« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/29

Web Effect(ソースネクスト)が起動しない・・・?

一応仕事はIT系なんですけど、WindowsOSの操作に慣れてるかというと微妙です。

で、実は昨年春Vistaマシンに買い替えて早々に買った安価なFlash作成ソフト「Web Effect」。
ActionScriptの勉強でもしようかと思ってね。
ところがこいつがVistaマシンだと起動してくれなくて、途方に暮れていたんですよ。
(それまで使っていたXPマシンに入れてみたら動いた)

で、ソースネクストのソフトは大抵サポート用のプログラムが製品と一緒にインストールされて、それを実行すると、マシン環境(どんなスペックのPCか、マシン名は何か、入っているソフトは何か等など・・・)をテキストに出力するものがありましてね。
それの結果をサポートに送って、2ヵ月後ぐらいかな?
結局原因は不明だとの事で返金しますって言われたんだけど、お断りしたんです。
だって、対応OSにVistaってしっかり書いてあるし、何かこちらの設定が悪いのだろうと。

で、最近違うソフトをインストールして、実行しようとすると、エラーで起動してくれないのです。

うわ~~・・・Web Effectに続いて2つ目の使えないソフトかよ~~~・・・

・・・と落込んでいたわけですが。
一応そのソフトとVistaで起動しない的な感じでググってみたら、やはりOSの設定によるものである事が判明。

Web Effectと後から購入したソフトに共通していたのは、初回(だけじゃないかもしれないけど)起動時にネット経由でシリアルナンバーを認証する動作をする事。
これがどうもVistaのセキュリティ機能か何かでひっかかっていたらしく、起動しなかったみたいなんですね。

・・・にしてもこの辺の設定はOSインストール時の標準状態なんで、うごかねーって悩む人も多いのでは?

一応別ソフトの対処方法ですが、Web Effectにも適用したところ、無事動きました。

以下にその手順を。

デスクトップのマイコンピュータを右クリックしてプロパティ表示。
(またはコントロールパネル経由でシステムのプロパティ表示)

詳細設定タブに移ると、パフォーマンスって項目があるので、「設定」ボタンをクリック。
表示された画面にデータ実行防止タブがあるので、そちらに移動。

・・・でここからは皆さんの判断でどちらか。

方法その1。
「重要な~~~・・・についてのみ有効にする」を選択して設定する。

方法その2。
Web Effectのように起動時にネット認証行う処理で失敗してるようなソフトの実行ファイル(~.exe)を一覧に追加する。

セキュリティ上安全なのはその2みたいですが。

これ、たまにXPでも当てはまる場合があるらしいのですね。

たまたま違うソフトが動かなくて、ネット検索して解決方法見つかって良かったけど、Web Effectが起動しないってのは検索しても(色々キーワード試したけど・・・)見つけられませんでした。
って事は皆さん結構Vista詳しいのかな・・・

んなもん初歩的な操作だろが!って言われそうだけど。
オイラは気づかなかっただよ・・・
一年近くを経て、ようやく使用・・・してねーなぁ(笑)

・・・でも本当にこのやり方でええのかしらん?
(メーカーから何も広報がないので不安・・・)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんかさー・・・(愚痴)

気に入って使っていたものが結構近所のお店から姿を消してるんですよね。

普段使うものだけにわざわざ通販で買うのもなぁ~と。

以下こんなのが手に入りにくくなってますのじゃ。

豆乳ローション。一時期流行ったよね。
で、何に効果あって流行ったのかすっかり忘れたけど、髭剃った後のお肌のケアに良いのです。
一番これが荒れない。
風呂上がりにも良かった。

今のところ買いだめしてるのがあるんだけど、最後の1本なんだなぁ・・・

普段使ってる香水。
どこでも手に入ったはずなのに、突然扱うお店が激減した。
何故かしらねぇ・・・
実家の近所のお店の人いわく、「もう製造しなくなったのでは・・・」
うそつけ。ちゃんと売ってるお店はあるわい。。。

ヘアワックス。
どこ行っても見かけなくなった。
メーカーのページ見ると商品はあるみたいなんだよね。
普通の白い容器とか赤い容器のやつは見かけるんだけど、この透明容器のが無くなってる。
人気ないのかなぁ・・・
ふわっと仕上がるし、手がべたつかないし、よかったんだけどなぁ。。。

というわけで、オイラが良いな!って思ったものがことごとく近所のお店で扱わなくなったので、やや憤りを感じておりますっていう愚痴を書いてみました。

ふん・・・だ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/28

しょうがないな~・・・

ご要望が多いみたいなので、再度挑戦・・・してみようかなと。

何のかはご想像にお任せです。。。

01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/25

今日からこれっ!

