« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

100円ギターを作ってみた・・・が・・・

案の定何かを演奏できるってものではないけど、作ってみて、音が出るとそれなりに感動。
演奏にならない理由はフレット感覚が一定でちゃんと音階を出すという設計になっていない事。
かなりいい加減。

弦はナイロン弦?
なんか釣り糸にも見えます。

紙の箱に着ければちゃんと音が響くんでしょうが、今日はここまで。

適当にぽろんぽろんとつま弾いてます。

うーん・・・

ホンモノが欲しくなってきたなぁ(笑)

Po20090531_0002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

子供用キーボードを真剣に語ってみる

おもちゃのキーボート対書籍付録キーボードという一般化しての話だと思われるといけないので、予めお断り。
今、子供用に(まだ0歳だから全然早いわけだけど・・・)2つのキーボードをあげてます。
この前、お茶こぼされたやつもその日は動作がおかしかったのですが、復活しました。

で、おもちゃの方はFunFunキーボードっていう、まあよくおもちゃ売り場に売ってるやつだと思います。
そして、書籍の付録のはシナモンなんちゃらピアノってやつ。

う、ここまで書いて、この話、こんなシリアスに話すかどうかも迷うぐらいにくだらないかもしれませんが・・・

この両者・・・いや特にFunFunの方ですが、弾いてて違和感がある。
和音が2つまでしか出せない仕様もどうかと思うが、それ以前に何かが違う。

実はこいつ、同時発音の排他処理が、普段使っているシンセと全く違う。

何が違うかっていうと、普通シンセってのは最大同時発音数ってのがあって、読んで字の如く、同時に発音できる音数の最大数の事・・・なんですけどね。
普通シンセ等はこの最大数をオーバーすると、先に弾いた音が消えて、後から弾いた音が発音される。
ピアノ音色でサスティンペダルばりばり使ってるとたまに音の一部がぶちっと切れる現象に出会う事があると思うが、それは同時発音数がオーバーした時だ。

ではFunFun・・・はどうか。
これが先に弾いた音が優先されるのだ。
それも音が鳴っているか否か関係ないところが恐ろしい。

とにかく2つ以上鍵盤が押さえられていたら、いや、鍵盤に限らず、操作ボタン、ドラムパッド等が押さえられていたら、鍵盤弾いても一切音が出ない。
時々、子供の注意を引くため(嫁さんが調理中だったりして、火のそばから離れさせたい時など)にキーボード弾くんですよ。
そして、弾いてると子供が寄って来て、キーボードをガン!と押さえ込むように叩いてくるわけ。
その時鍵盤やらスイッチ類やらを押した状態にしたまま、キーボードを押さえ込んじゃうんですけどね。
この時オイラが何を弾いても一切音がでなくなってしまう。鍵盤のカチカチって音だけがむなしく鳴り響くんです。

また、早弾きなんてやってると、前に弾いた鍵盤を離している状態でも、鍵盤弾いてませんって情報が処理されていないのか、音が出ない。

一方、シナモン~・・・は一般的なキーボードと同じ。
4和音まで出せるし、後から弾いた音が優先される。

FunFunは本当に「音を出して」遊ぶ分には良いけど、音楽を奏でる楽器としては成立しない仕様だと断言して良い。
演奏を記録できたり、リズム鳴らせたりできるけど、何かを奏でられる仕様じゃない。
まあ、おもちゃだからそこまで言わなくてもって思うかもしれないけど、楽器たるもの、ある程度「奏でられる」事は必要だと思う。
(スタンド、イスがセットになっているDXはどうなのか分からないが・・・)

いっぽう、シナモン~は鍵盤の感度が怪しいときがあるし、ピアノの音色しかないけど、楽器として弾けるレベル。

どちらにしても、まだ我が子にとっては何か音がでる物体・・・程度の認識しかないのだろうけど。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Jazzって何?

