« いよいよです | トップページ | 明日は »

2008/04/23

PC強化月間

新OSマシンに入れ替えたために、今までのソフトが壊滅状態。
特に音楽関係へのダメージが大きかったのですが、PC購入の際のポイントもあるし、この際新しいのを買おうと決心。

というわけで、今までマスタリング等に使っていたINTERNET社のSound It!はそのまま最新版を購入。
主に初心者をターゲットにしてるのか、操作が楽なんですよ。
エフェクターのパラメーターも例えばEQだと予めRockだ、Jazzだとセッティングのテンプレートが用意されているので、近いイメージを選択して、あとは微調整すればOK。

そして今回はちょっと毛色の違うソフトを購入してみました。
それがこれ。
「Music Maker」
DTMというよりDAW向けのソフトです。
14800円という価格ながら、VSTエフェクター、VSTi対応となかなかのもの。
系統としてはACIDあたりのフレーズ素材を貼り付けて曲を作っていくというものです。
特に注目したのが、ピッチ補正という機能で、主にボーカルトラックのピッチを調整できる機能。
高額ソフトに比べるとかなり劣りますが、歌っている音階が何かを把握しやすく、補正も自然な感じにできます。
さらにハーモニー追加機能もあって、メジャーやマイナーと指定すると、ゴージャスなコーラスパートが追加されます。
予想以上に機械っぽくないので、これは使えますね。
下の画面はこの前録音したボーカルパートをMTRからPCに読み込んで、このソフトで編集してるところ。
譜面があれば、ボーカルパートをきっちりオリジナルに合わせてる事も可能なのだ。

Voice

何度もこのネタで恐縮ですが、この前のカバー作品のボーカルパートをこれでなんとかできないかと模索しています。


各エフェクターも充実でアンプシミュレーターなんかも搭載。
今手元にギターがないので、試せないのですが、使えるのかな。
ネット上の評判はかなり良いようです。

自動作曲機能なんてのもあって、ジャンルと構成楽器、小説数を入力するとあっというまに曲ができあがります。
まれに一部楽器だけエンディングにならずに鳴りつづけたりしますが、これはまあ御愛嬌ということで。
フリーBGMとして使うには良いでしょうね。

ただ、今回買ったのはこのソフトの限定パッケージ、「特別限定版 jamバンド」。
中身は一切変わらないんだけど、パッケージイラストにアニメちっくな女の子の絵が描いてあります。

Music Maker Producer Edition 特別限定版 jamバンド

どうも昨年ブレークした初音ミク等(バーチャルなボーカルパートのみを作るソフト)のバックバンド作成はこれで・・・という事らしい。
便乗商売ってやつでしょうかね(笑)
通常版が店頭になかったので、こちらを購入したのですが、なんか・・・ちょっと恥ずかしかった。。。

初音ミクもそうらしいですが、女の子キャラはソフト使用時には一切画面に登場しません。
中身は至って硬派(?)なソフトです。

ところで、このソフトの注意事項。
ユーザー登録すると修正プログラムを入手できるようになりますが、累積修正になっていないので、過去修正プログラムを古い順に適用しないとダメなようです。
最新版適用しちゃうと過去版が適用できなくなっちゃいます。
御注意を。

|

« いよいよです | トップページ | 明日は »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/40973280

この記事へのトラックバック一覧です: PC強化月間:

« いよいよです | トップページ | 明日は »