« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

今日はまだまだ終わらないが・・・

土曜日ふじさんめっせで開催の「家族で楽しむクリスマス」とやらに行ってきました。

http://www.fujisanmesse.com/event/0811.html

手作り(?)クリスマス雑貨などの販売やクリスマスの食卓に並ぶような食材などが販売されてました。

F1000136


オイラはむしろ同時に開催されていたピアノグランバザールに食いついてましたけど。
新品・中古品のグランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノなどがずらり。
結構知らないメーカーのピアノなどがあって、一口にピアノと言ってもメーカーごとに響きが異なりちょっと勉強になりました。

この日の夕方、富士山はこんな感じ。
20081129


今日はというと夜のスタジオ練習に向けて音の確認。。。

20081130

親子そろって後頭部が超絶壁!!

・・・ていうのは放っておいてくださいな(この写真じゃわからんか)。


さて、今夜はおそらく、今までの音楽活動で培った一種の自信的なもの(そもそもそんなもの無いが・・・)が粉々に砕かれてくる事でしょう・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/11/26

今年は最後にしておこうかな・・・

本日発売・・・だったはず。
さっそく買いましたよ。
DreamTheaterのライブDVD+CDのBOX。

ひとつの公演を収めたものではなく、ツアーステージから抜粋して、ひとつのライブ作品にしてます。
なので、悪い印象を先に行ってしまうと、曲毎に微妙に音質が違う。
一部音割れしてないか?ってのもあったし。

まだじっくり見てないのだけど、ジョーダン・ルーデスの新しいキーボードセッティングにも注目しながらじっくり聴きたいですね。

21世紀でもこうしてメタルなバンドが顕在なのはうれしい限りです。
特に80年代とは異なるタイプのね(キーボーディスト観点で言うと、80年代メタルははっきり言って面白くないんですわ・・・)。

セットだったから結構出費が痛かったけど、まあ今年最後の趣味のお買いものって事で・・・

しばらくはこれがヘビロテ・・・にはならないんですよ。

実は来月の舞に向けて、曲を身に染み込ませるために、スタジオ初練習を迎えるまでは、演奏曲以外は車の中で流さなかったりするんですよ(初回練習は体調不良で休んだため・・・)。結構この手のイベントではよくやるんですけどね。

音楽聴くのは最近通勤時間だけなので、しばらくはお預けです。

慌てて買うこともなかったけど、まあいいや。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/25

できた~!

今日は親バカ記事です。

天気が悪いので今日息子とお留守番してたんですが、目の前で半寝返り状態な体勢になっているのを見て、あわててデジカメの動画撮影を開始。

ここ2週間ぐらいもう少し!というところまで来ていたのですが、今日ついに達成!!
初寝返り撮影も成功!!

とーちゃんは嬉しいぞ・・・

2008112401
※これは達成後の様子です。。。

だけど・・・これからますます目が離せなくなるのね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/20

昨日の記事の補足

昨日のMicro BR内蔵マイクに関する記事の補足です。
記事はこちら

・オケについて
オケは昔KORG PXR4Bで録音したものをPC上でMP2形式からWAVへ変換。
さらにRolandのソフトを利用して、MicroBRに転送してます。なので、オケ自体の音は旧版とまったく同じです。

・ボーカル録音について
内蔵マイクを使用する際に使用したエフェクター(内蔵)は「09 Vo Comp」です。
録音場所は車の中で、本体を手で持ちながら録音してます。
ハンドノイズが出るので録音中は極力動かないようにしました。
場所は某所の駐車場(笑)
人が通るとこそっと隠れてました(笑)

・編集
コンプレッサーを利用してますが、やはり音量にばらつきが出るので、ボーカルトラック毎に音声をPCに取り込み、Internet社のSound it!5でさらにコンプレッサーで加工。さらに歌のない部分に周りの音(車が過ぎ去る音とか(笑))が入っているので、それをカット。
EQで目立ちすぎる高音部をカットしてます。


最終的にはMusic Makerという安価なDAWソフトでミックス。
結構多機能な割に安い点が良いです。
個人的にお勧めなソフトですね。
欠点は起動に時間がかかる点ですけどね。

MicroBRを外へ持ち出し、自宅でPCへ取り込み、DAWソフトでミックス・・・ってのがまあ理想的な使い方ではないでしょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いまさら自分の作品説明

キーボード遍歴のコメントで音楽遍歴を・・・というリクエスト(?)を頂いたのですが、それに応えるべくテキスト打ってて読み返すと、なんか過去にぽつぽつ書いてた事ばかりだな~
・・・って事に気づきまして。