数年前だったかな。

仕事仲間であり、一緒にフットサルをする仲であり、あわゆくば音楽仲間にもなりえた人(その方はベース経験者)がいた。
だいぶ前に職場が別々となり、今はすっかり疎遠となっているが・・・

当時はLynusメンバーがまだちゃんと集まっていない時期でもあり、レッチリのコピー経験などがあるその彼の勧誘を試みた事もあったっけ。
結局楽器演奏は学生時代に終わりを向かえ、そのままバンド活動に対する興味はなくなったとの事。

ただ、その時何かの会話の中で彼からこんな質問を受けた。
「Jazzってさー・・・どんな音楽?」

多分、オイラの車の中だったかで、国府弘子あたりの音楽が流れていたので、そんな話になった気がする。

オイラ答えられなかった。

まだ楽器やりはじめの頃、使っていたキーボードに伴奏機能ってのがついてて、伴奏の種類・・・例えばRock1とか選ぶと、ロック的な伴奏を奏でる事が出来た。

その経緯からか、オイラは音楽ジャンルを区別するとき、リズムのタイプから区別しようとする傾向がある。

ベードラ4つ打ち、ベースがオクターブでズンペケ鳴ってればユーロビート。
クローズハイハットが16部音符刻みで鳴っていればフュージョン・・・とかね。
8ビートならロック。

その定義だと4ビートやスィングしていればJazzだと思っていた。

けど、先ほどの会話の中でJazzって何?ってセリフを言われた時に流れていたのはしっとりと流れるピアノだけのバラードだった。
別にスィングしているようでもないし。でもジャズピアニスト、国府弘子の曲だ。
その時は結局Jazzって何だろうね?って事で会話は終わってしまった。

人によって、曲によって、Jazzってイメージが違うのかもしれない。
人ってのは演奏する人ね。

だからね、バンド練習中、ここJazzっぽく弾いてとか言われると困ってしまう。

どんなJazz?・・・・・と。

ビーバップ?クール?ハードバップ?
まさかスタンダード?
ジミー・スミスが後年言われたアシッド・ジャズ?(本人はこう言われるのが嫌だったみたいだが・・・)
あ、アシッド・ジャズって正確にはジャズじゃないんだっけ?

まあ、上記の文面読んで頂ければ分かるようにそれだけおいら、Jazzってものを知らない。

Jazzっぽくというより、かえって特定アーティストの名前を言ってもらった方が分かるかもしれない。
誰だれ風に・・・と。
それに応えられるかは別として。
オスカー・ピーターソン風にって言われたら、バンド辞めるかもしれないけど(笑)

少なくとも例えばオイラにはPonta Boxと上原ひろみのJazzが同じジャンルには聴こえないからね。
(フュージョンとの区別もなぁ・・・って感じだし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

ライブ告知

既にお知らせの欄(トップページに行くと一番上に表示されます)で案内してますが。

この前の日曜日リハに行ってきたので、そのライブの告知でも。
Experience Night Vol.13 Monsters Of Rock Ⅱ
13という数字に6が並ぶという・・・なんとも不吉な日でございます(笑)

参加バンド(Music LifeさんのWebサイトより引用)
Eazy Livin' / Gaminerie / 直流交流 / GRAVE / MmR / チーム・アタアシ・ザ・ンバンバ

オイラはチーム・アタアシ・ザ・ンバンバとして参加します。
MSG/UFO/おじぃ・・・辺りを演奏します。
MO6大活躍です。

久しぶりの三島 afterBeatで楽しみです。
(なかなか最近行く機会がなくて・・・)

6/6(土) Open 19:00 Start 19:30

内容(ボリューム)の割りには遅い開始だけど大丈夫かな・・・

楽器の心得が有る方には(多分)途中ソロ参戦してもらうかも。

是非おこしください!!

メンバーによるmixi上でのクローズな場所では広報されてますが、オープンなところでも一応広報。
三島のFMラジオ番組にンバンバがまたも登場します。
http://www.777fm.com/program/2008/05/post-7.html

放送日は明日27日夜7:30から。

今回はあっくすさんとオイラは不参加です。
パーソナリティのJUNKOさんのブログに載ってます。
http://junko0220.exblog.jp/11599013/


おまけ:私事ながら・・・ガラスの割れる音出ないなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/25

DAWソフト

購入した時期に記事にしましたけど、昨年、PCの買い替えとほぼ同時期にDAWソフトを購入しました。
と言ってもCUBASEやPro Toolsみたいな、プロ向けの高級なものはでありません。
AHSより発売されていた「Music Maker Producer Edition」(正確にはオイラが買ったのはjamバンド)。

