« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/29

色が付いた・・・?(ライブ映像)

昨日夜に20日のライブの映像を編集。

前にも書いたけど、Kenko DVS500で撮った映像は画面全体が赤くなってしまいました。
これは暗い場所で撮るとこうなってしまうものですが、照明次第ではきれいに撮れる場合もあるんですよ。
沼津Auditionでの撮影は初だったので、どうなるのかなと思っていたんですが、やはりダメでしたね。

・・・が、しかし、先日編集ソフトをあれこれいじっていたら、赤っぽさが取れました。
もちろんその分ノイズが増えてしまいましたが、赤い映像よりは良いかと。

これが編集前の映像。

Mai01

編集後はこんな感じ。ホワイトバランス調整したらこうなりました。

Mai02

色がついた・・・というより赤い色が取れたって感じかな?

それにしても、今回画質があまりにも違う2つの映像(片方はCASIO EXILIM EX-Z250)を合わせているので、違和感あるかもしれません。
僕はそれなりに楽しんでますが。

Kenko DVS500

CASIO EXILIM EX-Z250

下は今回編集に使用したソフトの最新版。
個人的にはおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/28

ここ2日間の話

金曜日で仕事おさめ。
さて、土曜日から連休、早速ひきこもるぞ~~~!
・・・って思っていたら土曜日朝9時に歯医者の予約をしていたのを思い出して凹む。。。
、がしかしあーた、帰ってからは布団の虫ですよ。
子供と2人で爆睡。いやーよく寝ました・・・

そして、日曜日。

この日は吉原商店街をふらっと。

うーん・・・人がいない。。。

富士の駅前ほどシャッター街ではないけど、地方の駅前って何故どこもこんな感じなんでしょう?
年配向けのお店しかないってイメージ。

ただ、「漬けナポリタン」の街として頑張るらしいです。
子供がいたので、スルーしてきましたが、一度は食すべきかな・・・

今はライブ音源・映像の整理中。
編集作業はなかなかはかどりません。。。(ソフトがエラーでまくり!落ちるな!)。

明日は年賀状と子供の映像の編集です。

なんか・・・パソコンに向かう時間が長いと、仕事と変わらん気がしてきた。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/25

機材選びの基準

以前コメントで指摘されてますけど、オイラ小型の機材好きです。
正確に言うと、フットワークを軽くするために所有機材は軽い方が良いと考えてます。
ただ、いくら軽いからといって演奏が犠牲になるのは本末転倒。
なので、鍵盤数の少ないショルダーキーボードやMIDI鍵盤などをメインに使用しないのはそのためです。

MTRもレコーダーも、そして今回、動画撮影機材も小型化できました。
あとは3脚が今ぐらいの高さで、最小鉛筆ぐらいまで小さくならんかなぁ(笑)

こういうのは持ってるけど、先週沼津Auditionの壁に引っ掛ける場所がない事を確認。

残念~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年一年のバンド活動

先週で今年の締めくくりとさせていただきましたが、締めに相応しくとても楽しいステージになりました。
参加者の皆さん、メンバーの皆さんには改めて御礼申し上げます。

さて、今年バンド活動はこんな感じになりました。

1月
Wedding Party&Live
嫁さんの会社の軽音楽部が主催となってオイラ達ともう1組のカップルのお祝いをしていただきました。
Lynusはその関係でゲスト出演。
「私は風」はまったくあの場に相応しくない曲だったかも・・・
ちなみにLynusとしてあの曲をやるのはこの日が最後だったかもしれないですな。

3月
music bar BAR-KAYS3周年記念イベント
「ンバンバ」として出演させていただきました。
音楽仲間とは違う客層・・・思いっきりアウェーな雰囲気でしたが、皆さん盛り上がってくれました。
・・・確か(笑)

4月
音楽仲間の舞 Vol.12
Lynusとンバンバの掛け持ちで出演。
Lynusは半分近く曲を入れ替えてのライブでした。
YESのRoundabout、そんなに悪くない出来だったと思う。

この日初めてライブを録画しました。
ビデオで振り返るのも悪くないですね。
特にオイラは奥にいたので見えないし(笑)

6月
6/7 Experience Night Vol.10、David Coverdale特集
Lynus、RicoSnake、チビカバ Experience、29 Experience Friendsとして出演。
結構出ずっぱりで大変でしたが、ハードロックなんで至福なひと時。
ただね・・・食べる暇の無いオイラの目の前でお客さん方が美味しそうなのを食べてるのが見えて・・・それがつらかったかも(笑)

