« 弾けなくなってる・・・ | トップページ | ある日見かけた、シンセをライブ現場で借りた事例の問題点 »

2009/03/25

人生の節目に新しいシンセ!

・・・って、新生活フェアとかそんなのに便乗した話なんですけどね。

オイラの人生、節目に新しいシンセ買ってたな~と。

高校入学、YAMAHA EOS B500

初ライブを前に、KORG X3

大学入学、Roland XP-50

初ボーナス、YAMAHA S30

彼女にフラレた(笑) YAMAHA MOTIF ES

結婚を前提の新居に引っ越し(を前にあらかじめ購入) YAMAHA MO6

とまあ、一部こじつけもありますが、こんな感じ。

徐々にパワーアップして、プロ用までたどり着いたけど、最後はやっぱり中級者向けに落ち着いたと(笑)

でもネットショップの新生活フェア的な商品一覧を見てると、今のシンセって仕様的にはとても贅沢。
音も高品位だしね。

ここでたわごとを言わせてもらうと、シンセは自分の音を作る楽器。
だからスタジオ、ライブハウス備えつけ機材なんて使わず、自分用のを手にしてほしいですね。
そしてじっくり自分用にカスタマイズしましょうよ。
坂本龍一氏は最近のは高機能だが、間違った使い方ができない的な発言をYAMAHAのインタビュー(確かMOTIF ES発表の頃だったと思う)に言っていたけど、おいらはそれは違うと思う。
自分ならではの使い方なんていくらでも見つけられます。それはたとえメーカーが想定してなかった使い方(間違った使い方)だったとしても。
だから最近の機種だって「間違った使い方」は十分できると思ってます。
逆に機種が変わればまったく別の楽器と思った方が良いです。
そのぐらい違う。だからこそ自分用のを持つべき。

そして新しい方が音良いしね。

80年代後半?90年代前半かな?
It BitesってバンドのライブDVDを見た時、当時の最新デジタルシンセを駆使していたようだけど、シンセの音の細さに時代を感じましたよ。


未だにオイラはライブ派な方にはYAMAHA MO6をイチオシなわけですが、最近はKORGのM50も気になりますな。
RolandのJuno-Gも良さそう。
何にしてもまずこの価格帯(10万円前後)の機種なら、まず不便しないです。
ライブ派にも運搬に負担にならない程度の重さですし。
MO6はちょっと重いかな。。。

数万円台の機種も決して悪くないですが、いざという時にできない事が多かったりします。
ま、これはあくまで僕の経験の中での話ですけどね。

結局話は戻っちゃうけど、運搬手段がないとか、人によって諸事情はあるかもしれないけど、まずは自分用のシンセを持とう!・・・と。
オイラはそう思います。

これからバンドを始めようと思ってるキーボーディストの皆さんどうでしょうかね。

お前の薦める楽器買ったけど、イマイチじゃねーか!とか言われても責任は取れませんけど(笑)

-広告-
当ブログお勧めシンセは楽天で




|

« 弾けなくなってる・・・ | トップページ | ある日見かけた、シンセをライブ現場で借りた事例の問題点 »

シンセの話」カテゴリの記事

コメント

人生の節目に新しいシンセを買ってしまった!!っていう日記かと思って、喜んでクリックしてしまったwww

ちなみに私は人生の節目でもなんでもないのに、サクサクと楽器を購入していますorz

確かにシンセ奏者の方々は、スタジオ備え付けのシンセではなく、マイ・シンセを持ち込んで欲しいなあとは思いますねー。

僕もそろそろハードシンセ、一台欲しいなぁ~。

投稿: 仙 | 2009/03/25 08:49

#仙さん

期待を裏切って申し訳ないねぇ。。。

>ちなみに私は人生の節目でもなんでもないのに、サクサクと楽器を購入していますorz

いや・・・おいらも人生の節目「だけ」に買ってるとは書いてなかったりして(笑)

都会は電車中心だからキーボーディストにはつらいのかな。
でも社会人ともなると、マイアンプ持ち込みのギタリストとか少なくないよね。
運搬の大変さはどのパートも一緒ですよねぇ。。。

で?ハードシンセは何を狙ってるの?
やっぱOASYSだよね~~~~(笑)

投稿: Hide | 2009/03/25 21:37

どの機種もそれぞれ良いので、世間で評判のいいやつ、売れてるやつを買っておけば無難、そこから先は使う人次第・・・なんて言うと身もフタもないか(笑)。

プリセット音が何千とあっても、実際に気に入って使う音色はほんの少し。自分の普段の活動から何の音をいちばん使うか、重要か考えて店頭で試奏をして、その音がいちばん気に入った機種を選ぶと良いと思います。私の場合はまずストリングスが基本線です。次にブラスとエレピあたり。

それと鍵盤のタッチが自分の感覚に合うかどうかですね。数万円台のシンセは音色は使えると思いますけど、タッチに不満がないかどうかがポイントのような気がします。3社の違いも結構あって、昨年KORGからRolandに乗り換えて「やっぱオレにはこれが弾きやすいわー」と感じました。長年使うならこれも重要。

いや、別に演奏のことじゃなくても、フットワークの軽さがいちばん大事なら可搬性重視でもいいわけですよね(X50いいなー)。買う前に、自分の活動の中にその機材があって幸せなイメージができるか、つまり妄想力があると良い機材選びができると思います。

投稿: eno | 2009/03/26 00:36

#enoさん

>どの機種もそれぞれ良いので、世間で評判のいいやつ、売れてるやつを買っておけば無難

そもそも最近のメーカーは守りに入ってるのか落ち着いたのか、マルチに使えるPCMタイプのを買っておけば無難ですよね。。。

今回のエントリー記事は細かい部分の好みはまず二の次、まずは自分用のを手にしてみる事。自分のモノにしてみる。
って事を訴えてみました。

>買う前に、自分の活動の中にその機材があって幸せなイメージができるか、つまり妄想力があると良い機材選びができると思います。

常に妄想はしてるんですが、実際あまり幸せになってない気もします(笑)
X50は確かに良いですよね。
おいら的にはオルガン音色中心なので、仕様上どうしても対象外になってしまいますが。

投稿: Hide | 2009/03/26 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/44458531

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の節目に新しいシンセ!:

« 弾けなくなってる・・・ | トップページ | ある日見かけた、シンセをライブ現場で借りた事例の問題点 »