今日は納車日でした。

フロントガラスの亀裂を機に買い替えとなったわけですが、何にせよ、新しいものはえーですな。

さすが最新の軽なので燃費も良いです。
瞬間燃費計見ながら走ってみましたが、平均して20km/lは出てるかな?
エアコン使うと多少アレですけど、良い感じ。


あと若干う~ん・・・なのは純正ナビ。
SDカード使って音楽聴こうと思ったら、有償のソフト買って、それで作ったファイル形式(セキュアなAACかMP3)じゃないとSDカード上の音楽ファイルは再生できないんです。

・・・で、CD-R(W)の場合だと、普通に作ったMP3もWMAも再生OKらしい。

なんだかアホらしい設計ですな。
自分の作った曲ですら、著作権保護的なもので、SDカード使用での音楽再生ができないなんて・・・

ちなみにそのソフト、あまり安くないわけ。
iTunesがタダで使えるこのご時世に、4千円ぐらいするの。

買わねーな~・・・

まあ、これは事前調査不足のオイラが悪いわけですが。

2GBのSDカード買っちゃったよ。。。
どうしましょ。これ。
嫁さんの車もほぼ同じ型のナビ積んでるから、そこで気づけばよかった。。。

ところで、以前代車を借りた時にも同じ失敗をしたわけですが(確かブログに書いた気がする・・・)、以前乗っていた車はコラムシフト。

今回はフロントパネルの下部についてるタイプで、位置が違うんですよ。

いや~・・・やっぱりやっちまいました。

駐車場とめるためにバックにギアを入れようとして、見事に左手空振り。

しばらくはこれやっちゃうだろうなぁ。。。

01
背景ぼかしたら、なんか犯罪の匂いがする写真になっちゃったけど(笑)


そして、ナンバーは当然アレです。

う・・・うーん・・・(笑)
02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/24

ほんの少し注目

今年のNAMM SHOWが終わったみたいですね(気づくの遅い?)。

各メーカーのサイトをチェックした印象ですが、某Y社はあまり新鮮味がなかったけど、K社はそれなり。
そして相変わらずR社は元気に見えますね。
いや、あくまで「シンセ関係」に閉じた範囲の話ですが。

特に今消えつつあったショルダーキーボードがここにきて再び発売。
今まではシンセをコントロールするためのもので、いわばオプション的な存在だったのが、新製品はシンセ内蔵。
つまり本体だけで音が出せるって事で、これは・・・いや、買いませんよ。
オイラ、ショルダーキーボードは似合わない派ですから。
でも、面白そうではあります。
http://www.roland.co.jp/products/NAMM2009/index.html

他にもVP-770。
これはVP-550の後継なんだろうけど、ちょっと使ってみたいんですよね。
早い話ボコーダーの発展形で、一人聖歌隊とかできちゃうわけ。
これならクィーンばりの重厚なコーラスもできるんじゃない?
・・・まあ、高くて買えないってオチになるけどね。。。


で、現実的な話として、最も興味があるのがこれ。
http://www.roland.co.jp/products/jp/BA-CS10/index.html

小型MTR、Micro BR向け(主に)に発売されるそうですが、内蔵マイクもなかなか良かったけど、モノラルだったから、ステレオになるのはありがたい。

でもまあ、MicroBRでのマイク使用はVo録音にしか使わない予定だから、必要性もないかなぁ。
すでにSonyのステレオマイク持ってるし。

それとどっちが良い音だろう。
誰か比較してくれないかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最低限

今日、会社帰りに家電量販店に寄ってみた。
なんて事はないけど、ビデオカメラやデジカメの最新機種、何か面白そうなPC用ソフトなんかをざっと見て回るのが好きだったりします(某芸人さん達と違って家電コーナーはほとんど見ないんですが)。

今日は珍しく電子ピアノ、ファミリー向けキーボードコーナーものぞいてみたんですが、目をひく機種が一つ。

それがこれ。
CASIO CTK-5000

この値段でシーケンサー内蔵。ちょっとした曲なら本体だけで完成できる。
それだけじゃなく、サンプリング機能もあったりと侮れない。

キーボーディストの中には自分の機材を持ち込まず、スタジオやライブハウスのを使用する方をたまに見かけますが、僕は自分のキーボードを持つべし!という持論があります。

経済的な状況などで自分の機材を持つことが難しい場合もあるでしょうが、最低限、この機種ぐらいのスペックのものを持ってると結構長く、しかもある程度応用が利くんじゃないかと思います。

以前最も使いにくい音源方式FM音源搭載でしかも鍵盤を弾く強さを感知しない機種で、ピアノ曲を弾いてた方がいて、かなり気の毒だった。FM音源なんてリアルなピアノの音が出せないうえに、その機種は強弱が付けられないのだ。
このようにライブハウスの事情によってはライブの出来が大幅に左右されちゃう事だってある。
あの時自分の貸せば良かったなぁ・・・

んー・・・それにしても、部屋がもうちょっと広くて、もっと稼ぎがあったら(←これが一番深刻・・・)これ買ってたな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/22

奈良の鹿

さて、タイトルのダジャレは放っておいてもらって、本日こんなものを買いました。
実は以前も持っていたのですが、諸事情で手放したんですよ。

手放していたのをずっと後悔してたのですが、今日偶然お店で発見して、即購入。

01

これは映画化する際に「原作がないとねぇ・・・」と渋られたので、それじゃ~原作作ったろうやないかい!
って事で描きはじめたものだとか。

内容は映画とは結構違います。

ただ、映画で何故地球はあんな世界になっちゃったの?とかそういう疑問も解消してくれてます。

映画版が好きで、なおかつ、結末をきちんと知りたい方は是非購入を。
登場人物の設定も微妙に違ったりして、最初違和感は感じますが、そのうち慣れます。

・・・って結構前に出版されているので、持ってる人も多いかな。

オイラ、まともにマンガを読むのは数えるほどです。

・三国志(横山版)
・ファイブスター物語(早く続きはじまらねーかなぁ・・・おいら生きてる間に終わるのだろうか)
・20世紀少年(嫁さんが大人買いしてきた・・・)

んで、ナウシカ・・・の4つか。

今度は手放さずにいようっと。

とにかくこれ、7巻目で泣けます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

風景画作成

最近こんなソフトを買って遊んでます。

まだ使いこなせていないんだけど、将来的に自分の曲のPV風映像なんかが作れるんじゃないかと思って。

テキトーにいじっているだけでもなんか地形図とか出来上がってきます。
昔プラモのジオラマとか作っていた気分かな?

まともな「作品」ができるのはいつのことやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/20

機械的音声楽

新製品でるみたいですね。
YAHAMAの開発したVocaloidのパッケージ製品。

Gacktが声データ提供した製品にもおお!?って思ったけど、今回は初音ミクでおなじみのメーカーから。

今回の目玉は日本語のみならず、英語ライブラリも含まれているそうで。

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv03.jsp

僕はどうもこのアニメチックなイメージキャラを前面に持ってくるのに馴染めないのですが、合成音声としての技術には大いに興味あります。

オイラのVoよりははるかに上手いんだろうけど、求めるものとは何か違う気が。

いや、たぶんこれ使わない一番の理由は、データ入力が面倒だからって事だけだと思う。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだなんですよね・・・

まだ楽器弾いてません。。。
んー・・・このままだと1月終わっちゃうなぁ。
目標も達成できてないし。さて、どうしようか。。。

最近は息子がおもちゃのキーボードに反応するようになりました。
弾いてるというより、破壊的行為。

まあキース・エマーソンもそうだったし。
ロックだね。

たまに自分で自動演奏ボタンを押して、曲が流れだしてびっくりしてますが。

01

こいつの改造はあきらめました。もう息子のもんです。
ヨダレでベトベト・・・・・

さて、ほんと何かやらんとね。

あんな話やこんな話も来てることだし。

さて、今年始動ですか?

02


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/18

好みは人それぞれって事で

久し振りにプログレ~?的な話でも。

いえね。
この前BeatJamってソフトで音楽聴いてるって話を書いたわけですが。

ライブラリ整理中、YESってバンドのCDを結構未だライブラリ化(WMA化)してなかったなと。

でもって今日は外出もできないし、その辺の整理でもしながら大人しくしてようかと。

実はおいら、プログレ好きって本当は言っちゃいけないような気もするのです。
4大バンドで良く聴くのYESぐらいですから。

クリムゾンも嫌いじゃないですが、好きなのは一般的に知られてる1stより「RED」か「太陽と戦慄」。
1st~REDまでは一通りって感じだけど、どれも腰据えて聴いた事はないですね。

EL&Pは前にも書いたとおり、あれはロックやるキーボーディストならまず持っておくべき資料ですから。
好きとか以前の問題。
いや、もちろん好きな曲も沢山ありますよ。
他の人たちによる演奏で(笑)

ピンクフロイドは6枚ぐらい聴いたかな?
僕は「Wall」かなぁ。「鬱」も良かった。
有名な「狂気」はあまり・・・。
「Money」だけが唐突って気がして・・・

でもまあ、いずれにしても、それしか聴いてないの?って話じゃないかと。
本当のファンからしたら。
たぶん。

で、YES。
これまた本当のYESファンには怒られそう(?)なものが好み。

まずトレヴァー・ラビン時代の曲が好きなわけですよ。
80~90年代YESが。
そして同時期のABWHとそれによるYESの曲の演奏が。

特にオイラABWHによる「危機」が「危機」初体験だったわけで、このときのアレンジ、演奏が最高だと思ってる人間です。
70年代のライブアルバム聞いたけど、僕には全然、音もアレンジも馴染めませんでした。

で、8人YES時代のライブDVDなんか持ってて、ほとんど70年代の所謂往年の曲を披露してるんだけど、それは実に良いんです。
(あ、でもその8人YESでのアルバムは確かにひどかったですな・・・)

LynusでRoundaboutコピーした時も原曲どおりは嫌で、その8人時代のアレンジでよろしくってお願いしちゃったし。

結局オイラ、タイトにアレンジされてないとダメみたいで。

・・だとすると、オイラがプログレ好きって矛盾してないか?・・・と。
プログレってもう思いついたものを全部持ってきましたってものが多い気がしますもの。
余計なものは削るとか、そんな発想があまりない音楽っていう気がね。

しかしな~
じゃあ、今度どんな音楽が好きなの?的な質問受けたらどうしましょうかね?
「キーボードロックが好きです」なんて言ったら「?」ってなるかベン・フォールズ・ファイブみたいな音楽を連想されちゃいそう。