代わりと言っちゃなんですが、過去公開していたWebサイトでは存在し、ブログへの移行と共に消してしまった公開曲の説明をちょっとばかり。
といっても10年近く前に作った曲もあって、結構あやふやな部分もあるわけですが。

「カバー編」

■Crazy for you(TMN)

TMN・・・好きだったのになぁ。EOS B500の監修をTK氏が担当していた事から、興味を持ってTMNを聴くようになりました。
あー・・・TK氏よ、どうしちゃったの。。。
ってまあいいや。反省してまた出てきてくださいな。
さて、元々ゲーム音楽にどっぷりだったせいか、インストの比率が高い楽曲というものに抵抗感がないのですよ。
ところがこの曲はセリフ形式の歌詞付き。それが男女の大人な会話が飛び交うちょっと恥ずかしい曲なのです。
なので、無垢で純粋なオイラとしてはそのセリフに耐えられない!という事でカバーしてみました。
EOS B500でハウスっぽさを出すのは難しいのですが、なんとかなったかな?と自分では思っているのですがね。

使用機材:YAMAHA EOS B500

■A Change Of Seasons(DreamTheater)

大学の知人から進められたDreamTheater。もうどっぷりハマりましてね。
ライブも2度ほど見に行きました。武道館での体験は一生忘れません・・・
まあ、そんなDreamTheaterへの思いを裏切ってしまう程のできばえになってしまいましたが・・・
打ち込みギターを否定しているオイラですが、あえて今やってみたらどのレベルのものを作れるのだろうかと。
そんな好奇心と、一度カバーしてみたかった曲だったってのもあったんですよね。
多分・・・この曲はバンドじゃ一生できないだろうと。
で、やろう!と決心したのはこんな動画を発見したから。じゃあ・・・という事で。

Voがあまりにしょぼいのは御勘弁を。

使用機材:YAMAHA MOTIF ES6
BOSS BR-600
SHURE PG58

「オリジナル編」

ギターレスロック作品の場合、Hide@Yozakura's Projectって名義で発表してます。
名前の由来は同じくキーボードロック(こっちは完全なギターレスではないが)のPer Lindh Projectから。
某アイドル集団が好きなの?と過去に言われましたが、違います!
いつかはサポートプレーヤーにお願いしてライブで演奏してみたいな~って思いもほんの少しあるんですが。
インスト中心、ちょっとだけ歌・・・がコンセプトのギターレスシンフォニックハードロック(長い・・・)です。

○1stミニアルバム
一応CDにはしてるんですよ。一部の方だけに配らせていただいてますが。
多重録音の必要がないのにMTRを使用してる場合もありますが、これは全体の音質をなるべく均一化したかったからです。
静流だけBR-532だったのは当時所有MTRの中で一番音質が良かったので、ピアノの音(シンセだけど)の音ののびをなるべく損ねたくなかったから。

■激流

ギターレスでありながら、メタル的なサウンド要素を持った日本のバンド「Gerard」に衝撃を受けました。
特にCHAOSという曲には、ギターレスでヘビーサウンドを実現するにあたっての王道的なものを見た気がしたんです。
なので、自分なりに王道であろうというものを実際に形にしたのがこれ。

使用機材:YAMAHA QY70 S30
:KORG PXR4B

■煌

これ実は昔ネット系の仕事をしてる当時友人だった人の手伝いで作った曲。
WebサイトにおけるBGMのあり方の実験をしてる時で、確か宝石店の紹介サイトだった気がする。
画みたいものを想像しながら作ったんですが、ほの暗い水の中で輝く宝石がゆっくり水底に沈んでいく様を。
後半はなんか適当に盛り上げてみたってだけですけど。

使用機材:Roland XP-50
:YAMAHA QY70 S30
:KORG PXR4B
:YAMAHA MX12/4

■夕風

これはストーリーを頭に描いて作った曲。
こんなイメージです。

まだ残暑が厳しい時期の夕方。
出張先から帰ろうと駅のホームで電車を待つ一人のサラリーマン。
突然の夕立にあい、頭は多少濡れている。
雲の隙間から顔を出し始めた夕日を見つめながら、友人達と将来を語りあった少年時代を思い出す・・・

ってな感じ。こんな歌詞しか作れないんで、伝わるかなぁ。。。
ちなみに、ちゃんと作詞した初の作品です。
以後作詞できてませ~~ん。

使用機材:YAMAHA QY70 S30
:KORG PXR4B
:SHURE PG58

(夕風2008)

新しく導入したMTR、BOSS MICRO BRの内蔵マイクの性能テストのために録音。
オケ部分は過去に録音したPXR4B用のオケ部分のデータを変換し、MICRO BRへ転送。

使用機材:BOSS MICRO BR

■嵐の後に

これはなんとなく弾いてたらできたって曲。
どこかで聴いた事あるような気がするんだけどなぁ~って思いながら作っていました。
本当は歌も入れる予定だったのですが、キーが合わなくて、断念。いや~良かった(笑)

使用機材:YAMAHA QY70 S30 MOTIF-RACK
:KORG PXR4B

■静流

激流の対となる曲。オイラなりに「静」と「動」を音楽で表現したいと思っていて、この曲はその「静」の部分。
とはいえピアノ独奏ってのは始めて作ったので、ちょっと単純になりすぎたかな?
ちょっと傷心な時期で、癒し系の曲集(スコア)を購入し、一人練習するものの、挫折。
ええい、ならてめぇで作っちまえい!ってのが実のところだったりします。

使用機材:YAMAHA QY70 S30
:BOSS BR-532

○2ndミニアルバム(予定)

■横断歩道

何故この曲名なのか。
聴いていただいた方はちょっと想像してみてください。
・・・という意味で曲名つけました。
答えは・・・・・・

サウンド的にはLynus活動開始後に作った曲なので、それまで自分では抵抗があって使わなかった音色(エレピ等)もバンド活動からの影響で使うようになりました。
そして時代に合わないシャッフルロック。
これも当初は歌ものの予定だったけど、インストの方がちょっとユーモラスになるので、やめました。

使用機材:YAMAHA MOTIF ES6

■春風の香り

これも映像を頭に描いて作ってます。
雪解け水が小川となって草原を流れている・・・みたいなかんじ。
でも完全な春じゃなくて、冬の終わりを感じるな~っていうイメージなんです。
なんか綺麗すぎて説明してるの恥ずかしくなってきた。

使用機材:YAMAHA MOTIF ES6 MOTIF-RACK

■手紙

これは自分達の結婚披露宴で使った曲。
曲名からも分るように、手紙を読む場面を想定してます。
「感謝の気持ち」というものを音で表現してみました。

嫁さんが手紙を読む場面を想定してあるので、前半はうるさくならないよう音数を多くしないようにしています。
多分前半部分で手紙は読み終えるだろうと思ったので、最後は思い切って、うりゃ~ハードロックじゃ~!!って弾いてます・・・
だから披露宴の時、想像していたタイミングより早く流されたので、焦った焦った・・・
その後一応ラジオでも流してもらえたんですよね。この曲。

使用機材:YAMAHA MOTIF ES6

■漸進

スタジオでジャムりながら曲を作ったら、多分オイラの引き出し的にこんなものしか出てこないだろうな・・・
って作り終えた後に思ったりもした曲なんですけど。
まだプログレ聴き始めの頃、こんな雰囲気を持った曲は全部「プログレだ!」って食いついたもんですが。。。
でもまあ、かつてプログレだ!って食いついた雰囲気の曲、1つぐらい作っておこうかなと簡単な気持ちで作ったんですよ。

使用機材:YAMAHA MO6

以前にK-Sukeさんやとわさんより頂いたコメントがおよそこちらの思いを聴きとっていただけたようで、大変嬉しく思いました。
僕は聴き手の皆さんにはできるだけ自由に解釈していただけたらな~とは思っていますが、こちらの思いも当然あるわけで、そういう意味でとてもうれしいですね。

また、聴いて頂いた他の皆さんにも改めて御礼申し上げますとともに、多少お耳汚しで恐れ入りますが、今後ともよろしくお願いします。

・・・ってなんか年末の挨拶っぽくなっちゃったけど、まだまだ年内頑張りまっせ。
そして今年の締めは「舞」のクリスマスイベントですな!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガソリン

今日久し振りに車にガソリン入れてきたんだけど、レギュラー120円台になっていたんですね。
去年並みに戻ったのかな?

この前TVで放送していたけど、国民の意識が変わってきてて、車を持ちたがらない人が増えてるとか。
そりゃ・・・都会中心で取材すればそういう意見が多数あるでしょうけどねぇ。。。

田舎だとどこへ行くにも車必須だし。

某大手の車メーカーも田舎に人増やせば車の国内販売数増えるんじゃない?
・・・と単純に思ってしまうのですが。

オイラはキーボードの運搬に欠かせないので、車のない生活は考えられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/18

これは予防接種だよ・・・

今日は息子の「ポリオ予防接種」でした。
ポリオワクチンは飲むタイプのものなので、ちゃんと飲めるか心配だったのですが・・・

帰ってきてから話を聞くと、他の子はほとんどが不味いものを食したようなリアクションだったにも関わらず、うちの子はなんというか・・・

じっくり味わうような(おいしいものでも食べたかのような)表情だったとか。
看護婦さん曰く「上手に飲んだね~」だそうで・・・

1ヶ月検診の時のK2シロップはあっという間に飲み干し、看護婦さんに驚かれたし。。。
まだ入院していた頃はミルクの飲みが良いと言われたらしいし。。。

あの・・・今日は決して美味しいものあげたわけではないので。。。

安心したような、ちょっと恥ずかしいような。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久し振り

以前書いた機材遍歴ですが、その中で現在も所有と言いながら、使っていない機材も少なくないんですよ。
というか、存在すら忘れていたのもあったし。。。

今日はMTRで録音なんかしてて、MOTIF ESの音に違う系統の音を足そうと約1年半ぶりにQY70を引っ張り出しましたよ。

1年半使わなかったせいか、だいぶ操作感を忘れてました。
機材ってそういうものかも。

長年使ってきたものなので(そろそろ10年か・・・)まさか忘れてるなんてないだろうなんて思っていたんですが。
ん?まさか・・・歳のせいではあるまいな。。。

さて、QY70を保管していた場所にはこんなものが。
すっかり忘れてましたよ。

DeepPurpleのあれをやる機会があれば、間違いなく使うんだけど・・・

Danelectro/SPRING KING

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヤホンを買ってみた

小型MTR BOSS Micro BRを購入したものの、いや、BR-600を使う時もそうなんだけど、ヘッドホンを持ち歩くのがいやなので、携帯オーディオ向けのイヤホン(カナル型)を使っている。

とはいっても千円程度の安いものを使用していたので、録音時、聴いてる音質がそれほど良いわけではなかったんですよね。
録音する時、もう少しいい音で聴ければ良いかなって思ってこの際、もうちょっと頑張って良い(であろう)イヤホンを買ってみた。

20081117


今まで使っていたものの倍近い値段なので、それなりに・・・ではありますがやっぱり安物よりは良い音するもんですね。

問題はケーブル。
これぐるぐる本体に巻きつけるのもカッコ悪いし、どうにかならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

シンセでロックなギターを再現したいのだが・・・

そう(タイトル参照)思って、昔はお金を出して市販のMIDIデータ集なるものを購入していました。
データ作成でメシ食ってる人が作ったデータなわけだから、プロが作ればどんなクオリティになるのかと。

こう言ってはなんだけど、思った以上の質ではなかった。
5時間かけて数小節をギターっぽく聴かせるためのデータの作りこみをするよりも、1万円そこそこのPhotogenicのギターで5時間かけて練習して録音した方が結局クオリティの高い音になると思う。

よく頑張ってるなぁ~とかそんな印象で終わっちゃいますね。
かえってギターを使っていない作品の方が楽しめます。

20081113


そう思って一時期はギターの練習をしていたけど、結局個人活動はギターレスの路線を歩んでます。

ギターを再現しようと下手にがんばるよりも、ヤン・ハマーの路線で行った方が結果的にギターっぽく聞かせられる気がします。


ところで、いずれ子供がギター欲しがったらこれかあなぁ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

形から入る

MTRの話の延長で書いた気がするけど、おいら、まともに歌えないくせに道具だけは揃えようとする傾向があります。

MTRだってオケは全部打ち込みで作るのだから、インストもの作るだけなら不要なはずなんだけどね。

で、前にも書いたけど、ポップガードを2つ持っている。
片方は金網タイプ、片方は普通の布タイプ。
マイクに息がかかったときのノイズ防止のための道具です。

安価なマイクとMTRの組み合わせで録ってるのもあるし、オイラ、違いのわかる男ではないため、実はあまり差を分かっていなかったりします。

どう違うんだろうねぇ(笑)

今年は使う機会あったけど、年内またこいつが活躍する日が来ると良いな~・・・

20081112



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

改造断念・・・

以前購入したおもちゃキーボード、改造してLine-OUT端子をつけようと思ったのですが・・・

20081110


裏面のネジを取り外しに取り掛かろうとしたところ、ある事に気付きました。

一か所ネジ山が完全に壊れてる!!

これでは本体のフタ外せないじゃん。。。

というわけで、改造を断念。

まあ電子工作に慣れているわけでもないので、神様が止めてくれたんだろう・・・と考える事にします(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/09

その他の機材遍歴

ご要望がありました音楽遍歴の前に・・・
(音楽遍歴は機材に比べて内容が薄い可能性大・・・)

「キーボード以外のシンセ」

YAMAHA TG-300
原付しかなかったので、それでマイシンセを持ち歩くには音源モジュールしかない・・・というわけで中古で購入。
DTM向け製品ながら本体でいろいろ操作できるので、ライブ派にも良かったです。
デモ曲が良くできてたなぁー

KORG 05W/R
同社製のX3の音をバンドで使いたくなり、知人が所有していたのを上記TG-300と交換。

YAMAHA MU50
型落ちを安価で購入。
今でも補助に使えそうかと思い手元にあります。

YAMAHA MOTIF-RACK
ドラムの音が気に入り購入。
バンドでも結構活躍しました。

「シーケンサー」

YAMAHA QY10
オイラの打ち込み人生はここから。
シーケンサーの存在を知ったころは安くても6万円台のものばかり。
まして、別途シンセ必要だったため、諦めていた頃に登場。
お年玉と小遣いかき集めて買いました。
1年後高校受験を控えての大冒険でしたよ。。。

Roland PMA-5
楽器ショーでデモ曲聴いて一目ぼれ。
QY70の操作性には及ばず、売却。

YAMAHA QY70
当時Roland XP-50で打ち込みしてましたが、YAMAHAのシーケンサーが恋しくなり、購入。
結果的にはこれが正解で、以後、作品づくりのほとんどはこれで作ってました。
気に入った音色もあるため、今も所有。

YAMAHA QY300
バンド用の曲を作るために購入。
ぼちぼち利用しましたが、フロッピーが2DDしか使えない等、時代遅れの仕様のため、手放しました。


「ミキサー」

SAMSUNG 9chミキサー
初めて買ったミキサー。
機能はそこそこ。音はあまり・・・
SAMSUNGって今はミキサー作ってないかも。
ある意味貴重だったかなー・・・

FOSTEX MM06(だったかな・・・?)
バンド用に購入。おもに録音用でした。

audio-technica AT-PMX5P
これですね↓。
http://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/at-pmx5p.html
軽くて持ち歩きに便利でした。

YAMAHA MX12/4
12ch。
今まで使っていたミキサーでは一番良かったです。
やりたい事が一通りそろっていた感じ。
専門家じゃないので、詳しくはないのだけれど、音とか機能とか、とにかく安心して使えました。

BEHRINGER RX1602
16chのラインミキサー。
ライブ用にMOTIF-RACKとセットで持ち歩いていました。
気に入ったのは値段だけで、音はまあ・・・値段相応って印象です。

Roland M-10MX
結構厚みがあるもののコンパクトなミキサーでは一番良さそうと思い購入。
結局現在所有しているミキサーはこれのみです。
動画サイトのおいらのページで公開中の初期2つはビデオカメラにこいつで混ぜた音を入力してます。
http://video.nifty.com/cs/user/video_profile/detail/uid_0000011916/1.htm
意図したわけではないけど、気づいたら楽器はYAMAHA、音響系はRolandというのが今のおいらの機材構成になってます。


・・・というわけで、その他の機材遍歴でした。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

キーボード遍歴

御要望にお応えして。
え?こういう事じゃない?

さて、バカみたいに機材買いしていたのはMTRだけではない。
(えらそうに言うなって?)

キーボードもまあ後から考えるとよームダ使いしちゃったな~と。
こんな事にお金をつぎ込まなければ、もう少し生活とお肌に潤いが出ていたかもしれないなという、愚行をここに記そうと思います。たぶん・・・全部網羅出来てると思うけど。。。

YAMAHA PSS-140
全ての原点。5つのドラムパッド付き、いくつかの伴奏パターン、100音色。
最近買った子供用おもちゃとあまり変わらないスペックかなぁ。
これとラジカセ2台で多重録音。今思い返すと音楽なんて呼べないものでしたが、あれはあれで楽しかったわけですよ。
でも・・・当時まともに鍵盤弾けてませんでした。

CASIO 機種名忘れ
ROMカードを挿すと、曲を追加できる機能がありました。
今の光る鍵盤シリーズの前身にあたる機種だと思われます。

YAMAHA PSS-190
確かアドリブ演奏機能とか付いてた気がします。
・・・という程大した機能じゃなくて、あらかじめ用意された2種類のフレーズを交互に演奏するボタンが付いていただけです。
主な機能はPSS-140と大差なし。
友人が欲しがったので売却。

YAMAHA PSR-47
レギュラーサイズの鍵盤としては初(正確には実家に古い電子ピアノがあったのだが・・・)。
2トラックシーケンサー内蔵。
同社のQY10で打ち込みを始めるちょっと前はこれで遊んでいました。
当時は鍵盤あまり弾けなかったので、一本指でコード演奏が出きる伴奏機能で遊んでました。
後にKORG X3を購入する資金集めのため、売却。

YAMAHA EOS B500
初シンセ。高校合格祝いで買ってもらいました。
渦中の人の音楽よー聴いていたなぁ・・・
なんだか悲しいですな。
これで作ったのがこちら
オイラは自粛なんてしないよん(する理由も意味もないし・・・)。

KORG X3
プロの使用でも耐えられる機種としては初。
EOSの音に不満があって、コツコツお金貯めて買いました。
家に来た日は抱いて寝たよ(笑)

Roland XP-50
X3にあった不満を全て解決してくれた機種。
レゾナンス付きフィルター、ポルタメント機能・・・
何より腹にずしんとくるドラムの音が圧巻。
今でも通用する音だと思うけど、フリーズする確立はWindows95よりも高かったなぁ・・・

JUSTY(だったかな?)の機種名忘れたMIDIキーボード。
怪しげな(ごめん)メーカー製でしたが、当時交通手段がバスだけだったので、コンパクトなキーボードをという事で購入。
ただ、音源がYAMAHA TG-300だったので、大して荷物がコンパクトにならんかったです。

YAMAHA CBX-K1
打ち込み用の小さいMIDIキーボード。
初めてショルダーキーボードに改造したのはこれ。

YAMAHA KX-5
ショルダーキーボードへ改造していた時期にたまたま無料で手に入れたもの。
使い勝手はあまり良くなく(送信MIDIチャンネルが1か2しか無いって・・・)、自分がライブで使う事はありませんでした。

Roland AX-1
KX-5の使い心地の悪さを受けて本気で買ったもの。
ライブで2回使用。
数年前、部屋の掃除中、こいつを片付けようとしたが、何を思ったのか、肩にかけてみようとしたところ、ストラップが肩に引っかかっていないのに気づかず手放してしまい、そのまま床に落下。
鈍い音とともに部屋中に破片が飛び散り、結果的にゴミを増やすという失態を。
唯一、不注意で壊してしまった機材です(笑)
忘れもしません、独りクリスマスイブの寒い夜の出来事でした・・・

YAMAHA DX-7
中古を超安価で購入。
鍵盤タッチが良かった以外に良い印象が無いです。
後年はマスターキーボードとしてしか使用してなかったなぁ。

CASIO CTK-601
実は侮れないCASIOトーン。
打ち込みも出きるので、これ1台でちょっとした音楽を完成させられるんです。
これもバンドではマスターキーボードとしてしか使わなかったけど、理由はノイズが酷かったから。
でも・・・今でもちょっと欲しかったりするんですけどね。。。

CASIO GZ-5
現役で使ってますが、今のは2代目。
1代目は大学生の時誰かに譲ったはず。
内蔵音源はコタツに入って練習するには最高。
(当時風邪で寝たきり状態が続いたので・・・)
「激流」「煌」などはこいつで弾いてたりします。
秋葉原を一通り歩き回り、その中で一番安い店で買いました。
確か外にやまずみになっていたと思います。
90年代はMIDI関係の品物も普通にPCショップで扱っていたんですがねぇ。。。

YAMAHA W7
中古で購入。
この機種のもっとも評価すべき点はマスターキーボードとしての使い勝手の良さに尽きますかね。
音は同社のMUシリーズと大差なしって印象。

KAWAI KC20W
これも2度購入。
1度目は新品。2回目は砂だらけのジャンク品を。
初代は学生時代のバンド活動のメインで、2代目はLynus初期で活躍してました。

RolandED PC-300
MIDIキーボード。
QY70の打ち込み時に使用する・・・つもりだったのですが、タッチの感度の悪さに使い物にならず(QY70と相性が悪かったと言った方が正しい)。
結婚を機に手放したけど、なんだかんだで結構ライブで活躍していたんですよね。

MIDIMAN・・・これも機種名ど忘れ。
PC-300などは49鍵盤で、ちょっと鍵盤数が少ないんですよ。
なので、61鍵盤のこれを購入。
不良品なのか、たまに鍵盤を離した情報が伝わらず、音が鳴りっぱなしに。
でも、手放す事なく、実家で眠ってます。

YAMAHA S30
W7でYAMAHAのPCM音源の質の悪さを感じていたのですが、EX5以降ガラっと音が変わりましてね。
発表されてから気になっていたので、店頭でプリセットのオルガンの音色を弾いた瞬間に、あ、これだ!と思いました。
人生初ボーナスで購入。シーケンサー内蔵だったら今でも使っていたと思う。

KAWAI HYPERCAT
GZ-5では役不足に感じて思わず購入。
大して使わなかったなぁ・・・

YAMAHA PSR-330
某なんとかオフってお店でつい購入。
いや~案の定すぐに手放しましたけどねぇ・・・

Roland PCR-M80
国内メーカーからやっと61鍵盤のMIDIキーボードが出たなぁ~と思って飛びつきました。
そして、半年も経たないで鍵盤押しても音が出ない現象発生。
ネット上でもそんな話が多々見られるのでどうも設計ミスっぽい。
保障期間内だったため無料で修理できたものの、信用できなくて手放しました。
ちなみに修理の際の明細書から約8千円(送料別)以上はかかるみたいです。今後買われる方の御参考になれば・・・
機能は良かったのになぁ。

YAMAHA S03
MOTIF ES購入の半年前に買いました。
バンド活動で何個も機材を持ち歩くのに疲れてつい買ってしまったんですよ。
Lynusも停滞期だったし。
ただ、あれはあれで使い道があったのかもしれない。

KORG K61P
内蔵音源とか結構良かったんだけど、PCと一緒に使わないと設定変更がやりずらくて、手放しました。
PなしのK61はそれこそ、PC無しでは使い物にならないんじゃない?
ってPCとセットで使うべきものなんでしょうけど。。。

ここから現役orメイン。

YAMAHA MOTIF ES6
唯一の不満はスマートメディアがメインの保存メディアって事。
(USBメモリも使えるけど)
それ以外は全く不満なし。音も、機能も文句なしです。
あ、「重過ぎる」って不満もあったか・・・

YAMAHA MO6
・・・で、MOTIF ES6の「重過ぎる」を解決する手段がこれ。
ライブや練習の運搬時の負荷が減りました。
かつ、MOTIF ESの音が使えるというお得なマシン。
これからはこっちが個人活動でもメインになっていくかも。

その他、おもちゃ2つ。
いつか親子共演を夢見て・・・

ってわけで、反省したくて書いたのかだんだん分けわからなくなってきましたが・・・
思いかえすとやっぱり恐くなってくる遍歴でありました。

2回買ったのを数に入れると28個(おもちゃ入れるとちょうど30)。
うーん・・・
多分軽自動車1台買えるぐらいになってるよなぁ・・・・

まあ、大事なのは何を持っていた(いる)かじゃなくて、どんな作品を作れたか、どんな演奏ができる(た)のかなのは確かですが・・・



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/11/06

MTR遍歴

先日のコメントでMTRコレクターもどきを自称したわけですが、今までどれぐらい無駄使いをしてきたのか反省を込めてげろってみます。

購入順番はちとあやふやですが・・・

YAMAHA MT50
カセットテープ式の4TR。
1996~2001年まで使用。
とあるバンドのライブ録音でベースの音だけいつも不満だったので、ベースを別トラックに、そして全体をステレオで・・・という使い方を。
それ以外は他人の作品作りの手伝いに使用したぐらい・・・
カセット式は微妙にピッチが狂うのでその点が嫌でしたね。

BOSS BR-532
フラッシュメモリ型の本格的な仕様のMTRでは初の機種だと思います。
・・・というのに興味を惹かれて購入。
上記のライブ音源をミックスするのに使っただけで終わりました(笑)

ZOOM PS-04
小型MTRのさきがけは確かZOOMのPS-02だったと思うけど、その後継機種。
色々機能があって面白かったんだけど、記録がスマートメディアって事でがんばっても最大容量が128MB。
これじゃ容量少なすぎてせっかくの多機能さが台無し。ちょっとした打ち込みも出来たのにね。
「夕風」の作成途中まで使用してましたが、PXR4に鞍替えするために売却。
いや、PXR4買ってから売却したんだっけかな・・・?
音質はあまり良くなく、PCで編集するとノイズが乗ってる事に気づく事も多々ありました。
ノイズが無い時もあって良く分らない機種でしたねぇ・・・

KORG PXR4B
小型MTRの中で当時は一番使い勝手が良かったです。
特にUSB端子内蔵でいちいち本体からメモリカードを取り外さなくてもPCとデータのやり取りが出切たのが良かった。
結構色々な人にこれ薦めた気がする・・・
「夕風」はこれで録りました。

YAMAHA AW16G
こっちは例外的に本格的なHDD式の16TRのMTR。
8TR同時録音可能だったので、某バンドで楽器別にライブ録音を実施。
その効果は絶大でやっぱりライブ音源としての仕上がりは別格。
ただ、準備に相当時間かかるので、今は絶対にできませんけどね。
音質も文句なしでしたが、PCとの連携機能不足(CDRに一度データ保存してPCへ移行・・・って面倒!)不満があったのと、本体が大きくて、引越しの際に手放しました。
多分オリジナル指向のバンドを結成してたら今も所有していたと思う。


・・・と、ここまでが過去所有機種。

BOSS BR-600
スマートメディアでは長時間の録音が出来ない・・・という事で大容量のCFが使えるという事で購入。
R-09買うまでライブ録音はこれでやっていたんです。
ステレオマイク内蔵なので、別にマイクを持ち歩かなくてもOKなのが良かった。
ミックスする際、楽器間の音量調整はフェーダーが無いと不便という事で当時購入候補だったMicro BRを買わずにこっちを選択。
カバーした「A Change of Seasons」はこれがなかったら完成させるの厳しかったと思うので、買って正解ではあったと思う。
それに多分Micro BRで録った音も場合によってはこれでミックスしていく事になるんじゃないかな。

BOSS Micro BR
はい。この前買ったばかりです。
まだ作品作りには活用していません。。。
これからこれから(笑)
PXR4より録音までの操作がシンプルです。録った後は多分面倒でしょう。

・・・ってわけで、全体にかけた予算を計算しようと思ったけど、恐くてやめました(笑)

それぞれに良いところがあり、それぞれに欠点があり。
どう使うのか?本当に必要なのか?
自分でもはっきりしないまま、でも結局興味を惹かれたものをほいほい買ってしまうという愚行。

もうオイラの財布は自分一人のものじゃないので・・・ねぇ。

ところでTASCAMから新しい小型MTRが出るんだってねぇ(笑)

ってコレはさすがに買いません。ターゲットが僕向けじゃないので。
カセットテープ式の安価なものを使っていた人が、そろそろデジタルにって乗り換える場合はこれが良いみたいですよ。

こういうのから

こっちへ乗り換える方がターゲットらしい。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/11/03

侮れない・・・粉ミルク

3連休もあっというまに終わってしまった。。。
慣れない子育てにもうぐったりです。特にこの連休中はぐずりがひどかったなぁ。。。

さて、基本的にうちの子は粉ミルクの銘柄を気にせずに飲んでくれるのですが、それでも母乳に比べると食い付きがいまいちで、集中して飲んでくれない事が多いんですよ。

で、今まで使っていたミルクが無くなりそうだったので、生まれた当初1月程度かな?飲んでいたアイクレオを買ってみたんです。
(最初の頃は検診などでいただいたサンプル品で間に合っていたのですが・・・)

他と比べるとちょっと高いし、迷ったんですけどね・・・
母乳にもっとも近いという評判らしいし、どの程度かと。

で、昨日ついに再びアイクレオの出番。

風呂上がりに粉ミルクってのが我が家の定番なんですが、これが今までとは大違い。
作った分量をあっという間に飲み干してしまった。
いつもなら30分以上かけて飲むのにねぇ・・・

しかしこのミルクちと高い・・・
今から贅沢させるのもどうなのかなぁ(笑)

※ミルクの味に関しては赤ちゃん個人ごとに好みが異なるそうですので、必ずこれが良いっていうのは無いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

侮れない・・・MTR

2連続同じ話題で恐縮なのですが・・・

20081103

この前購入したMicro BR。これが予想以上に良かった。
何が良かったかって、録音開始までに至る作業工数が少ない事。

いや、少なく感じるのかも。

どのステップを踏んで作業を進めていけばよいかが分かりやすいんですよね。

BRシリーズを使うのはこれで3つ目ということもあって、慣れもあるかもしれませんが。

以前の韮山でのライブはR-09で録音していたのだけど、これが大失敗。
リハをしていない事もあって、音量の予測ミス。
予想以上に音が大きく、R-09側のレベルメーターはMAXを振り切っていたらしく、音はバリバリに割れていた。
(ビデオも同時に録画していたため、なんとか聴けるレベルの音源は確保できたのですが・・・)

R-09の後継機種にはリミッター付きらしいので、こういう失敗をある程度回避できるのですが・・・

Micro BRの操作性が予想以上に良かったため、今後のライブ録音のバックアップ用として持って行ってもよいかなという気持ちになってます。
こっちは録音時にエフェクターが使えるので、韮山でのような失敗を繰り返さずにすむかも。

しかし2年前にBR-600を買った時に迷ったんだよねぇ・・・
あの時こっちにしても・・・って今更遅いかw

あの23分の大作のカバー作品程の規模でもない限りはこっちで良い気がしますね。

Micro BRでライブ録るならお薦め。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »