで恐縮ですが、この前のカバー作品のボーカルパートをこれでなんとかできないかと模索しています。


各エフェクターも充実でアンプシミュレーターなんかも搭載。
今手元にギターがないので、試せないのですが、使えるのかな。
ネット上の評判はかなり良いようです。

自動作曲機能なんてのもあって、ジャンルと構成楽器、小説数を入力するとあっというまに曲ができあがります。
まれに一部楽器だけエンディングにならずに鳴りつづけたりしますが、これはまあ御愛嬌ということで。
フリーBGMとして使うには良いでしょうね。

ただ、今回買ったのはこのソフトの限定パッケージ、「特別限定版 jamバンド」。
中身は一切変わらないんだけど、パッケージイラストにアニメちっくな女の子の絵が描いてあります。

Music Maker Producer Edition 特別限定版 jamバンド

どうも昨年ブレークした初音ミク等(バーチャルなボーカルパートのみを作るソフト)のバックバンド作成はこれで・・・という事らしい。
便乗商売ってやつでしょうかね(笑)
通常版が店頭になかったので、こちらを購入したのですが、なんか・・・ちょっと恥ずかしかった。。。

初音ミクもそうらしいですが、女の子キャラはソフト使用時には一切画面に登場しません。
中身は至って硬派(?)なソフトです。

ところで、このソフトの注意事項。
ユーザー登録すると修正プログラムを入手できるようになりますが、累積修正になっていないので、過去修正プログラムを古い順に適用しないとダメなようです。
最新版適用しちゃうと過去版が適用できなくなっちゃいます。
御注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

いよいよです

告知を忘れてました。

全国1,2人のLynusファンの皆様お久しぶりです。
事実上復活第1弾ですね。
新生ライナース。さて、どうなる事やら。。。

さらにオイラはリバリバとしても出演させていただきます。
果たして魂は売るのか?それとも・・・
舞、初の掛け持ちです。

請うご期待!

音楽仲間の舞 vol.12
4/26(土)18:00~
audition(沼津)

出演バンド
1 The Apples
2 Csus4
3 Lynus
4 GIZMO SESSION
5 アタ・アシ・ザ・リバリバ

入場無料。
ドリンク代別途。
飲み物持込不可。ただし、食べ物はOK。

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

買っちまった。。

買っちまった。。
夏モデルがでるころだろうということで春モデルをゲット。

これで動画編集もできるようになるかな。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/19

水菜さん

水菜さん
ようやく水菜らしい葉が生えてきました!


・・・でも、これ植えすぎたかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

コントはしてないつもり

カバーなんてやってたら、たまたまベスト盤なんて出ていたんですね。
DreamTheater。

CD屋いったら偶然見かけたので、買っちゃいました。

選曲や新ミックスの音質等、賛否両論ありそうですが、僕的にはアリです。
どちらかというと入門者向けな気がしますけどね。
2枚組みで2980円!まあお得っ。

グレイテスト・ヒット+21ソングス
ドリーム・シアター
Warner Music Japan =music= (2008-04-09)
売り上げランキング: 409


さて、その例のカバー曲。

鼻づまり声ながら歌も一応は録音してましてね。
鼻づまりな点はボーカルな方に言わせれば練習不足じゃそんなもん!とか言われるんでしょうけど。
20分中、歌の時間は数分ぐらい?もっとあるかな。
2時間スタジオに篭りましたが、もう少し時間が欲しいですね。
現時点で唯一の歌モノ作品、「夕風」って2分ちょっとの曲だから30分ぐらいで録音おわったけど。。。

で、その無様なボーカルトラックも編集でどこまで変わるんかいな・・・って事で色々いじってみたんですよ。

使用してるMTRはBOSSのBR-600。
これ、ボーカルのピッチ補正機能なんてのがあるので、使ってみたらこれがまたとても愉快でして。

基本的に微妙な音程のズレを近い音程に修正する機能だから、ズレ具合によっては更に酷くなるわけ。
オイラの超不安定な音程はほとんどズレまくりました。気持ち悪いのなんのって。も~~~ちょっと音あげてくれ~・・・みたいな。

さらに激しく音程外してる箇所もあって、そこはPCのソフトで波形を直接編集したんです。
でも安価な編集ソフトで単にピッチシフトしただけだから、直したところはカエルの鳴き声みたいな声になっちゃって。

やってるうちにだんだん楽しくなってきちゃって、編集しまくってたら結局「帰ってきたヨッパライ」みたいになっちゃいました。
って若い人知らないか・・・

結局元に戻して、鼻すする音とか、後ろの椅子に寄りかかろうとして、コケた音とか、歌詞書いた紙が落ちて慌てた音とか、そんなのを消した程度に終わりました。
あれ・・・そっち残した方がある意味面白かったかもしれない。

まあ、元がダメなもんはどう編集しようがダメって事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

大葉さん

大葉さん
分かりにくいかもしれませんが。。

奥側、芽が生えてきました!
手前の水菜さんも順調。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

A Change Of Seasons

4/7にMySoundユーザースペースのオイラのページで公開されたのはDreamTheaterの「A Change Of Seasons」という曲です。
23分超える曲なんで、未聴の方はお暇な時にでも聴いていただければと思います。

A Change of Seasons
A Change of Seasons
posted with amazlet at 08.04.10
Dream Theater
Elektra (1995-09-13)
売り上げランキング: 93952

前回打ち込みの練習でと言いましたが、理由は他にもあります。

実はもろもろあって、1月下旬ぐらいから音楽(演奏や作曲)を楽しめなくなっていました。
でも何か作品を作りたい欲求だけは何故かあって、それじゃあまり悩まない、コピーをしようと。
そんな理由で、2月ぐらいから市販のスコア見ながら少しずつ打ち込みしてました。

今回は(いつもだけど)YAMAHA MOTIF ES一台で作成してます。
BOSS(Roland)のBR-600で録音し、PCでWAV形式で取り込み後、トータルコンプかけてMP3化してます。

以下は音色の内訳です。
ギターだけで3トラック、プリセット2種類と、自作音色を使用してます。
特にメタル系のミュート用音色は弱く弾くとミュート、強く弾くと通常ピッキングになるので、ベロシティの設定で上手くミュートを表現できてると思います。
音を伸ばすとフィードバックの音にもなります。結構便利。
この音色にはコーラスを少し多めにかけてます。
オルガンはバンドでも良く使う自作音色。
ストリングスは2種類でユニゾンで鳴るゴージャスな音色と、メロトロンのようなチープな音色。いずれもプリセット音色です。
ベースは2種類。静かな場面では通常ベース、ヘビーさを出したい時は歪んだベースの音にしてます。
この歪んだベースを使ったからこそ、ヘビーな感じが出せてるんじゃないかと思います。
他のパートもほとんどプリセット音ですね。イントロのクワイア系の音色は多少フィルター開き気味にして、音をブライトにしてます。

MOTIF ESもMO6もソングモードに使用する音色をちょっとだけエディットしたいときに、VOICEモードにもどらず、ソングモード内でエディットできる点が良いですね。
今回はMOTIF ESで作ったけど、MO6でも良かったんですよね。
ネット上であまり情報がないけど、MO6人気ないのかな。。。

良いシンセなんだけどなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

ちょっと打ち込みの練習で

久しくギターパートっていうのを打ち込みでやってなくて、今の機材でやったらどうなのだろうと。
そんなわけで練習と実験がてらこんなものを作ってみました。
本当は歌も入れたかったけど、絶望的にひどかったので、とりあえず今回はオケだけ。

キーボードパートも結構テキトーです。
弾き忘れた箇所もあちこちあるし(笑)

http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=196211

やっぱギターは本物がいいやね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

ついに買ったよ

人生初のビデオカメラでございます。
Canon、iVISシリーズのHF10。
3月に発売された新機種です。

店頭で手にした印象では、他の候補機種よりズームのレスポンスが良かったのと、AFのピント合わせが早かった点。
あと店員さんに画質が良いと言われたから(苦笑)
録画は内蔵16GBのメモリへ。SDカードも使用できて、どちらにデータを記録するのか選択してから録画するみたいです。

本当のところ、初めて買うものなので、何もって良いものなのか判断の基準がわかりませんでした。

今までライブ映像とか撮りたいとは思っていなかったし、ビデオカメラ欲しいなと思った事があまりなかったんですよね。
まあ家庭を持ったのを機に買おうと。実際の理由は皆さんの御想像にお任せしますけど。
そんなところです。

今回のンバのライブに間に合うかなと思いましたが、さすがに今は入学式シーズン。
1週間~10日の入荷待ち。買ったのが1週間前だったので、残念ながら間に合いませんでした。
決断がちょっと遅かったようです。

考えてみたらここ3年、この時期に大きな買い物してます。
06、07年はシンセを、今年はビデオカメラ。

お財布には鬼門の時期なのでしょうかね。

週末はこれ持ってどこかへ出かけたい気分です。
まだ水曜日なんだよねぇ~・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/01

約一年ぶりの御殿場

ちと遅くなりましたが。。。

music bar BAR-KAYS3周年記念イベント、御殿場のCasualでのライブにソバソバのサポートとして参加して参りました。
イベントに関わった皆様大変お疲れ様でした。
日曜日の夜にも関わらず足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

さて、オイラはもちろん、今回も魂は売らず。
ノーヅラ、ノー衣装・・・いやノー衣装は違うか・・・

全体的にはDJ、ダンサーなど盛り沢山で、普段のライブイベントとはかなり違う雰囲気。
新鮮でしたね。

本番はほとんど自分の音が聞こえなかったり、使用楽器の仕様を誤解していたせいで大きくミスったりと個人的にはちょっと悔いが残るステージでしたが、録音した音を聴いて、まあ良いか的な気分になったりしてます(笑)

ンバは舞出演も決まってるそうで。
次回もお楽しみに!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »