« シンセを買いました | トップページ | お宮な日 »

2008/08/02

学研のシンセ SX-150を試す

例の大人の科学(別冊って位置づけだったのね・・・)のシンセサイザー、SX-150。
ぱっと思いつく使い道は効果音とかなんですが、僕はロック系なので、ロック的な使い道を考えてみた。

とりあえず、ピンクフロイドとかその辺りのプログレ風イントロ。
途中大失敗してるけどまあ良いじゃないっすか。

リボン部分のすぐ上に模型工作で使うマスキングテープを張って、チューナーで音を確認しながら、印をつけて、音階の目安にしました。

・・・とはいえ、テルミン程じゃないけど、やっぱり難しいっす。
もうちょっと練習かなぁ。。。
弾いてるうちにピッチ狂ってきてる・・・気もするし。

ま、オイラの腕ではこんなもんっす(笑)

使用機材
SX-150(当然か・・・)
KORG PX1T(PANDRA)、ギター用マルチ。今回は軽く歪ませてます。
Roland M-10MX、ミキサー。
YAMAHA MO6、バックのコードを鳴らしています。

撮影
Canon iVis HF10、MIC端子にM-10MXを接続。音量を少なめにすれば機器を傷めない・・・のかな。。。



|

« シンセを買いました | トップページ | お宮な日 »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/42037668

この記事へのトラックバック一覧です: 学研のシンセ SX-150を試す:

« シンセを買いました | トップページ | お宮な日 »