その後継となる「Music Maker 2 Producer Edition」。
最近発売されたのですが、店頭で発見したので、しばし悩んで購入。

実はそう大きく機能が変わったわけでは無いらしいのですが、ReWire対応という事で最近Vocaloidを買った者としては使ってみたいかなと。

それからシーケンサー機能にステップ入力追加も。
正確なリズムで弾けないオイラにはドラムパートやベースパートなどはステップ入力に頼る事が多いのです。
もっぱら打ち込みはMO6かMOTIF ES内蔵シーケンサーを使いますが、たまにPCだけで済ませちゃいたい気分になる事もあるので、有るとそれはそれでありがたい。

動画編集機能も多少搭載されてて、今回のバージョンではYoutubeへの直アップロード機能も追加しています。

パラメーターを細かく調整して、きっちりミックスしていくような性格じゃないので、とにかく、おおざっぱに作業できるこのソフトの存在はありがたいです。
ループ素材も豊富でインストールに時間かかるけど、その分、自動で作曲してくれるソングメーカー機能で出来上がるバリエーションが多少増えたのかな?
ちょっとスケール弾いて遊んでみたいって時にそのオケ作るのが手っ取り早いので、結構楽しいです。

前回バージョンにもあったボーカルのピッチ修正機能などは、歌がヘタなオイラには良いです。
できれば劇的に声質も加工したいけど、そこまではさすがにこの価格に求めちゃいかんですよね。。。
(っていうかそんなモノがあるかも知らなかったりする・・・)

高級DAWソフトは買えないし、そこまでがっつりした機能は要らないけど、そこそこの機能を使いたいって人には向いてると思います。
またはオイラみたいに「とりあえず使いたいし、何か1つ持っておきたい」という方にはオススメです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/24

超安価なギター(?)

ダイソーでこんなのを見つけました。
税込105円(当然か・・・)

Po20090524_0000


中身はバルサ材でできたネック部品など。

これ以外につまようじやティッシュ箱等を用意する必要があります。

ギター・・・といってもフレット幅は一定だし、音程を奏でられるものではないでしょうね。
弦3本だし。

演奏する事よりも理科実験的な学習用教材って感じですね。

とはいえ面白そうなので、暇を見て作ろうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

イベントお出かけ日記

今日こんなイベントに行ってきました。

「富士のふもとの大博覧会2009」
Po20090523_0007

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000012500/hpg000012408.htm

静岡県内、富士山近辺地域の特産品などが集うイベントって事なのかな。
あと静岡空港のアピールも。

ローカルTV番組等で取り上げられてて、気になっていたいくつかに出会えるんじゃないかと思って行ってきました。

まずは富士鷹岡商店街の新名物として頑張ろうとしている(らしい)「ふじっ米(こ)ひらひら」。

Po20090523_0012

名前がね・・・
最初聴いたときにちょっとインパクトがあったので、覚えていたんですよ。

お米の粉で作った麺・・・麺というか、ラザニアみたいな感じ?
結構コシがあるんですよね。
今日は2種類のスープで食しました。鳥と牛スジ。
中華っぽい味付けかな。


今日はリングの作者である鈴木光司さんの講演も。
わずか30分間でしたが、子育てのエピソードなどを話されてました。
まあ・・・新作の宣伝行脚かもしれないですが(笑)

Po20090523_0014

ちなみに下記リンク先に載ってるトイレットペーパーも販売されてました。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090524k0000m040049000c.html

外にはテントが張られて食べ物屋さんがずらり。
コンテスト形式なのか、商品購入するとシールを配られ、ふじさんめっせの建物内に店と商品ごとに張り紙があって、そこに投票するようになってました。