まあ、音楽ってのは結局、言葉では伝えきれないっていう事で・・・今日のエントリーは締めたいと思います。。。
(だんだん収拾つかない乱文になってきたんで・・・)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/17

やっと復活・・・

風邪ひいちゃいました。
ここ2日、会社にメールを出すのがやっと。
本日ようやく80%復活です。

高熱と下痢、そして嘔吐と、いや~今回は参りました。。。
特に下痢と嘔吐のダブル攻撃には。。。。

でもちょっと痩せたかな・・・なんて。

皆さんもお体にはお気をつけて・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/14

ふと気づいた機材選びの傾向

ふと気づいたってのは正しくないのですが。

過去一部機種を除いて、ライブに使用する機材(楽器、レコーダー、デジカメ、ビデオ)に共通する事があります。

それはデータの保存媒体がメモリー半導体であるという事。
SDカードであったり、コンパクトフラッシュだったり、USBメモリだったり。
最近ライブで使わなくなりましたが、MTRもそうです。

それだけじゃないんですよ。

例えば携帯音楽プレーヤーもメモリータイプ。
今使っているカーナビもメモリータイプ。
(次買い替えが決まっているのはハードディスクですが)


要はハードディスクタイプを避けてきたわけです。

ちょっと古い考え方なのですが、ハードディスクは振動に弱いというのが頭に刷り込まれていましてね。
多分、ノートパソコンが普及した時から、かなり耐久性はあがってるんだと思いますが。
よほどの事じゃない限り壊れないと思うのですが・・・
それでも、ちょっと持ち歩くのが恐いな~と。

そしてもうひとつ。

ハードディスクは磁気ディスクを回転させるモーターの駆動のために、メモリータイプよりも消費電力が多いという事(と、これはどこからかの受け売り的な情報ですが)。
僕は出先で電池(バッテリー)を使いたいので、製品の選択肢が電池を使うタイプとなると圧倒的にメモリータイプが多くなります。

もっともオイラのCanonのビデオカメラはメモリー式にして、せっかく消費電力が少なくなった(はず)のに、バッテリーも小さくしてしまったため、結果的に録画時間は長くなっていないのですが。。。。

しかし、そろそろこのメモリーカードとやらも統一して欲しいのだけどねぇ・・・

01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

CDで音楽聴いてますか?

最近はPCで音楽を聴く機会が増えてます。
CD買ってきても、すぐにリッピング、圧縮して、ライブラリ化してしまう。
音楽聴く機会は今こうしてブログ書いてるときか、通勤時に限られてきた。
以前は音楽を聴く時間ってのをわざわざ作っていたのだけれど。

以前購入したCDラジカセもCDを再生せず、PCで作ったWMA形式ファイルをUSBメモリにコピーして、それをCDラジカセに接続して聴いてます。ほんとCDを直接再生させなくなっちゃいました。

で、PCで音楽聴くときはこんなソフトを使っています。

BeatJam 2008 DL版


有償ソフトですが、おいら、iTunesを使わない理由が、今までWMA形式で作ったファイルが大量にあったから。
・・・なのですが、使い勝手はiTunesに劣らず良いです。
iTunesとの連携もできるし。

扱えるファイル種類も豊富。しかし、今度買う車に付いてくるカーナビのオーディオ機能はWMA形式使えないんだよなぁ・・・
MP3形式は音がいまいち。AACファイルを使った方が音質的にお得なのかな。

ところで、自主CDを作られてる皆さんにお願い。
iTunesとかで使っているCDDB(曲名などをネット経由で取得できるDB)に自分でも登録できるんですよね。
なので、自主CD作ってる方々にはぜひともCDDBへの登録をお願いしたいところです。

話はそれますが、mixiのおいらの画像、あれは息子じゃなく、おいらの写真です。
オイラがキーボード(おもちゃのピアノ)を弾いてる最古の写真なので。
余計な部分(隣に兄が写っていたのだが・・・)を省いてます。
何を表わしてるのかわからんって思われそうなので、一応解説しておきます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/11

ご対面~

昨日のエントリーで少しだけ触れたが、昨日僕の両親が東北から訪問していた。
目的はもちろん孫にあうため。

以前母は一人で会いに来たのだが、今回は父の膝の具合も良くなったとの事なので、来ることに。
1週間前に来るっていうからたいしたホテルも用意できなかったよ。。。


それにしても、我が父の孫とのご対面は予想外でした。
いや、よい意味で。

オイラにとってはやや厳しく、気難しい父でしたが、孫の前ではデレデレ。
公開できないのが残念だが(してもたぶん誰も興味ないだろうが・・・)、見たことの無い満面の笑みでした。
いや、もしかするとオイラが幼い時もこうだったのかもしれない。

そんな父を見て、子育ての疲労感が多少薄れた気がします。


たった1泊2日の滞在だったけど、満足したのだろうか。

息子は見知らぬじーさんの訪問に緊張してたかも。

いや・・・しかし撮った家族写真を見ると、両親も歳とったな~と改めて実感したのであります。

息子よ・・・次会うまでに「オコヅカイチョウダイ!」って言葉、覚えようね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いやー撮った撮った・・・

我が家には現在コンパクトデジカメ3台、デジタル1眼レ1台、フHDビデオ1台、デジタルムービーカメラ1台という状態です。
そこまで映像好きってわけじゃないです。
どちらかというと被写体が好きなわけで・・・

それぞれの機種の製造年が異なっているので、単純な性能比較はできないけど、やっぱりメーカー・機種によってかなり写真の出来は違いますね。

今年の年賀状は子供写真のアップでしたが、あれはEOS Kiss X2です。
それからCASIOのEX-Z250は人物撮影には強いイメージです。
なんか肌がきれいというか。うちの子なんて結構乾燥で頬が荒れてるんですが、それすら感じさせない仕上がりになります。
まるで・・・浜○あ○みみたいな。
CanonのIXY(2年前の機種)はその辺りをシャープな色あいで再現して、肌荒れも容赦なく撮られちゃいます。

実は今日両親が孫(我が子)に会いにきたので、一時撮影会となってしまいました。
今撮ったものを確認していたのですが、なかなか各機種間の差が面白いですね。

好みはひとそれぞれなので、なかなか言及しにくいものがありますが。
やはり1眼レフはダントツによいですな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/10

実は好物

いやね。子供用のおもちゃを見てるうちに自分も欲しくなったものがある的な話を書いたと思うのですが。

そう、模型(プラモ)ってやつ。

で、オイラが特に好きだったのは合体モノのロボットだったんですな。
まあ知識は80年代で止まっていたわけですが。

で、最近そういうお店(おもちゃ売り場)に行くようになって、ふと、その頃の何のアニメか分からないけど、とにかく合体ロボットってのがプラモ化されていたような~なんて思い出しましてね。

とはいえ、そんなわけわからないもの、今どき売ってるわけもなく。

いや、正確に言うと、コンバトラーV・・・かな?そんなやつのおもちゃは売ってたりしたんですよ。
あるいは同年代のキャラクターのプラモが。
でもおいらその辺、リアルタイムじゃないし。

しかも、もう20年近くプラモなんて作ってなかったので、まあ時間もあまりないし、お金かかるし・・・
なんて思っていたら、ふと食玩って手があったなと。

で、いつも夕食の材料買いに行くスーパーの食玩コーナーを見てたら、ありましたよ。
当初の思惑と異なり、戦隊モノになっちゃいましたが。まあこういうのも嫌いじゃないです。
僕の中では「サンバルカン」で止まってますけどね。

ゴーオンジャー?見たことはないけど、何々?・・・全部で・・・え、9種類?
これ全部そろえろっていうの?
戦隊ものって5人とか3人じゃないの?9人もいるの?

・・・とか、そんな事を考えつつ商品を見ていたら最少構成は3つで済むらしい。
なので、その3つをとりあえず買ってみました。
要はプラモづくりのリハビリとして食玩のミニプラモを作ろうと。

・・・しかしこれが甘かった。。。

食玩といえど、最近のは部品数も多くてしかもしっかりとしたつくりなんですね。。。

予想以上に組立に時間かかっちゃいました。

もうぐったり。。。

懲りました。たぶんもう買いません。。。
嫁さんにもあきれられたし。この歳で何やってんだ・・・と。

01



プラモ売り場を見てふと、今でもガンダムって人気なんですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/08

モテ期1回目はもう終了?

先日の話です。

うちの子も半年後はもう保育園に通ってもらう事になると思い、今保育園を物色中。
少子化とはいえ、保育園の数も少なくてどこも一杯なんですよねぇ。。。

で、昨日は近所の保育園で一般公開するお遊戯会みたいなのがあって、そこにお邪魔したそうです。
実はそこにお邪魔するのは2回目。
中にはうちの子を覚えてくれてる子もいたらしく、可愛がってくれたとか。
それもいずれも女の子。息子よ。お前のモテ期は早くも1回目終了か?

で、その我が子ですが、同世代かちょっと上の子供たちにはあまり興味を示さないらしい。

ところが綺麗なお母さんが近くを通ると、笑顔で愛想を振りまいてるらしい。
で、所謂おばさんには見向きもしないとか。

笑顔で見られるものだから相手の方も、気を使ってくださるのか、可愛い~~!って言ってくれるとか。

こらこら。。。
そういう事は、出先でお父ちゃんが抱っこしてる時にやりなさい!(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

実は・・・

まだ楽器の弾き初めをしてなかったりします。

皆さんはもう済みましたか?

今年最初は何を弾こうかな。

それ以前にオリジナルの歌詞書かなきゃ・・・
昨年の課題でしたが、せめて今月中に完成させたいなぁ。

今年は音楽も含めて色々「創造」したいと思っています。
さて、どうなることやら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/01/06

映像の話題ばかりだったので・・・

ここは「鍵盤Rockerの寝言」。
少しキーボーディストらしい事も書かねば。。。

というわけで昨年もまたライブ機材はYAMAHA MO6のみで行いました。
多分壊れない限りはこのままで行くと思います。
今回はMO6の気に入ってる部分なんかをこの前のライブを例に出しながら話したいと思います。

MO6って意外とヴィンテージ系のキーボードサウンドに強いんですよ(とオイラは思っている)。
あの無機質な外見から想像できないかもしれませんけどね。
オルガンはちょっと癖が強いのですが、メロトロンのストリングスやフルートの音もそれっぽい音があらかじめ用意されていたりします。

今回(昨年12/20)フェンダーローズ系のエレピの音色を多用しましたが、これ、ステレオで出せばオートパン効果で左右に音が揺れていい感じになるんですよ。
強く弾いた時の歪み具合も結構良いんですよ。もっともあの爆音でその違いが分かる方がいらしたかどうか・・・

それから沼津AuditionのPAさんの癖から、モノで出した方が抜けが良いみたいなので、ここ最近はモノラルにしてます。
結構モノで出すと音抜けが良いというのは根拠はワカリマセンが、良く目にする意見ですね。
場所によりますが、最初からモノですって言われると、ちょっとムっとするんですけどね(笑)

それからピアノ。
YAMAHAらしいふっくらしたピアノなんですが、今回はフィルター全開気味にして、ハウスサウンドでブームになったM1(KORGのね)ピアノを彷彿とさせるようなシャープな音にしました。
これはピアノ音色でソロを弾く事を想定して、音抜けを良くするためです。何せ周りが爆音なので・・・以下省略。
さらに僕の技術では打鍵の強さにバラつきがあるので、ある程度音圧をそろえる意味もあります。
コンプかけると、ちょっとピアノロックで多く聴かれるようなサウンドになって、そもそも好きな音だって言うのがあるんですけどね。
まだMOTIF ESをライブに使用していた頃は、スペックの関係で余裕があったので、Lynusでお馴染みだった「私は風」のピアノサウンドでコンプかけてました。

MO6であれ、MOTIF ESであれ、音色チェンジで音切れしないようにするにはマルチティンバー・・・つまりソングモードで鳴らせば対処できます。
ただ、この場合ペダルを使った音色チェンジができません。
本体右側のトラック選択ボタンで演奏トラック切り替えを利用して音色チェンジを行います。
鍵盤を押した状態で音が鳴っている状態からトラックボタンを押して別のトラックを選択。
その時はまだ切り替える前の音色で鳴っています。
そして鍵盤から手を離し、再度弾くと、新たに選択したトラックに割り当てた音色に切り替わります。
MOTIF ESの場合サスティンペダルもこの時活用できるのですが、MO6だとペダルを踏んでトラック切り替えしちゃうと、切り替える前の音が鳴りっぱなしになっちゃいます。
この辺ちょっと残念ですね。

またパフォーマンスモードと言って、複数音色を同時に弾くモードがあるのですが、そのセッティングをソングモードへインポートする事も可能です。

ソングモードをパフォーマンスモード的に使える事に気づいたのはMO6購入直前だったんですけどね。。。
もう少し早ければMOTIF ES1台でライブこなせたのになぁ。

今回は「Get It Get It」って曲でこれを利用しました。
右手パートはエレピ、左手パートはオルガンといった具合にしてます。
オルガンはモジュレーションホイールでレズリー回転速度を変えられるのですが、エレピにもモジューレーション効果がかかってしまうため、エレピパートに対して、モジューレーション効果OFFなんて事もできます。

この複数音色同時使用の応用例は以前のエントリー記事で動画にしてるので、ご覧ください。
MOTIF ESでも同様の事が可能です。

これの超応用はやっぱりこのお方でしょうな。
http://jp.youtube.com/watch?v=KyHxBiDlnrQ


12/20のライブはシンプルな音色で固めましたが、Lynusやンバンバでは結構凝ったセッティングをしていたつもりなんですが・・・
あまり気づいてもらえないって所がキーボーディストの悲しいところです。
まあ自己満足的な側面が大きいので、別に良いのですが。

まあ、あれです、キーボーディストはステージに立つ前からある意味演奏が始まってるのだ!

ところで、MO6そろそろ製造終わりそうだなぁ・・・
ヤマハの最新シンセって、内蔵シーケンサーで定評があったステップ入力(鍵盤弾けなくても打ち込みができる演奏データ入力方法)、なくなっちゃったんですよね。
だからステップ入力が有る最後のシンセとしてなんとしても頑張って欲しいところなんですよ。。。
CUBASEを売りたいのは分るけど・・・


関連記事
http://studioyozakura.cocolog-nifty.com/negoto/2008/09/1-a315.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/05

ライブ映像編集記録

別に苦労話をしたいわけではなく、ライブ映像編集の参考にでもなればと思って書きます。
他にもやり方があるのかもしれませんが、今回やった作業を手順書的なものとして記しておきます。

結構長文になるので、興味のある方はご覧ください。

ライブは昨年12/20に行われた「音楽仲間の舞 Vol.16」のRI⊂OMO⊃IЯの模様です。

以前にも書きましたが、普段ビデオカメラ1台、撮影者無しの為三脚固定となるので、ライブ映像は常に同じ箇所を映す事になり、映像に変化がなく面白みに欠けるなと。

そんなわけで、今回は動画撮影に強いコンパクトデジカメと安価なムービーカメラの2台で撮影。

フルHD対応ビデオカメラを使用しなかったのは、オイラの編集に使用するPCのスペックを考えた場合、フルHD形式の編集だと処理が遅くて編集作業に膨大な時間を要するため、今回は複数カメラでの撮影テストの意味もあって使用せず。

で、2つの動画ファイルと、RolandのR-09で録音した音をミックスするわけです。

使用ソフトはUREADのVideoStudio12。

まず大まかな作業の流れは以下の通り。


1.土台となる動画ファイルをビデオトラックに配置。
2.音声ファイルを配置(事前に音声ファイルを編集しておく)。
3.土台の動画に音声ファイルを手作業で同期させる(タイミングを合わせる)。
4.別アングルの動画ファイルをオーバーレイトラックに配置。
5.4.の動画ファイルを3.の音声ファイルに手作業で同期させる。
6.5.の動画ファイルを必要箇所を残してカットしていく。
7.チャプター設定してDVD化する。

1.土台となる動画ファイルをビデオトラックに配置。

VideoStudio12の場合ビデオトラックに貼り付けるビデオは最初に表示される動画ファイルとなるので、デジカメで撮った綺麗な方をベースにビデオトラックに貼り付け。
ビデオトラックはタイムラインが0から始まる事がどうも必須らしいので土台となる動画ファイルを当てはめます。
で、今度はそれを再生確認しながら、基準になる場面を探します。
何の基準かというと、別に録音した音声と同期させるための、映画撮影でいうところのカチンコに相当する場面です。
今回は演奏直前の某ギタリストさんの「いえ~~~い!」の掛け声が切れるタイミングにしました。これを基準にそれ以前の場面をカットします。
01


さらにこのトラックの音声をミュートします。


2.音声ファイルを配置(事前に音声ファイルを編集しておく)。

さて、今度は別ソフトInternet社のSound It!を起動。
別録音した音声ファイルを編集します。
これは事前にやっておいても良いでしょうが、土台となる動画の目印を決めてからの方が良いので、このタイミングにしています。
先ほどの目印となる「いえ~~い!」の声の場面で目印をつけ、一度その前の部分を削除します。
先ほどの動画ファイルのタイミングより気持ち遅れる程度のところに目印をつけた方が良いと思います。
全体にEQで音質調整(・・・は、やらなかったかも)、コンプなどで音圧を整えたらWAV形式で保存。
MP3形式にしないのは、保存時に圧縮されて、また音質が低下するから。
タダでさえ録音時にMP3に圧縮されているので、編集後のファイルはなるべく劣化しないように保存します。
ここで、マシンの能力をビデオ編集につぎ込むため、Sound It!は終了。


3.土台の動画に音声ファイルを手作業で同期させる(タイミングを合わせる)。

その保存した音声ファイルをVideoStudio12の音声トラックに貼り付けます。
ここで、プレビューし、若干音声が早く再生されていればOK。
音声ファイルのタイムライン上の移動は動画に比べて楽(PCにかける負荷も少ない)だし、ビデオトラックに貼り付けたのはタイムラインを後ろにずらせない為です。

何度かマウスで動かして、試聴してみて音声ファイルの位置を決めます。映像とタイミングが合ったら作業終了です。
これでビデオトラックと音声トラックの同期作業が終了。
この時点でプロジェクトを保存しないと後で泣きを見ます。

4.別アングルの動画ファイルをオーバーレイトラックに配置。

ここで別なカメラで撮影した動画ファイルをタイムライン上に持ってくるのですが、トラックは「オーバーレイトラック」という所。

その前にビデオトラックの所で右クリックして、トラックマネージャを起動し、オーバーレイトラック#2も有効にします。

02_2

さきほどのビデオトラックをオーバーレイトラック#1に移動させ、動画サイズを小さくして、ぎりぎり表示するまで小さくしちゃいます。
これはビデオトラックそのままだと画面全体に表示されているのが気になるので。
気にならない場合はオーバーレイトラックは#1のみ使用して、別アングルの動画を追加すれば良いです。
今回はオーバーレイトラックを2つ使って、別アングルのタイムライン位置調整に集中するためにこうしてます。

そしてオーバーレイトラック#2にまだ未編集の動画ファイルを配置します。
オーバーレイトラックは配置した段階では画面サイズの中央に縮小された状態になっているので、画面いっぱいに表示されるよう四隅を拡大して調整します。

台形にするとカッコ悪くなるので注意。4隅の四角をドラッグするとこうなっちゃいます。
03
こういう効果を狙うなら別ですが・・・

今回のような場合は、マウスポインタの矢印が変わった箇所で拡大するようにしてください。
04

そして最後に配置した動画ファイルの冒頭をカットしていきます。
土台となる動画ファイルが先ほどの「いえ~~い!」の場所でカットされているので、こちらの動画ファイルはそれより後にスタートするようにするためです。

5.4.の動画ファイルを3.の音声ファイルに手作業で同期させる。

このオーバーレイトラック#2のファイルは先ほどとは逆に、音声に合わせてタイムラインを調整します。
調整が終わったらオーバーレイトラック#2の音声をミュートし、オーバーレイトラック#1のファイルをビデオトラックに戻します。
ちなみに今回オーバーレイトラック#2の動画は映像が真っ赤だったので、この段階でホワイトバランスを調整していますが、使用するカメラによってはこの作業は不要です。

さて、これで音と映像の同期作業は終わり。
この状態で再生すると、冒頭が土台のビデオトラックの映像が出てきて、すぐにオーバーレイ#2の動画映像に切り替わります。

6.5.の動画ファイルを必要箇所を残してカットしていく。

ここからアングル切り替え作業に入ります。

土台となる動画はオーバーレイトラック#2に配置された動画に邪魔されて見えなくなっているわけです。
なので、土台の動画を表示させたい時間帯はオーバーレイトラック#2の動画をカットすれば良いのです。
05

このカット作業はかなりの時間を要しますし、実行回数も膨大になります。
なので、ここからは何度か作業を実施したらプロジェクトを保存するようにした方が良いでしょう。

VideoStudio12はアンドゥ回数が結構多いのですが、その分メモリーを食います。
で、作業した内容を覚えきれなくなると、異常が発生し、ソフトが強制的に終了しちゃいます。

なので、カットする作業を何度か実行したら、プロジェクトを保存した方が良いのです。
じゃないと突然ソフトが落ちて・・・あ~~~!!ってなります(って事は経験済みって事ですな(笑))
もっともこのソフトはある程度ならソフトの再起動時にある程度、修復してくれます。MS-WORDみたいに。

ちなみにオイラのマシンは2GBのメモリを積んでいますが、3GB、4GB積んでるともっと余裕があるかもしれないですね。
Vistaは3GBまで認識しないので、4GB積んでも違いが出るか不明ですが。。。

オーバーレイトラックのカット作業が終われば、あとは自由にタイトル入れたり、映像にエフェクタ処理をすると良いでしょう。

1/8追記--
冒頭と最後の映像をそろえるために、冒頭何秒か、最後も不要箇所を全トラック削除します。
そうすると再生時あたかも1つの動画ファイルのようになります。
--

今回は複数アングルの撮影テストを兼ねていたので、これ以上凝った作業はしません。

なお、今回は市販のソフトを使いましたが、これは使用したカメラ(CASIOのデジカメ)の動画ファイルがMOV形式だったので、OSについてくる「Windowsムービーメーカー」に対応してなかったためです。
さらに、DVD化する時にチャプター画面なども作りたかったために市販ソフトにしました。
ASFファイルやWMV、AVI形式(もいけるかな?)だったらムービーメーカーでも同様の事ができると思います。

他にもっと効率良いやり方あるのかもしれませんが・・・
今回用いた手順は以上です。

もう少しムービーカメラの画質が良かったらなぁ・・・
まあ、1万円前後じゃこんなものですかね。。。

もうちょっと気合入ったら、フルHD対応のビデオも使いたいですね。
(スマートレンダリングとか使えば良いんですけど、それはそれで時間かかるしねぇ)
そうすればアングル3箇所だ!!

今回使用した機材・ソフトは以下の通り。

Kenko DVS500

CASIO EXILIM EX-Z250

下は今回ビデオ編集に使用したソフトの最新版。

音声編集。

録音。

なお、この作業、自分の演奏を何度も何度も見返すので、はっきり言って精神的にヤられます(笑)

※記事中の画像は今回記事のエントリーにあたって、記事用に作成した画像です。実際の作業中の画像ではありません。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009/01/04

今冬の秘密(?)兵器!

これは年末購入したものですが、何日か使っていて、効果を感じ始めています。

夜エアコン効果で、部屋が乾燥しすぎて、子供の鼻とかかなり危うい状態になってきたので、思い切って買ったのですが、正解でした。
某Y電機で購入したのですが、春のパソコン強化月間とデジカメ2連発購入で結構ポイントが貯まっていたので結構安く買えました。

フィルター交換不要など、ものぐさな我々(オイラ一人だけ?)にはもってこい。
欠点はちょっとでかいかな・・・ぐらいですかね。
動作中も静かです。


MITSUBISHI(三菱電機)ディスク気化式加湿器SV-DK808-W

おかげでオイラの肌も息子に負けないぐらいみずみずしくなってます(大嘘)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/03

ご成約~~

新年早々大きなお買いもの。

それは・・・

車!!

オイラの車(ムーブ)のフロントガラスにヒビが入っていたんですが、ガラス交換に結構お金がかかるとの事。
もう古いし(でも7年半か・・・)、燃費も悪くなってきたし、これ以上今の車に投資するのもなぁ~って事で買い替えを決意。

同じメーカーですが、今回はムーブよりランク下、一番安い車種にしました。
燃費もカタログスペック上は25.5km/lと悪くないし。

とはいえ、上位グレードかつカーナビその他もろもろを付けたので、結局前回ムーブ購入時とたいして変わらない値段に。

不満があるとすればナンバーがねぇ・・・
まあ、これはすぐに気にならなくなるんでしょうけど。

20090103

納車は今月内だとか。

楽しみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »