« 人生の節目に新しいシンセ! | トップページ | オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ »

2009/03/26

ある日見かけた、シンセをライブ現場で借りた事例の問題点

シンセは自分用を用いるべし・・・という持論を先日のエントリーで書きましたが、その続き。

昔、もう10年ぐらい前かな?とあるライブのお手伝い中、あるバンドでYAMAHA EOS B900という機種を使う(これはどうもレンタルだった様子)キーボーディストに対し、バンドのリーダー(ドラム担当)と思われる方が、
「ジョン・ロードっぽい音だして!」って言ってたんですよ。

スタッフとしてお手伝い(ボランティアみたいなもん)していたオイラはそのセリフ聞いて、思わず「その機種じゃ無理!」って言っちゃったんですけどね(近くの人に・・・ですが)。

それ以前にその方の「ジョン・ロードっぽい・・・」のセリフには突っ込みどころ満載なのです。

例えば時期によってジョン・ロードの音って全く違うのですよ。
僕がすきなのはBurn(アルバム名)以降の音ですかね。
違いはレズリーを使っているかいないか。Burn以降は使っているわけですね(確か・・・)。
少なくともカヴァデール時代のライブ盤聴くとレズリー使ってます。
有名なHighwayStar、Smoke on the waterの時はマーシャルのアンプ(ベース用?)から音出していたわけです。
なので、全く違う音なんですよ。
(違いに気づかなかったそこのアナタ!今すぐ聴き返してください!!)

あと、言われた側は十代と思われる女の子。
当時は98~99年ぐらいだったかな。
ジョン・ロードっぽくって言われて理解できるのかな?・・・と。
実際言われて「??」って反応だったし。
しかもそのバンド、ハードロックをやるわけでなく、普通にポップス系だったし。

まあ、それは良いのですが、無理!と言い切ってしまうだけでなく、近い音をどうやって出すか?
しかも借り物で、今日初めて使う機種でどうやって・・・

で、その時ちょっと考えてみたんです。
で、結論から言うと、えー・・・やっぱり無理です(笑)

B900の音源部は所謂XG規格に沿ったシンセとほぼ同じ音なので、普及した機種で言うとMUシリーズとかQY70とかQY100などと同じ音が出せます。
違いはテクノ・ダンス系向けの特殊な効果音が充実してるってぐらいですかね。

QY70で同様に悩んだ事があるんですが、YAMAHAのスタッフを説教したいぐらいに酷い。
RockOrganという名の音色を誰が作ったのか?・・・と。
その上で作った本人呼びつけて誰の何の音を指してRockOrganの音と定義し、それを再現してるのか?と。
実際にオルガン使っているロック作品は色々聴いているつもりだけど、一つとして何にも似てない。
似てないどころか、別物。
ピアノの音色を指して、これはアコースティックギターの音ですって言ってるぐらい酷い。

普段使っているものでこんな状況なのに、現場でほいっと渡されて、○○な音だして!ってリクエストに応えられるわけが無い!

このケースはキーボーディスト自身とバンドメンバー両方に原因があると僕は考えます。
まあ企画モノとしての即席バンドであった可能性も否定はできないのですが。。。
そのライブイベント自体は別に企画ものではなく定期的に行われるライブでした。

キーボーディスト自身の問題。
・普段から自分が使うべき音色を用意していない点。
・使い方が分からない機種を渡されるリスクを考慮していない点。
・学生さんと想定したとるすと・・・バンド活動に対して家族の協力を得る努力を怠った点(説得して自分用のキーボードを手にする(買ってもらう)とか、運搬時は親の車を期待する!・・・とかね)。
いや、オイラ成績も悪かったし、バンドなんてもっての他!、ロックは不良!ってイメージの両親だったけど、学校のイベントだからとか部活の人に頼まれてとか必死に説得して、授業後に母に車で持ってきてもらいましたよ。。。

バンドメンバーの問題
・キーボーディスト自身の問題を考えてあげてなかった事(って事でしょ?あの結果からして)。
・どの音色使って欲しいかを練習時に明確に言ってなかった事。
・リーダー、世代間のギャップを考慮してリクエストして!(結構そのリーダーさんはおっ○んでしたので・・・)
あえて言うなら・・・・・B'zのオルガンみたいな音だして!・・・なのかなぁ。増田さんの音だして!って多分通じないと思うけど。。。
時代的に誰だろう・・・すかんち後期のサポート、小川文明さんのって・・・ああ~~余計通じないな~~。。。

ちなみにQY70というか、前身機種で同じ音が出せるTG-300という音源を使っていた頃に出していたオルガンの音はこんな感じ。
QY70で全く同じ音が出せるので再現してみました。
結構別物でしょ。。。


オイラが今回非難しているRockOrganの音色はこれ。
いつ聴いても酷いなぁ・・・この音。

まあ、ロックオルガン!と思わなければ使いようはあるかもね。

で、今ジョン・ロードを意識した時の音を出す場合はMO6でこんな音使っています。
本家とは全然違うけど、バンドで鳴らすと割とそれっぽく聴こえます。聴こえ・・・ますよね?
レズリーの回転感も100%満足してないけど、それっぽくて気に入ってます。

話はそれたけど・・・

結局昨日のエントリー記事の延長って事で、自分用のを持とう!って事を改めて訴えてみました。

|

« 人生の節目に新しいシンセ! | トップページ | オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ »

シンセの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/44467984

この記事へのトラックバック一覧です: ある日見かけた、シンセをライブ現場で借りた事例の問題点:

« 人生の節目に新しいシンセ! | トップページ | オイラって性格悪いんだろうなぁ・・・ »