« 正式に告知 | トップページ | しつこく告知 »

2009/11/20

オイラ的長い曲ベスト10

長い曲が好きですって良く言うのですが、長いから好き・・・なんじゃなくて、曲の中で劇的な場面展開とかある曲が好きなのです。
例えば短い曲でもQueenのBohemian Rhapsody(これでも6分はあるけど・・・)なんかは大好きですね。
長くてもギターソロの掛け合いが永延と続いたりするような曲はあまり好きではないです。
(ライブはまた別ですが)

もともと中学の時、音楽の授業で「モルダウ」を聴いた時に、あ、こういうの好きかもって。
あれも途中で曲調を変えながら最後は劇的な展開で最高潮に盛り上がって、静かに終わるって感じじゃないですか。
あーいうのにコロっとやられちゃいますね。
こういうロックな曲つくりて~な~と少年Hideはそのとき思ったものです。
まああれから20年経ち、親父Hideとなったわけですが、未だに・・・

ちなみにモルダウはカラヤン指揮のみ限定で好きです。
他はなんかどっしりとしてないというか、軽い感じがして嫌ですね。
(今でもたまに聴くし)

で、今現在オイラの中でそういった曲のベスト10ってヤツを挙げてみようと思います。

以下、曲名 / アーティスト名で表記

1.An Island In The Darkness / Strictly Inc.
約17分
後半劇的に盛り上がり、そして静かに終わるという大作モノの王道なのですが、聴いた後の爽快感は一番。
オイラがはじめてプログレってのを意識した作品でもあります(アルバム自体は非常にポップですが)

ちなみにStrictly Inc.とはジェネシスのキーボーディスト、トニー・バンクスのソロプロジェクトです。
これ、結婚式のキャンドルサービスの時に流しました。
念のため、2曲用意してくださいね~なんて言われましたけど、そんなの要らないだろうなと思っていましたよ。
運よく曲の盛り上がった部分でメインキャンドルへの点火でした。
・・・って会場の誰も気づいてなかっただろうな。オイラ一人でぐ~~っっどたいみ~~んぐ!って思ってました(笑)


2.Close to the Edge / YES
約19分
YESっていうと海洋地形学ってもっと長いのがあるけど、この曲がYESの最高傑作だって意見は多いと思う。
テンションの高い演奏と劇的に終わりを迎える曲調は最高です。
本家の演奏より、AWBHによるバージョンの方がタイトで好きですけどね。長さは変わりません。

YESの最高傑作の呼び声高い一作

3.A Change of Seasons / DreamTheater
約23分
カバーしたけど、これホント疲れましたわ。。。
上記2つに比べると盛り上げ方、落とし方がイマイチなんですけど、それでも時々出てくるフレーズにガツンとやられます。
最後の締めがもう少し劇的な展開が欲しかったかな・・・?


4.The Pendulum Part 1 ~ 3 / GERARD
約12分
日本のバンド。オイラのソロ活動の原点であるバンドです。
11分ある中で歌は1分あるかないかという(笑)
オイラ、オルガンサウンドはこのバンドの永川敏郎さんを目指してます。かつ独自性を出すため、あえてシンセで出してるんですけどね。
この曲は凝りすぎた作りではなく、一つ一つのセクションはシンプルなんだけどきちんと場面展開を持っているという事で、オイラが目指したがる理由が分かるでしょ?
オイラ、凝ったものは作れないんすよ・・・

5.私は風 / カルメンマキ&Oz
約13分
Lynusライブをご覧いただいてる方には説明不要かと。
オイラは古い雰囲気を出したくないので、あえてシンフォニックな音色を選んで弾いてます。
ライブではとにかく集中力を要する曲ですね。


6.Six Degrees Of Inner Turbulence / Dream Theater
約42分
好きな中では一番長いかな?
イントロのドラクエ風な部分がややチープさを感じますが、後半の落としどころは最高。
ライブで聴きたかったなぁ・・・


