« オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ | トップページ | どうやら世間は・・・ »

2009/03/28

地獄だ!!

このシリーズが最初に出た時、アホらし~~~!(ほめ言葉の意味を込めてね)と思ったものです。
楽器の教則本、しかもこのご時世にハードロック・ヘビーメタルに特化した教則本ですよ。

その名も「地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ」

確かギター編が最初で、その時著者の方がクリニックで某楽器店に来た記憶が。

で、今回キーボード編がついに発売されたんですよ。

01


著者はかつてブラックペイジや後期すかんち、今は真心ブラザーズや自身のバンド、Suzy Cream Cheese等でご活躍されている小川文明さん。

この方結構教則本出してましてね、オイラ「究極のキーボード練習帳」を2冊持ってたりします。

で、ジョン・ロード好きそうだし、キーボードマガジン等の取材を通して、DreamTheater2代目キーボーディスト、デレク・シェリニアンと仲が良いらしいので、てっきりメタル方面詳しいのかと思いきや、そうでもなかったという事実にまず驚き。

で、この本執筆にあたり、結構聴きこんだ様子。

肝心の中身はメタル・ハードロックでは定番的なフレーズ満載といったところ。
CDも付いているので練習に入りやすいです。

最初はウォーミングアップでピアノを使った定番フレーズの練習。

次にハードロックでおなじみのハモンドオルガンのフレーズとセッティングを絡めた練習法。

それからプログレ・クラシック寄りなフレーズ練習。

そして最後はギタリスト風フレーズ。

・・・とそんな流れですね。

で、著者もおっしゃってますし、まあ僕自身ンバンバのようなバリバリ80年代メタルのコピーバンドやってて言うのもなんですが、キーボード的には80年代のメタルって面白みには欠けるのですよ(全部ではないですが)。

著者もそのイメージを引きずっていたらしく(しかも業界人だから当然当時のメタルバンドの手伝いをさせたれたらしい)、今回執筆にあたってロイヤルハントやヴィタリー・クープリあたりのネオクラシカル系の流れを組みつつ、プログレメタルといったDreamTheater以降のキーボードサウンドが全面に出てきたメタルサウンドを聴いてメタルを見直したそうで。

そう、キーボード的には90年代後半あたりからメタルは面白いのですよ。
それ以前は裏でうっすらストリングスとかオルガンの白玉コードが鳴ってたぐらいですから。

90年代後半になると、ヤン・ハマー系のギター風ソロやシンセ独自のソロがふんだんにメタルに取り込まれているんですよね。
ソロだけじゃなく、バッキングも白玉コードだけじゃなく、シンフォニックロックのようにきちんとしたフレーズが音全体を分厚くしてたりとか。

まあ表紙デザインに抵抗があったので、なかなか発売してすぐに買えなかったのですが、今日はちょっと勢いで買ってみました。
・・・で、教則本なんていつもそうなんですが。。。。


・・・買って練習した気分になって終わり(笑)

まあ、おいら、昔から勉強でもそうだったしね。でも今回のこれ、結構付録CDが面白いです。
最後はちょっと今時こんなアリ?ってぐらいギターの音がひどい(90年代のDTM音源っぽい。たまにホームセンターで流れるハードロックのギターみたいな音)メタル曲なんだけど、フレーズ的には十分笑えます。
いや、わらっちゃいかんか。

02

やっぱりメタルキーボードはクラシック経験者には有利なんでしょうね。
うーん・・・さすが地獄っていうだけあって、しょっぱなから厳しいなぁ。。。



|

« オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ | トップページ | どうやら世間は・・・ »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/44485971

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄だ!!:

« オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ | トップページ | どうやら世間は・・・ »