6/22 ミャンマーサイクロン・中国四川大地震チャリティコンサート
7日の延長でRicoSnakeとして2曲演奏。
ハードロックは僕らぐらいのもので、お客さんは結構年配の方が多かったらしく、びっくりさせちゃったかも。
PA、ライティングは過去経験したライブの中で最高でした。

7月
以後、自主的に育休(笑)
沢山のお祝いありがとうございました。

12月
音楽仲間の舞 Vol.16
RI⊂OMO⊃IЯ(リコモコリと読みます) として出演。
ちょっと今までと違う曲を経験させていただきました。


ってわけで7~11月はライブには出てませんでしたが、こうして挙げてみると結構出てますね。
ディズニーのステージに立てなかったのが唯一残念でしたが、事前に戦力外を宣告されていたので、まあ良いか(笑)
(しつこい?)

上記にも書きましたが、今年からライブを映像でも撮るようになったのが大きな変化ですね。
今までは音にしか興味がなかったし、まあ今でも聴くのがメインで、あまりビデオを見る事はないのですが。
でもビデオ編集とか結構楽しいんですよ。
ただ、3脚で固定したビデオの映像だと画面が固定アングルで面白さに欠けますね。
かといって、誰かに撮影をお願いするのも申し訳ないですしね。
それよりステージはじっくり聴いて頂きたいですから。

なので、複数ビデオで複数アングルから撮ったのを編集しようと、先週のライブで実験してみました。

・・・が安物ビデオとデジカメの動画モードで撮ったので、画質はそうとう酷いです。
特に安物ビデオは画面全体が真っ赤。
写真を現像する部屋にいる感じ?(実際入ったことないけど・・・)。
デジカメはISO感度が動画撮影時オートになってしまうので、暗いライブハウスだと感度が上がりすぎてノイズが多くなってます。
明るいところだと綺麗なんだけどね。。。
なので今、編集するモチベーションが多少下がってます(笑)
もう少しお時間ください。。。

Ricomoco
こっちのアングルは鮒さん大活躍。・・・ってこれ演奏中の映像なんだけど、飲んでる?


タイトル、チャプター画面はちゃんと作ろうと思います。

さて、そんなわけで、今年関わった皆さん本当にありがとうございました。
来年も引き続きごひいきの程、よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/12/23

今年のうちに片付け・・・られるかな。。。

今年はカバー2曲、うち1曲は23分の大作で歌も歌いましたよ。
相変わらずの鼻声だけど。

そしてオリジナルは1曲。

例年に比べると作品公開という意味ではまずまずの成果。

・・・が、毎年目標としている「オリジナルの歌モノ」の公開がまだ達成できていないんです。

オケはすでに録音済み。
だけどどうしても歌詞がねぇ。。。

今年もあとわずか。
すでにイブに突入しそうな時間帯ですよ。

ん?イブか・・・
来年か再来年にはオイラもサンタさんにならなければならないのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

さて・・・と、毎回高齢のライブ話

以前に今回のライブに向けての話を書いた時に、苦手な部分に挑むか自分色に染めるか・・・的な事を書いたと思います。
結局どうだったかというと、苦手な部分に挑みました。

その苦手な部分とは・・・

「ピアノ音色によるソロ!!」

Got the Feelingという曲なのですが、これ途中ピアノソロが入るのです。
まだライブ音源聴いてないのでなんともいえませんが、本番予想以上に全体が爆音だったので皆さんに聴こえたかどうか。

バラードとかのピアノソロなら弾ける・・・というかなんとかなるのですが、こういうノリノリな曲のピアノソロってのが実は上手く弾けないのです。
パーカッシブ?リズミカル?・・・に弾けないんですよ。
単に練習しろよって話なんですが。

以前自分色に・・・て言ったのはこの部分をヤン・ハマー的に置き換えちゃう事を考えていたんですよ。
でも考えてみるとカリスマギタリストが二人。
そこにギター的なソロフレーズをぶつけるのもどうかと。
それに今回はシンセ登場以前のキーボードサウンドで統一した方が良いなって事でやめました。

最後の最後までこのソロしっくり行かなかったですけどね。。。

というわけで、今回のライブはいつもと違う雰囲気をお届けさせていただきました。


いかがでしたか・・・・って聴く前に既に皆さんから多数のコメント頂いちゃいましたね。
ありがとうございました。

しかし・・・オイラ太ったなぁー(ビデオみながらしみじみ。。。)。
背脂が出ないうちに対処せねば!!(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/12/21

おっと書き忘れ(舞の話)

豚肉の話を先に書いちゃったけど、まいっか。。。

実は先日のライブ、久し振りな事があったのです。

それは・・・

キーボーディストの方と、「キーボード」の話をした・・・

です。


いやね。普段からあまりキーボード談義できない感じだなぁ~って自分からあえて話をする事もなくて。
いきなり、「イェンス・ヨハンソンってバッキングはいまいち印象薄いよね」なんて話しても絶対ヒかれるもん。
とはいえ、クラシックとかまともに習っていたわけでもないからピアニスト的な会話もできないし。

打ち上げでギタリストがエフェクター話に花をさかせ、ボーカルは・・・ボーカルの方同士って何か話します?
まあ、要するに同業者同士の会話がいつも打ち上げ時、楽しそうだな~と思っていたのです。

先日は打ち上げは参加しませんでしたが、リハ中、東Commandoのキーボードの方とお話させていただきましてね。

そういえば、誰かとキーボードの話なんてしばらくしてなかったって事に気付きまして。

それこそこのブログで一方的に陳腐な持論をのたまってるだけでしたから。

凄腕キーボーディストの方と話させていただいて、ライブ本番並に興奮していたのはここだけの話です。。。
いや、マジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

得意料理?

ライブ直後に生活感丸出しなネタで恐縮ですが・・・
先日のライブ後、皆さんが打ち上げしてるであろう時間、おいらは24時間営業のスーパーに立ち寄り、食材の買出しなんぞをしていたわけですが。


結婚前まで絶対に作らなかったある料理が、今やおいらの十八番になりつつあります。
なーんてめちゃ簡単なものですが。。。

それはね。

豚の生姜焼きなんですよ。

以前まで、おいらの中でこれってお弁当の中にある、パサパサ、ぼさぼさ、もさもさ・・・とした食感の肉料理ってイメージだったんですがね。
あまり母が作らなかった(たぶん・・・父親が好きじゃないのだろう・・・)というのもあります。
とにかく良いイメージがなかったのです。

それが、沼津にある・・・なんて言ったかな。
味わい家?
とかいう定食屋さん・・・みたいなお店で、おいらはまあそこのとんかつが大好きなのですが、生姜焼きもおいしくて。
最初食べた時、それまで持ってた生姜焼きへのイメージががらりと変わりました。

で、まあ家でも作るようになった・・・と。

さすがにお店の味は出ないですね。
結構奥が深いのか。
生姜焼き。

Po20081221_0009
美味しそうに見えないのは、撮影技術のせいです。
たぶん。。。

盛り付けちゃんとしろ?
いやー、ごめんなさい。そういうの面倒で(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

色々学んだ2か月

いや、3か月間だったかな?

まあいいや。
音楽仲間の舞 vol.16、クリスマス特集(?)って事で本日無事ライブやってきました。
いつものパターンで後日ごちゃごちゃ言い訳その他もろもろ書きますが、とにかく参加者の皆さんお疲れ様でした。
そして足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。

メンバーの組み合わせなかなか絶妙でしたね。どのバンドも素晴らしかった(選曲も)!

今年も楽しいイベントに参加させていただけた事に感謝です。

さて・・・
カメラ2台+レコーダーの記録。
いつ編集手をつけようかな。。。

20081220
たまには横からのアングルをお楽しみください・・・
※ビデオ映像から。We are the world熱唱中(笑)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008/12/20

明日のネタばらし・・・ではないですが

偶然にも2年前、初めて「音楽仲間の舞」のシャッフルイベントに参加した際にも同じ事を言いました。
覚えてる人はいないと思いますけど・・・

僕はシンセで生ブラス系の音を出すのが嫌いなのです。
いや、打ち込みで、きめ細かいシーケンスデータを作りこんで、徹底して生っぽさをシミュレートするなら良いのですがね。
手弾きにおける生ブラス系の音色ってのはどうも手弾きの演奏に向かない気がするのです。

上手く表現できないのですが、本物のブラスって綺麗に響いてない気がするのです。
どこかのパートのピッチが微妙にずれているというか。ちょい濁り気味というか。

あるいは個々のプレーヤーが個人の癖を全面に出しすぎているのか。

やや矛盾しますが、クラシックの場合は逆に綺麗に響いてる楽団のを好んで聴きますけどね。。。

でもシンセで出す生のブラスの音は綺麗に響くんですよ。
気味悪いぐらい綺麗に。

そして特にロック系バンドの中で使うと、たとえ高級機種でもチープに聴こえてしまうんです。
本物のブラスってなんかブラスの音圧が風のように顔の肌で感じるってイメージがあるんですけどね。
シンセだとすごく奥の方でパラパラピッピと鳴ってるイメージなんです。

で、僕はどうしてるかっていうと、対処は二つのうちどちらかを選択。

1つはシンセブラスに置き換える方法。
これはもうフレーズ自体がブラス以外ありえない!って場合でかつ、ブラス特有の倍音と迫力が欲しい場合。
シンセブラスは有名どころだと(ロックに限定ですが)ヴァン・ヘイレンの「Jump」のイントロやソロ。
TOTOの「Africa」、よーろっぱの「The Final Count Down」あたり。
まあ80年代はDX7のちょい高音がきついシンセブラスがそこら中で使われていたと思います。

で、オイラのつかうシンセブラスは実はトランステクノ等に使う音。
これ結構ロック系のブラスとしては申し分ないぐらいに良いです。使っている機種にもよるし、若干フィルターいじってるってのもありますが。
矢沢小吉ライブの時にも使いましたが、本物のSAXとの解け具合もかなり良かったと思います。って思っているのは僕だけか?

で、もう一つは完全に違う音色に変えてしまう方法。
オルガンとかね。そんなに強力なアタックが必要ではない場合はこちらを選択します。
他にもっと良い代替音色があれば良いのですが、今はまだ模索中ですね。

とにかく、生ブラスを意識したプリセット音色は使わないほうが、バンド全体のためにも良いというのがオイラの持論なのであります。

でも、実は昔ハモンドオルガンの音が大嫌いでして、なんとか代わりになる良い音はないかと探していた時期がありました。
特にその頃のシンセはオルガンの音も全然良くなくて、その影響もありましたが。

なので、この持論、何年か後には180度意見変わるかもしれないですな(笑)


で、何?明日もう1曲追加するかもって?
えー!全然練習してないんですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/19

こんな使い方はいかがでしょう?

デジカメを最近店頭で見てる中、随分とデジタルフォトフレームなる商品が増えたように思えます。
もちろん自宅でこれを使う意味はあまりないでしょうが、お店などで使うには良いかもしれません。

これをバンドマン的な使い方をちょっと考えてみた。
って言っても他にも考えた人はいるかもしれないけど。

これって結局画像ファイルを持ち歩けるわけだから、歌詞などを画像化したファイルを中に入れておけば、紙に書いたものを何枚も持ち歩かなくてよい。

さらには楽譜を画像化してもちあるくとかね。

DreamTheaterのキーボーディスト、ジョーダン・ルーデスは楽譜表示に特化した装置を利用してるみたいだけど、もしかしたらそんな使い方が出来るかもね。

問題は自分の意思(タイミング)で画像切り替えができるか・・・ですかね。
大抵自動スライドショーになってるみたいなので、勝手に画像切り替わって現場でパニックに・・・なんてなりかねない。

まあ、カメラを見ながらそんな事を考えてました。
まあ、おいらスタジオで譜面見ない派ではありますがね・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/17

CASIO EXILIM EX-Z250 録画時間

昨日の記事でこれでライブ映像を撮るよとさらっと触れたわけですが、今CASIOのデジカメ使ってます。
これは8月ぐらいに出た機種なんですが、ライブ録画に耐えられるの?って思って実験してみました。

・・・というのも、普通デジカメの録画機能っておまけ程度で、1回の録画は10分ぐらいが限度とか制限あったりするんですよ。

それがCASIOの場合、一部機種を除いては1ファイル4GBの制限はあるものの、バッテリー次第で長時間の録画が可能となります。

じゃあ、実際どれぐらい撮れるのよ・・・ってなわけで実験。

HASEGAWA SYS-COMのClass4の8GBのSDカードを使用。
画質は最高画質。
新品のバッテリーをフル充電状態です。
雨天の室内、レースカーテンのみで朝8時ぐらいです。
窓は南西の向きですかね。。。

結果、2時間と約10分で録画がストップ。
ストップした状態で電源が入り、録画したのを数分間鑑賞後、バッテリーが切れました。

メモリは半分ぐらい使ったのかな。

って事でアマチュアバンドの1ステージは余裕で録れそうですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

さて・・・今度のライブですが

ここ2回ほど・・・とは言っても4月と6月の2回だけなんだけど、ビデオとレコーダーの2体制でライブ記録を残しています。

ビデオ機能の音声は所詮・・・といっては失礼かもしれないけど、専用の音声レコーダー程のクオリティは望めない。
レコーダーはそれほど高価ではないものの、やはり専用機だけあって、ビデオの音よりははるかに良いし、失敗も少ないです。

大変なのはあとの編集で、映像と音を合わせなきゃいけないわけですよ。
映画みたいにカチンコを使うのも大袈裟だしねぇ・・・
普段はドラム担当の方がスネアの位置などを調整するために叩く音と映像をカチンコ音代わりにするのだけど、これも結構根気がいる作業だったりします。見えにくかったりするし。

4月のLynus演奏の時の映像は実はKenさんのギター弾くときの膝カックンが合図でした(笑)

今回は分かりやすい合図をバレないように仕込もうと思います。

それ以前に撮影準備する精神的余裕があるかどうかですが・・・

録画はこれか・・・

これの予定。


録音はこれ。

編集はこのソフト・・・のVer12です。

意外と映像の編集作業も楽しいもんです。
(フルHD映像は別。まだストレスたまります。処理遅すぎ!)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/12/15

ライブっす

先ほど最後の練習を終えて帰宅しました。

・・・ってわけでライブやります。

2008/12/20(土)
音楽仲間の舞 vol.16
沼津AUDITION
OPEN 17:30 START 18:00

オイラは
「RI⊂OMO⊃IЯ」

ってバンドで出させていただきます。

久し振りに「非ハードロック」ですよ。
今年の締め・・・になるのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/14

高い物は良い・・・?

先日デジタル一眼レフカメラを購入。

・・・って買ったのはオイラじゃなく嫁さんですが。

CanonのEOS KISS X2です。レンズ2本付き。
しかし、カメラを写真に撮るってなんか変。。。

081214

最近、フリマなどで知った雑貨や服の個人作家さんのブログ(兼育児日記的なもの)等を見る機会が多くなったらしく、結構綺麗な写真が多くUPされてるので、それに触発されたのかな。

ちょいと触らせてもらいましたが、さすが一眼レフ。
被写体がしっかりフォーカスされて、発色も良いですな。

ただ・・・撮影技術がダイレクトに伝わるのか、なんじゃこれ・・・って出来のものも少なくないですね。
ごまかしが利かないというか。

シンセは高いもの程、技術の無さをカバーできるんだけどなぁ。。。

まあ、嫁さんが何を被写体にするのかは、あえて言及するまでもないとおもいますが(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/12

キーボードマガジン冬号

今回オイラが注目したのはEL&Pの名曲「タルカス」をピアノで弾こうって企画。
国府弘子さんがすでにJazzアレンジで演奏してるのがありますが(ピアノトリオ)、今回のは小川文明さん(すかんちの後期メンバー等で活躍)によるブギウギアレンジ。

なるほど、こういうのも面白いもんですな。

しかし、タルカスやっぱ難しい・・・
オイラみたいに基本ができてないとやっぱダメなのかね。

今年キース・エマーソンが来日した時はフルバージョンで演奏したとか。
うーん・・・その時のライブ盤出ないかな~・・・

EL&Pの名曲タルカス。ロックキーボーディストなら是非聴いてみてほしいと思います。

オイラのお薦めはジョーダン・ルーデスによるカバーかな。
あとは前述の国府弘子さんJazzバージョン。
そして、気に入ったら参考程度に本家を聴く・・・と(笑)

ところで、中の広告でこんな本が気になりました。
うーん・・・片手で良いならおいらでも弾けるかなぁ。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/11

お座り!

別に犬を飼っているわけではありません。

仕事中携帯にメールが。
自らやったわけではないけど、お座り状態にしたら、そのまま体勢を維持したらしい。
今までは、手で支えてないとフニャって顔から崩れていったんですがね。

F1000137


なので、帰宅後、おいらもしつこいぐらいにお座りさせちゃいました。

・・・で、最後に泣かれた。。。

ごめんね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USBメモリーの小型化は・・・

最近USBメモリーの小型化、大容量化、低価格化が進んでいるらしいですね。
オイラのライブ用シンセにしているYAMAHA MO6も保存メディアはUSBメモリーなんですよ。

ところが、USBメモリーって小さいじゃないですか。
整理整頓が苦手なオイラは練習・ライブ時にこの小さなUSBメモリーを持ち歩くのが怖いんですよ。
なんかなくしちゃいそうで。

かと言って結構大事なデータを入れてるわけで、これ本番前に無くそうものならもうその日のライブはお手上げ状態になります。
それぐらい大事。

なので写真のようなキーホルダーを嫁さんから貰ってつけてるんですよ。
これならまず無くさないだろうと・・・

20081210


でも・・・

このキャラ何?・・・

最近はUSBメモリーにウィルスが潜んでいるケースもあるそうで、もう低価格化してるんだから、安全のためにある程度の出費しても、安価すぎる製品は避けた方が良い気もしますが、それも対処方法として成立するんでしょうかね・・・


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/12/09

やべ・・・ハマリそう。。。

今日こんなものを衝動買いしてしまった。

実はおいら、ホームセンターで売ってる木のブロックや、切れ端の木材を買ったりするのが好きだったりします。
何を作るってわけでもないのですが、組み合わせてあーでもない、こーでもないって考えるのが好きなのですが。

かつて音楽にはまる前はゲーム。
ゲームにはまる前は模型づくりだったわけですが、おいら、当時から既存の製品を組み立てるだけでなく、自分なりのオリジナルものを作るのが好きだったんですよね。

どうもその辺音楽にも通じるものがある気がしてるのですが。

でも、最近はプラモデル等をじっくりゆっくりと作ってる暇があったら、音楽やりたいよなぁ~なんて思っていたんですが、例のショルダーキーボード作って以来、どうも何か造形物を作りたい衝動に駆られてましてね。

そんな折、今日たまたま立ち寄った書店でこんなものを目撃。

2008120901

こんな感じの部品が300個ぐらい入ってる製品でして・・・

初歩的なものを作るとこんな感じです。

2008120902

詳しくはメーカーのサイトで。

かなり凝ったものまで作れるんですね。

いや、これハマリそう・・・

最近子供向けのものを店で見るようになったせいか、こういうのに食いつくようになっちゃったのかなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/08

原曲のイメージ

20日のライブへ向けての準備もひと段落。
曲は大体頭に入ったので、この前買ったDreamTheaterのライブDVD+CDを解禁しました。

いやー相変わらず上手いね。このお人達。
このぐらい弾けりゃさぞかし気持ち良いでしょうに・・・

DreamTheaterの現キーボーディスト、ジョーダン・ルーデスはここ最近珍しいキーボード・ヒーローの一人なわけですが、この方は歴代キーボーディストが奏でていた印象的なフレーズは(自分色に若干変えつつも)イメージを損なわない弾いてくれるのでその辺りが好感を持てます。

前任者デレク・シェリニアンはフレーズを自分流にしすぎてましたからね。
その辺がファンから不評を買った一因ではなかったかと思っているのですが、どうでしょう?

実はおいらも全然比べ物にならないぐらい低レベルな事ですが、コピーをする際、原曲のイメージの再現・・・というか、この曲に対し、聴き手が期待するだろうなってフレーズはなるべくそのままの状態で弾こうとは思っています。
超速弾きのフレーズ以外は。

でも、原曲のこういう部分は再現不可能だろうな・・・とか、ここはちょっと嫌いなパターンだなって場合は思い切り変える事が多々あります。

その辺のさじ加減が難しいですね。

今度のライブどうなることやら。

今回はフレーズは原曲、ただし音色は別物・・・なんて事もしてます。
これが吉と出るか凶と出るか。

そして今まで苦手な事にもちょっとチャレンジしてます。
この前の練習でも結局納得いきませんでしたが、本番までに形になれば良いかなと思っています。
なにせソロですからね。
オイラはソロはあまり練習しません。
本番のテンションで弾かないと感情移入できないし。でもキメぐらいは練習しないとなぁ。

さて、その苦手なものとは何でしょうか。
その辺りもちょっと注目して聴いていただけたらと思います。

うーん・・・練習の音聞いたけど、やっぱセンスないなー・・・おいら(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

あれ・・・ミスった?

