« ライブ撮影と編集の楽しみ | トップページ | やっと公園デビュー »

2009/09/14

譜面作成ソフト

多くのPC用シーケンスソフトは五線譜を作成していく機能を備えていますが、今回ご紹介するのは譜面作成がメインでシーケンサーとしてはおまけ(と言い切れないレベルですが)のソフト。
イーフロンティアは多くの音楽用ソフトを発売しており、以前に紹介したのは自動作曲ソフトとして定番となっているBAND-IN-A-BOX。
今回は譜面作成ソフトではかなり有名なFinaleの簡易版といえる「Finale PrintMusic」をご紹介。

Finale自体以前は10万円近い高額なソフトでしたが、バージョンがあがるにつれ低価格化していき、また、幅広いユーザー層に対応するため、廉価版としていくつかの製品が存在します。
その中で、Finaleのもつ機能を一通り味わう事ができ、そこそこ安価なのがこのPrint Music。

MusicXML対応とか、オイラみたいな人間には「何それ?」というものもありますが、打ち込みデータを綺麗な譜面にし、バンドメンバーに渡したり、音楽データを再生しながら譜面を見たりする事ができます。
そして個人的に魅力を感じているのがイメージスキャナーから読み込み可能という事。
すでにある譜面をスキャナーで読み込み、打ち込みデータに変換できちゃう。

まあ、値段が値段だし、実績はKAWAIのSCOREメーカーには及ばないのかもしれないけど、なかなか魅力的な機能。
ああ、これもっと早く導入してれば、例の23分の曲データの打ち込みも早くできたかもしれない・・・

基本的には譜面作成ワープロソフト・・・と思った方が良いので、音楽制作を本格的にしたいなら、別途何かしらシーケンスソフトは用意した方がよさそう。
だけど、これだけでもそこそこ凝った事はできそうです。

オイラは当面単に譜面閲覧がメインになりそうで、もったいないっちゃぁもったいないのですが・・・


|

« ライブ撮影と編集の楽しみ | トップページ | やっと公園デビュー »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/46211946

この記事へのトラックバック一覧です: 譜面作成ソフト:

« ライブ撮影と編集の楽しみ | トップページ | やっと公園デビュー »