7.一触即発/ 四人囃子
約12分
いつかはやりたい曲、その2って感じかな。
キーボードは裏方に徹してますけど、ギターのカッティングとか気持ち良いんですよ。
歌がね・・・素人っぽさが強いのがちょっと残念。


8.The Divine Wings of Tragedy / Symphony X
約20分
冒頭の聖歌隊みたいな部分とか要らないんじゃない?って箇所もあるんだけど、歌の最後のフレーズがたまらない。
ほんの1フレーズなんだけど、このためにこの長い曲を聴いてよかったと思えるほど。
っていうか長い曲聴ける人ってそんなところがツボってなるんでしょうかね。


9.Tarkus / Emerson,Lake&Palmer
約20分
一応・・・挙げておくか。。。
本家の演奏より誰かのカバーのほうが好きなんですけど、やっぱり本家あってこそですからね。
ライブ版でクリムゾンのフレーズが入るところでちょっとぐっと来ます。
カバーだとJordan Rudes(DreamTheater)によるカバーがなかなか良いです(フルでやってるので)。
なかなかフルでカバーしてるのに出くわさないのですが。


10.July Morning / Uriah Heep
約10分
劇的な変化はしませんが、落として、盛り上げて・・・の繰り返し。
曲展開としてはこういう形式もありだな~っと思ってます。
この曲はライブで一度演奏したのですが、心残りありなのです。
ちなみにこの曲近年は6~7分ぐらいに短縮されて演奏されているようです。
確かに序盤の繰り返しパートはしつこいかも。
それにしてもいつかリベンジしたい。。。
だれかやりませんか?


・・・というわけで、こんな感じかな?と挙げてみました。
他にも沢山あります。
アルバム全体で1曲みたいなコンセプトアルバムとかね。

いつかはコピーじゃなく、こういう劇的な展開の曲を作ってみたいというのが夢なんですけどね。
まだまだ引き出しが少ないです。今のオイラは。

|

« 正式に告知 | トップページ | しつこく告知 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

Heepいいですね!
July Morning立候補いたします!

24歳ぐらいの時に友達の結婚披露宴でやりました。
メインVoで(笑) 
気分はDavid Byron(笑)
当然ギターも弾きましたけど。

私も変化ある曲、展開とかある曲が好きです。

投稿: burst-gang | 2009/11/21 00:20

私も長い曲大好きです!!

この中ではイエスの「危機」当時レコード発売日に買いました!!

それ以来の愛聴盤です!!

EL&Pはタルカスもいいですが、ファーストに入っている「石をとれ」が曲的には一番好きです!!

あとピンク・フロイドですね!!

「原始心母」など名作いっぱいですが、なんといっても「エコーズ」が一番好きです!!

四人囃子はやはり「一触即発」OZはやはり「私は風」で同意見です!!

「July Morning」や昔やってました!!

初期のヒープは大好きです!!

短い曲ですが、「RAIN」は曲として大好きです!!

ケン・ヘンズレーが「誇り高き言霊」というソロアルバムで、ドラマティックにアレンジし直してやっているバージョンもヒープの琴線にくる繊細なバージョンもどちらも好きです!!

投稿: ゆうじ | 2009/11/21 00:43

#burst-gangさん

結婚披露宴でHeepってのもすごいですね。。。
JulyMorning是非やりましょう!

#ゆうじさん

石をとれも良いですね!
エコーズは実はまだ未聴なのです。
今度聴いてみます!

今日はLynusで「私は風」やってきました!

投稿: Hide | 2009/11/22 01:54

ちょっと短いですけど、Helloweenの守護神伝のHalloween

13分ですが、内容はよくまとまってて好きです。

投稿: tumugu | 2009/11/22 03:01

#tumuguさん

懐かしい・・・
パワーメタル系最近歳なのか聴く頻度が下がってしまいました(笑)
確かに展開のある長い名曲があった気がします。
久しぶりに聴いてみようって思いました。

投稿: Hide | 2009/11/22 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/46814030

この記事へのトラックバック一覧です: オイラ的長い曲ベスト10:

« 正式に告知 | トップページ | しつこく告知 »