今日急きょ買ったMO6用のソフトケースが届いた。

以前MO6本体を買った時に、特典として専用ケースがついてたのだが、てっきりそのケースは純正だと思っていた。
しかも肩掛けとかあって、今までのキーボード用ケースの中ではすごく使いやすかったのだ。

いや~さすが純正品。やっぱりちゃんとしてるんだねぇ~なんて感心していたので、今回壊れたのはショックだった。

とはいえ、純正なんだから買いなおせば同じものが来る。
そう思ってネットで注文。

到着して、箱から取り出して、瞬間、違和感を感じた。

壊れたケースと今日届いたケース、表面材質が全く違う・・・

しかし到着したのはまぎれもなくMO6専用ケースだ。

YAMAHAのロゴもしっかり入っている。

ん?YAMAHAのロゴ?

そういえば壊れたケースには入ってなかったぞ・・・

ってなわけで、今日、今まで使っていたケースが純正じゃななかったという事実を初めて知ったのです(笑)

しかし、純正品、言っちゃなんだけど、機能的にはなんの工夫もないです。

YAMAHAさんよ・・・

MO6のユーザー層ってどんな人たちを想定していたんだろう?

重量級のMOTIF ESからある程度機能を落とし、価格を落とし、軽量化。
って事はつまりバンド活動者が使用する事も視野に入れていたんじゃないの?

今まで使っていたケースはMO6本体と今時珍しいぐらい無駄にでかいACアダプターを収めるちょうど良い大きさだったのですよ。
純正品はどうやらMO6を収めるだけで一杯のよう。
肩掛けなんてもちろんありません。。。

メーカーとか型番とかケースに書いてないので買いなおす事もできなくなったけど、MO6本体買うなら、このお店(下画像のリンク先)でついてたケースは純正より遥かに機能的に良かったです。

※今もケースが付属しているかは確認できませんでした。


ちなみに壊れたのはファスナーのスライダーの部分で(金属製の手でひっぱるあれ)、車のドアに挟んで壊してしまった。
けっして商品のつくりが悪くて壊れたわけではないんですよね・・・

まあ。。。我慢して使いますけどね。。。


しつこいようだけど、YAMAHAのシンセのACアダプターはどうにかならんのかな。
MOTIF-RACKはノートPC用みたいなやつで、軽くて良かったのに。
普通のキーボードタイプのシンセはその辺り改良する気がないような印象を感じます。

この辺が残念・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

恥ずかしい(?)限りですが

ちょっととある方の日記みてふと。

オイラ、自分の作った曲って結構毎日聴いてるんですよね。

スタジオ練習もライブ本番のも結構聴きます。
これって・・・結構自分好きって事なのかなあ。。。

もちろんあの「えなり声」も聴いてます。
自分以外誰も聴いてないからね。

恥ずかしくはない・・・わけがない。

歌上手くなれば良いのかもしれないけど、とある方のアドバイスで「慣れろ」って言われたので、慣れようとしてます。
まあ地獄ですよ。

ああ・・・

声質云々以前にオイラって微妙にピッチずれてるんだよねぇ・・・

やっぱりちゃんとトレーニングしなきゃだめですかねぇ。。。

以前も取り上げたけどやっぱり気になる・・・↓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

封印!

今度の舞はこれまで経験してないような曲が多数。いや全部そうかな。

さすがシャッフル。こういう経験が良いわけですよ。

ただ、今回おいらのメタル・プログレ的に培ってきた音色群やフレーズは封印気味です。
我慢しきれず、持ち出すかもしれないけど。。。

このバンドでの経験はまだいずれオリジナルにフィードバックしたいな。
そして今回封印した部分はオリジナル曲で暴れることにしよう。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/02

今度は・・・

ショルダーキーボードは残念ながら壊れてしまった。
とはいえ、本体部分は無事なので、木材でまた作ろうと思ってます。

前回悔やまれた事は表面をきちんとペーパーで整えていなかった事。

まあその辺は面倒くさがりのオイラらしいのですが、次回やるのにしても手作業でヤスリがけするのもかったるいので、こんなものを買ってしまった。。。

さて、どうなる事やら。
他の事にも使えそうなので、もっぱらそっちに使うかもしれないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »