« カバー第2弾 | トップページ | 学研のシンセ SX-150を試す »

2008/08/01

シンセを買いました

手回しオルガンに引き続き「大人の科学」またも買っちゃいました。
今回の付録はシンセサイザー!
発売するって事は前から知っていたんですが、テルミンの時のように「どうせ売り切れ続出で最出荷待ちだろうな・・・」と思っていたんですよ。
昨日ふらっと書店に立ち寄ったら、なんと、置いてあるじゃないですか!
それも2冊!!
即行ゲット。
いや、今回は2冊買うような事はしませんけどね。。。
後で調べたら昨日発売日だったんですね。なんという幸運。。。

帰宅後、嫁さんが子供にミルク与えてる間を狙って組み立て(笑)

付録のシンセは原始的な「アナログシンセ」をさらに簡略化したものですね。

オシレーターは一種類、固定。
フィルターやピッチ、音の立ち上がり速度などを変えて音色をいじるようになってます。

発音させる時は本体についたリボン部分をテスターの棒のようなもので、つっつきます。

ピッチの安定度や発音するための方法から「音階を奏でる」レベルへの到達は結構厳しいかな。
だけど飛び道具的に使ったりできそう。

こちらの記事でちょっとした演奏の様子をUPしました。

エフェクターとして内蔵フィルター等を使う事もできるので、ギター(多分直は無理)などをつなげてみても面白いかもしれない。

後日追記:どうやら外部接続はテルミンminiのみを想定しているらしく、外部の音を内蔵フィルターで加工するような意図をもった仕様ではないようです。
調査不足で書いてしまい、申し訳ありません。

その他、雑誌本編にはシンセの歴史が載っていたりとシンセプレーヤーにとって興味深い内容となっています。

テルミンminiの時のように売り切れ続出になるのかぁ。
地方の小規模な書店ならまだ手に入るチャンスがあるかも?

あ、そうそう、ネジが1本壊れたんですよね。。。
細いので、強く締めるとポキ!っていくかも。

ご注意を。。。

|

« カバー第2弾 | トップページ | 学研のシンセ SX-150を試す »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

お、面白そう!
飛び道具、実践利用聞きたしsmile
ギタシンとか出ないかな?

投稿: toshi | 2008/08/01 07:00

#toshiさん

結構弾いてて楽しいです。
ビブラートなんかは気持ちいいです。

正確な音階を出すのに苦労していますが・・・

投稿: Hide | 2008/08/02 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/42026943

この記事へのトラックバック一覧です: シンセを買いました:

« カバー第2弾 | トップページ | 学研のシンセ SX-150を試す »