Po20090523_0016


最近よく耳にする富士市吉原商店街の街おこし(?)的な存在の「つけナポリタン」。
今日ようやく食べる事ができました。
下の写真の手前がそれ。

Po20090523_0018

味はナポリタンです(笑)
お弁当なので、ちょっと麺がのび気味でしたが、ちゃんとお店で食べてみたいかも。

その他本日の収穫。


Po20090523_0019


Po20090523_0020


Po20090523_0021

Po20090523_0022


京昌園の焼き肉弁当は美味です。
ここの焼き肉はオイラは結構好きなんですけどね。
900円とちょっと高めでしたが、Goodでありました。

このイベントは明日24日まで行われてるそうです。

ちなみにステージのスケジュールみたら、Liveって書いてあったけど・・・
ここ(ふじさんめっせ)の会場は反響すごくて、音楽には向いてなさそうだけどなぁ・・・

何のLiveかはわかりませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

ヘッドホン買い替え

オイラついついヘッドホンを床に置きっぱなしにして、よく踏んでしまうんですよ。
おまけに子供がそれを口にくわえたりして、ついに壊れました。

っていっても音は一応聴けるんですけどね。

古くなったので、買い替え。
ただし、同じものを。

買ったのはAUDIO TECHNICAのATH-AD300。
それほど高価でもないし、かといって安っぽい音でもない。

なにより他のヘッドホンは耳と接する部分が皮(合皮?)なのに対して、これは布。
皮だと年数が経つとボロボロ禿げてくるんですよね。
布だとそういう事がないし、長時間耳にあててもソフトな感じで耳が痛くなりにくい気がします。

ま、同じものを買ったので、何も状況は変わっていないのですが、それでも新しいものって良いな~と。

--広告

布製イヤパット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスク

とある女優さんの旦那さんのブログ(つうかWeb日記?)エントリーがネットニュースで取上げられていますね。

今回のインフルエンザに関して、日本のマスコミの報道のあり方とそれを見た国民の(海外での)行動を疑問視した内容らしい。
らしいっていうか実際に読んだけど、へ~って感想。
いや、実際海外って1回しか行った事ないし、今他の国がどうなのか知らないから、へぇ~そうなの~?ぐらい。

ただ、そのブログ主さんが強烈な毒性を持つまでに変異したウィルスを国内に持って来ないで欲しいかなとは正直思いますよ。
スペイン風邪も当初毒性が弱いものから急激に進化して毒性の強いウィルスになったらしいし。

マスクをかけてる姿が周りに不安を与えてるってところぐらいかな。
ちょっとひっかかったのは。

ならば。
例えばこんなのはどうだろうか。
マスクに「私は感染者ではありません」的なメッセージを書いておくとか。
「防御中」とか。

10年以上前に、ノンフィクション小説の「ホットゾーン」って本読んだけど、これ読むとウィルス恐ぇ~~って思います。
(今は文庫本になってるのね・・・)

マスクかけてる人から言わせれば「だってインフルエンザにかかりたくないですから」じゃないのかな?

いやね。予防してて何が悪いのだろうとは思いますよ。
(たとえ今は弱い毒性だとしても)感染したら結局周りにも迷惑かけるからという、先まで考慮してる人ってば偉いじゃないですか。
他者への気配り優先の国民性じゃないか?なんて会社の人と話してたんですけど、そうかもしれない。
もっとも、TVではマスクの使い方を誤っている人が多く、効果がかなり薄れてしまうって事を放送してたのを見ましたが。

ちなみに唯一オイラが海外へ行った2007年の冬もマスクつけてる日本人観光客は多かった気がします。
飛行機の中、口や鼻が乾燥するからって嫁さんがね。
インフルエンザ関係なしに、もともと日本人にはマスクを着ける傾向が強いんじゃないかなと。

ってか、感染広げないために、学校とか休校にしたりしてるのに、当の学生さんたちは街に繰り出してるとか。
そっちの方がむしろ非難されるべき行為じゃなかろうかと。いや、既に非難されてるみたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はい。壊れました。

一時ショルダーキーボード化とかして遊んでいた、本に付録・・・なのか本が付録なのか。
子供用のおもちゃキーボード。

ついに、うちの子がそれにお茶こぼしましてね。
あの何て言ったら良いんでしょうかね?子供用のポット?
ぶんぶん振り回すから。
しかも電源ON状態でしてねぇ。

こぼれた時は良かったのですけどね。
しばらく放置していたら(もちろんすぐにふき取りましたけど)、誰もいない部屋に置いていたんですよ。

そしたら勝手に音が聞こえるわけですよ。
それも尋常じゃないぐらいの、レーサーXもびっくりの超早弾き。


まあ・・・こういうのは子育ての宿命ですね。。。

おかげで、次また面白そうなのを買う良い口実に・・・うぐっ。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/19

フットスイッチ用に

ネットでキーボードのペダルの滑り止めに車載荷物の滑り止めシート(そんなのあるの?)が良いという記事を見かけた記憶があったのですが、カーペットの滑り止めも使えるのでは?・・・と思って、100均でゲット。

Po20090518_0006


フットスイッチを乗せるとこんな。

Po20090518_0007


さて、効果のほどはどうなのでしょう・・・
来月のライブあたりで試してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

もう・・・うちの子ったら。。。

最近我が息子は「ハイハイ」で元気に動き回っております。
もう部屋中危険地帯だらけです。

大事にならないうちにすっきりさせたいところですが。。。

さて、その我が子なんですが、最近変な癖を覚えてしまいまして。

帰宅後とか、休日なんか、オイラ椅子に座ってパソコンに向かったりしてるわけですよ。
足なんか組んだりしてね。

そうするとガサガサと下の方から音が聞こえてくるわけですよ。

あー・・・我が子が来たんだろうな~なんて思った瞬間、足の親指のあたりに生温かくぬるっとした感覚が。

そう、うちの子、最近人の足を口に入れるのです。

その瞬間をたまに観察するのですが、足に顔を近づける瞬間、やや動きがスローになり、そろ~~っと口を足に近づけるのです。

いや、口に含むだけならいざしらず、歯が2本ほど生えてきてるんですが、それでガジ!っと噛まれるわけです。
これは痛い。。。

平日帰宅後、お風呂洗いが日課なので、ついでに足も洗うので、まあ、清潔になってるとは思うのですが・・・

それにしても変な癖を覚えたなぁ。。。

成長するに従ってやめてくれることを願わずにはいられません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hide@Yozakura的シンセ選び その2 初心者向け?

オイラが見てきた事を総括して、結論から言うと、初心者向けのシンセは無い・・・です。

これは浅倉大介氏も似たような事を言ってましたけど、低価格帯のシンセもいわゆるプロ仕様の機種と、機能的に大差なかったりするんですよね。
YAMAHAでいえば、似た機種で比較すると、たとえばS90とS08。この両社、音質には歴然たる差があるにも関わらず、音色エディットに要する手間とかあまり変わらなかったりします。
もちろんS90のほうがより幅広くはできますけど、初心者から見たら格段にS08のほうが扱いやすいとは言い難い。

ギターなんかもそうだと思うんですけど、初心者向けか否かはもう「弾きやすさ」とか「扱いやすさ」とはもう違う次元の話で、値段的に初心者の方でも手が出しやすいかどうかにのみ着眼されてるんじゃなかろうかと。

ただ、ギターの場合、初心者向けとして、セット販売なんかされてて、アンプやらストラップやら、ケースやらが付いてきて、あれこれ後から買い足さなくて良い場合も。

実は以前にもこんなエントリー記事書いた気がするんですけどね。

もう、そんな状況で、初心者向け機種の平均価格が6万前後。

ならもう少し頑張って10万前後の初・中級向け機種買ったほうが絶対後々長く使えて良いと思うのです。

キーボードの場合、とくにバンドでキーボードやる場合、できるだけ避けてほしいのはファミリー向けを買ってしまう事。
これは家で遊ぶ分には良いし、機能も結構充実。セカンドマシンとして使うのも良いと思うんですけど、最初の一台、バンドで使用するには厳しい。
これは音色を作れる機種がほとんどないのと、レイヤーやスプリット等の機能が不足している事がある。

個人的に興味ある機種はあるけど、バンド活動に一番最初に使うには厳しくて、結局は別のに買い替えるケースが少なくないと思います。

繰り返しになりますが、やはり価格帯的に10万円前後。
その中で選んだほうが、僕は初心者の方には良いと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

いやーびっくり

オイラの職場は自然に囲まれてます。
通勤途中、鹿や猿に会う事もあります。
といっても自然に囲まれているのは建物の立地場所の話で、毎日鳥の鳴き声聞きながら仕事してるわけではないですが。

まあ、そんな環境が災いしてか、今日ちょっとした事件がありましてね。

仕事の話で隣の席の方と向かい合った瞬間、隣の席の方が、
「あ!!何これ!」

と僕に向かって叫んだ瞬間、手に持っていたノートでオイラの左肩(からやや首より)をバチ~~ン!

