« いやー・・・びっくり | トップページ | 怒涛の夏休み »

2009/08/18

あくまで感覚的に言ってますが

日本の(プロの)キーボーディストってなんだかんだで、お金持ちなんじゃないかと。
世界的に見て・・・だけど。

世界的に・・・なんて大げさに言ったけど、僕の聞いている音楽ジャンル(プログレ、メタル)なんかを見ていると、日本人の方が機材にかかってる予算が全然違うように見える。
あまり名の通っていないミュージシャンが、本物のハモンドB3やらC3を使うなど、いわゆるビンテージキーボードを使っているのをよく目にする気がするんです。

海外の、しかもお前どこの国の人じゃい!っていうぐらいのバンドでしかもあまり売れてなさそうなバンド(でもプロはプロ)のキーボードの方なんてシンセでオルガンもエレピサウンドも出している。
貧富の差が原因の全てとは考えられないけど、なんかそういうのを見てると、日本のプレーヤーってなんだかんだで、お金持ちなんだな~なんて思ってしまうのです。

もちろんプロなら音にこだわるんでしょうし、それがたまたまビンテージサウンドに行き着いたってだけなのかもしれませんけどね。

でもデレク・シェリニアン(元DreamTheater)と小川文明さんの対談なんかで(キーボードマガジンの10年近く前の記事だと思う)小川さんが本物のミニモーグを使っているといったら(チューニングがよく狂うせいか)デレクがクレイジ~だねぇ(もちろん英語でね・・・)言ったとか。
こういう合理的な考えが先行してるだけなのかもしれませんけどね。

なんだか、最近キーボーディストでTVに出てくるアーティスト見ると前面に出てくる人ってピアノとかエレピとかなんだもん。

もうちっと今のシンセをガシガシ使ってるプレーヤーが注目を浴びるようなことがあっても良いと思うのですが。

フェンダーのエレピ・・・ちょっとおしゃれでインテリアとして置いてみたいなって思う部分もあるんですけどね・・・

|

« いやー・・・びっくり | トップページ | 怒涛の夏休み »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/45966268

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで感覚的に言ってますが:

« いやー・・・びっくり | トップページ | 怒涛の夏休み »