« 大葉さん | トップページ | 水菜さん »

2008/04/14

コントはしてないつもり

カバーなんてやってたら、たまたまベスト盤なんて出ていたんですね。
DreamTheater。

CD屋いったら偶然見かけたので、買っちゃいました。

選曲や新ミックスの音質等、賛否両論ありそうですが、僕的にはアリです。
どちらかというと入門者向けな気がしますけどね。
2枚組みで2980円!まあお得っ。

グレイテスト・ヒット+21ソングス
ドリーム・シアター
Warner Music Japan =music= (2008-04-09)
売り上げランキング: 409


さて、その例のカバー曲。

鼻づまり声ながら歌も一応は録音してましてね。
鼻づまりな点はボーカルな方に言わせれば練習不足じゃそんなもん!とか言われるんでしょうけど。
20分中、歌の時間は数分ぐらい?もっとあるかな。
2時間スタジオに篭りましたが、もう少し時間が欲しいですね。
現時点で唯一の歌モノ作品、「夕風」って2分ちょっとの曲だから30分ぐらいで録音おわったけど。。。

で、その無様なボーカルトラックも編集でどこまで変わるんかいな・・・って事で色々いじってみたんですよ。

使用してるMTRはBOSSのBR-600。
これ、ボーカルのピッチ補正機能なんてのがあるので、使ってみたらこれがまたとても愉快でして。

基本的に微妙な音程のズレを近い音程に修正する機能だから、ズレ具合によっては更に酷くなるわけ。
オイラの超不安定な音程はほとんどズレまくりました。気持ち悪いのなんのって。も~~~ちょっと音あげてくれ~・・・みたいな。

さらに激しく音程外してる箇所もあって、そこはPCのソフトで波形を直接編集したんです。
でも安価な編集ソフトで単にピッチシフトしただけだから、直したところはカエルの鳴き声みたいな声になっちゃって。

やってるうちにだんだん楽しくなってきちゃって、編集しまくってたら結局「帰ってきたヨッパライ」みたいになっちゃいました。
って若い人知らないか・・・

結局元に戻して、鼻すする音とか、後ろの椅子に寄りかかろうとして、コケた音とか、歌詞書いた紙が落ちて慌てた音とか、そんなのを消した程度に終わりました。
あれ・・・そっち残した方がある意味面白かったかもしれない。

まあ、元がダメなもんはどう編集しようがダメって事で。

|

« 大葉さん | トップページ | 水菜さん »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/40881690

この記事へのトラックバック一覧です: コントはしてないつもり:

« 大葉さん | トップページ | 水菜さん »