え? え?

その瞬間オイラの左側前方に細長いものがポトリ。

そしてそれを確認した瞬間、全身の血の気がさ~~~っと引く思いがしましたよ。

なんと体長20cmぐらいのムカデ君。

オイラの体に張り付いていたわけですな。

うぎゃ~~~~~~~!!!!!!!!

いや~、噛まれなかったのが幸いでしたよ。

その後、職場の机の下に隠れたため、周辺はしばらく騒然となりましてね。

いや、オイラの職場ってLANケーブルとか這いずり回っていて、どれがムカデかLANケーブルなのか分かりにくい状況でして(笑)

その後机の下からはいずり出てきたところを他の社員の手によってお引取り願いました(この世から・・・)。

そもそも職場でオイラに取りついたのか不明。
家から着いてきてたとしたらかなり恐い。

ちなみにうちの嫁さんは幼少の頃、寝ているところ顔面に張り付かれた事があるらしい。

ムカデは攻撃的なので危険です。

お出かけの際、靴の中に隠れていないかなど、確認した方が良いみたいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不思議な本

結構前の話だけど、子供に読ませる(読むのは親だけど・・・)と、子供が喜ぶよ・・・という情報を得て購入した絵本。
その名も「ごぶごぶ ごぼごぼ」。

内容は不思議な絵(デザイン?抽象画?)と擬声語的な文面。
読んでるこっちには何のこっちゃ?って内容なのですが、確かにうちの子は食いついた。

全体的に丸みを帯びたデザイン画で占められているが、それも一因なのでしょうか?
うちの子はまず丸いものに興味を抱くようなので。

そういや、ボーカル録音に使用する布製ポップガードはもう子供専用になってしまったっけ。

ちなみにこの絵本、対象年齢は0歳からなので、早いうちから何か読ませたいと思ったら、ひとつの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

ラベル作成ソフト

今日こんなのを買ってみました。

JustSystem社のラベル作成ソフト、ラベルマイティ。

以前にも記事に書きましたが、オイラ、PCで音楽聴くときは同社製のBeatJamを使ってます。
そのBeatJamと連携して、CDラベル印刷なんかもできるので、何かと便利そう。

まあ、近々、子供が保育園に入るので、それに備えて・・・の意味が大きいのですが。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/13

ショルダーキーボード改造するとしたら

もう現行機種でなくなってしまったが、先日購入したYAMAHAのCBX-K1。
これってオイラ的にショルダーキーボード化に割と適した機種だと思うのです。

なぜならピッチベンドホイールとモジューレーションホイールの回転方向と値の変化を逆にできる。
もしかすると昔あったアナログシンセの仕様の名残かもしれないが。

以前この機種改造したときはこの機能に気づかず、無理にホイール類を逆向けに付けた。

オイラは今回改造する気はまったくないけど、FRP加工とかできちゃうぐらいの技術のお持ちの方なら改造してみるのも悪くないと思います。

あとはリサイクルショップでどれだけ安く手に入るか・・・ですかね。

秋葉原の某中古MIDI機器扱いショップでは7千円前後が相場でした(今年3月ごろの話)。

一応こんな事やってます。

--広告

音源内蔵型なら楽天で見つかるかも!?


改造する材料は以下で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

こんなのをゲット!

某なんとかオフってお店でYAMAHAのMIDIキーボード、CBX-K1を。
そして、普通のリサイクルショップでYAMAHA QR10を。
合計4000円なり。

QR10とは、QYシリーズ等に搭載されているバッキングパート作成機能の専用機。
プラスサンプラー機能も。

テクノにどっぷりハマっていた頃、当時の手持ちの機材ではなかなか厳しいものがあって、サンプラーを欲しかった頃に発売されて、当時は欲しいな~と思いつつ、高くて手がでなかったのですが、リサイクルショップで偶然見かけて購入。まあ2日ほど悩みましたが(笑)

CBX-K1はちょっとした補助に良さそうなので。
以前にも持っていたし、使いやさは実感済み。

それにしてもまたもYAMAHAの機材が増えてしまった。。。

03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句

以前に五月人形を買ってもらった話を書きましたが、無事端午の節句を迎えましたので、ご報告をば。。。

っていうか、分不相応(父親に対して・・・だけど)なものをいただいちゃいました。
店で見たときよりも家だと余計大きく感じます。

オイラはカブトだけだったけど、フル装備です。

刀の飾りもちゃんと鞘から抜けます(実はこれを試したくて仕方なかったw)。

息子よ・・・
これに見合うだけの人物に育っておくれ。。。

01


02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

車の運転について愚痴ってみる

GW中、実家までの片道の距離およそ400km(よりちょっと短い)。
東名~首都高~東北道のルート。
今回はワケあって往復とも嫁さんに運転をお願いしちゃったのですが・・・

GW中・・・に限った話ではないけど、理解に苦しむのが「煽り行為」。
そりゃね。
流れを完全に無視した、ちょっと古い言い方するなKYな運転・・・をする人もいますけど。
それに追い越し車線走ってる最中「どいてくれ」のパッシングされりゃそりゃ素直に譲りますけどね。
それ以前に後方から爆走してくるのが見えたら前もって避けるし。

問題は走行車線でしかも前が詰まっているにもかかわらず、車間詰めてきて、左右にふらふらとする人。
何の意思表示をしたいのか分かりません。
10000歩譲って、こっちが意図せず何か気分を害するような事をしてしまい、それに対する報復行為ならまだ理解できますが。

こっちは普通に走行車線を走っていて、そして前が詰まった。
ゆっくりになった。

そこへ後からびゅ~~んと飛ばしてきて近づいてきた。

そして、

おらおら~どけろゴラぁ~~~

的に煽ってくる(ように見える)わけですよ。

早く追い越し車線から抜いていけば良いのに・・・とか思うんですけどねぇ。

GW中も自分達ではなかったですが、結構煽られている場面を見ましたよ。
まあ、追い越し車線でのんびり走ってるのもどうかとは思うのですが、法定速度を守る義務はありますからね。

ちなみに首都高。
ここで煽るのは勘弁して欲しいです・・・
オイラみたいな田舎もんは滅多に首都高走らない事もあって、緊張するのです。
いや、田舎もんでも平気な人はいるでしょうけど。
なので車線変更なんてそうそうしたくないわけですよ。。。
道分からなくなるし。
なので、右折間近(か、結構その手前から・・・)で右側車線走っている時にやられると煽らないで~~!!ひぇ~~・・・って思います。

首都高って狭く感じる上にカーブがやたら多くて、昔乗っていた軽だと足回りが柔らかいので、横へのGを強く感じるんですよね。
なので、カーブあまりスピード出したくなかったりします。

ちなみに煽り運転はWikipediaによると
刑法208条の暴行罪に該当する犯罪
だそうで。

最近は子供乗せて運転する事が多いので、発進時普段より慎重になります。
なので、加速が若干遅めになったりするんですよね。
それで後続車をイラっとさせるのかもしれませんが。

昔は「子供が乗っています」のシールの意味わからなかったけど、付けている人はそういう事があるからなのかも。
GWの帰省の時だけでも貼ろうかと一瞬思いましたよ。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルカを使う機会があるのかなぁ

買ってからまだ一度も使ってません。
Vocaloid2の「巡音ルカ」。

いや、正確に言えば何も作っていません・・・であって、時々いじってはいます。
買うまでデータ入力面倒そうだなって思ってましたけど、使ってみると意外にそうでもない事に気づきました。
でもどうだろう。シンセ内蔵シーケンサーで打ち込む癖があるから、多少の使いにくさにも抵抗がないのかもしれないですが。

最近ニコ動、Youtube等で作品を見てるのですが、皆レベル高いな~と。
で、そういったレベルの高い作品を生み出すプロセスはいったいどうなっているのだろうか・・・
というのがこの本で少し覗き見る事ができる・・・というわけです。

実際に説得力があるのは本書よりもやはり付録のDVD。
クリエーターの作品や、カラオケデータ、CUBASE5と連携した場合の解説ビデオが収録されている。

まあ、これ見ちゃうと、CUBASE5欲しい!とか熱烈に思ってしまうのですが、ちと高い。。。
オイラはMusicMakerで充分なのでしょうね。
(2が出てちょっと悩んではいるけど・・・)
かなり宣伝色が強いんじゃないの~?なんて思ってみたり。

で、Vocalodの楽しみ方は人それぞれみたいで、イラスト方面の記事も結構記事の割合を占めていたりします。
絵心の有る人はキャラクターイメージ映像と連動した作品が作れるので、得ですよね。。。

個人的に食いついたのはニコ動でお馴染み「歌ってみた」でのVocaloid用の曲を歌う関連の記事。

ここの何に食いついたかというとボーカルマイクの比較。
1000円前後のカラオケマイク、SHURE58などのダイナミック系とM-Audio製の安価コンデンサーマイク等の比較。
全8種類くらいのマイクで同じ曲(歌のパートのみ)を収録している。
正直微妙な違いにしか感じなかったけど、これは多分オイラの耳の問題。
ただ、その微妙な違いに食い入るように聴けるので、結構これはこれで楽しめる内容です。
Vocaloidとはかけ離れた記事だけど、こういった比較はありがたい。しかもどのマイクも超高級ってわけではない、手ごろな値段。
Sound&Recording Magazineでもやっていそうだけど、安価なマイク同士の比較はあまりしないんじゃない?
こんな感じで、実際の音で比較するのは結構重要。

あれこれ記事で読むより分かりやすいですね。
あ、良いなと思ったマイクはコンデンサーマイクでした。
ううむ。。。
扱いが難しいと良く聞くし、なかなか手を出しにくいなぁ。。。
って言うか、オイラ、ボーカルじゃないし。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

実家から持ってきたもの

まだキーボードマガジン(リットーミュージック)が月刊誌だったころ。

年始号には必ず各社シンセの総合カタログが付録として付いていました。

毎月欠かさず読んでいた時期があったのですが、おそらく、その中でベストだと思ったんでしょうね。
内容的に。
1993年のカタログを未だに実家に置いてあったのです。

内容見て、まず「懐かしい~」という感想。

RolandはJV-880で、今のシンセに通じる「音質」が確定したころ。
KORGはヒット作であるM1路線を進みながら、WaveStation等で個性をアピール。
YAMAHAやKAWAIは大手の性格ゆえか、受け身な商品が目立つ。
また海外メーカーだと買収される前のE-MUやEnsoniqやらの製品が載ってて、ちょっと懐かしさと寂しさが感情の中に同居したりして。。。

02_2


最近のキーボードマガジンのカタログは残念ながら単にメーカー発表の仕様をそのまま掲載しているだけ。
このときはかなり主観的ではあるものの、機材毎に簡単な説明や特徴が言われていて、結構読み物として楽しい。

今はこういった情報はむしろ各個人のブログが面白いのですが、最終的には「音」を聴いてみたいですね。
中には語るほど使ってないじゃん・・・って人も多いのですが(自分もその中に入っているかも・・・)、

しかし、最近つかまり立ちをするようになった息子対策として、キーボードがいろいろな荷物置き場になってます。
ライブ等で結構無意識にテーブル代わりにされてむっとする事もあるのですが、子供対策なら仕方ないか・・・

しかしこのままでは何も弾けないなぁ・・・

01_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだGW終わってないけど

GWの帰省ネタでも。

子供の初お泊りはオイラの実家となりました。

5/2は帰省途中、都内に寄り、コルテオを見に。
実は正月に軽を購入した際、初売り特典でチケットをもらっていたんです。
丁度休日でラッキーだったのですが・・・

帰省も兼ねていたので、子供を連れていったのですが、開演直後号泣・・・
雰囲気を全くしらなかったので、連れて行ったけど、失敗。
周りに迷惑をかけてしまいました。
嫁さんが外へ連れ出して、あやしていたので、オイラだけで最後まで見てました。。。

01


02

5/3以降は地元で親戚回りや、買い物などを。


地元に帰っても行くところはハードオフだったり(苦笑)

03


04


帰り、帰省した日に見たTV番組で取り上げられていた、佐野SAに寄って、佐野ラーメンを。
もっともTV番組で出ていたのは下り側のお店だったので、同じものかどうか不明ですが。。。

05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »