« それは違うと思うよ、Niftyさん。。。 | トップページ | ここはすごい・・・ »

2009/11/11

お手軽レコーダーの今後

KORGが小型レコーダーを発表。
ってそんなに新しい情報でもないのですが。。。

http://www.korg.co.jp/Product/DRS/SOUNDonSOUND/

他社かな。
既に同じような発想の商品を出していましたが、土台となるトラックを録音すれば、あとはそれに合わせて演奏を録音。
MTRと違って、追加トラックとか考えがなく、土台と今演奏してる音の2つの音が鳴っているだけらしい。

記録された音はメモリーカードに記録されているので、後はPCに転送後、好きなDAWソフトでも使ってミックスしてくださいな・・・って事になるんでしょうね。

で、実はオイラがBR-600(8トラック×バーチャル8)を手放して、MicroBR(4トラック×バーチャル8)のみにしたのは、似たような発想で録音してミックスすれば良いジャンって結論に至ったから。
小型MTR本体だけではミックスダウンとか無理ですよ。実際。そしてある程度本体で音録りができればそれで充分。ただし、メモリカードは大容量ほど良いですね。

場面ごとに細かくボリューム設定したいし、EQもその都度気になる時に設定変えたい。
そういう時、小型のMTRじゃリアルタイムでの操作性が悪いんですよね。

じゃあMicroBRやその他、小型MTR全般だめかというとそうでもない。

ようするにMTR本体は記録だけ。
ミックスはPCでって割り切れば、全然使える。むしろ小さい分荷物が邪魔にならずに済んで、便利。

今後・・・って書いてけど、この路線が主流になるかは分かりませんが、僕は悪くない方向性の仕様だと思います。


手のひらサイズのマルチトラック・レコーダー。

|

« それは違うと思うよ、Niftyさん。。。 | トップページ | ここはすごい・・・ »

「機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/46737965

この記事へのトラックバック一覧です: お手軽レコーダーの今後:

« それは違うと思うよ、Niftyさん。。。 | トップページ | ここはすごい・・・ »