« ショルダーキーボードを作る! その2 | トップページ | 丸源 »

2009/11/02

音楽プレーヤーソフト

なんていうジャンルのソフトと言えばよいのか良く分かりませんけど。
iTunesのようにライブラリ管理として、PC用音楽プレーヤーとして、そしてハードの携帯音楽プレーヤーとの連携ソフトとして。

まあそんなソフト達の使用感を。

というのも、諸事情あって、有償・無償のその系統のソフトを複数使っているわけですよ。
メインはJustsystemのBeatJamだったのですが、最近はWalkmanを買った事で、SonicStageの後継であるX-アプリに移行しつつあります。

他はAppleのiTunes、そしてPanasonicのSD-JukeBoxの計4つ。Windows Media Playerも使いますが、これは管理ソフトとしては使ってません。
(けど何やら勝手に管理してるようだが・・・)

BeatjamとSD-JukeBoxは有償、他は無償。

使い勝手はこれはもうホントに人によって意見が分かれます。
どれかを使っていた人にとっては、他は使いにくいな~という第一印象を持つでしょうね。

ちなみにオイラはXP時代はONKYOのソフト(今は単体発売していない)を使っていて、それに近かったのがBeatJam。

BeatJamの気に入ってる部分はCDをリッピングした時のファイル保存にルール付けができる点。
これはiTunesもできた気がするけど。

基本保存場所を例えばC:\Hide
というフォルダに設定したとしましょうか。

そして保存ルールの設定で、アーティスト名のフォルダ生成、アルバム名のフォルダ作成、ファイル名のルールにトラック番号_曲名.(ファイル形式)
って設定できる。
X-アプリやSD-JukeBoxはこの辺が固定だった気がする。

もちろんライブラリ管理にソフト一つだけならどれを使っても不便しない。
複数のソフトを連携して使いたい場合にこの辺りが重要になってくる。ようはどこにファイルが作られたか・・・がわかりやすいってのがどれだけ影響するかです。

SD-JukeBoxはカーナビや携帯電話にSDカードを挿して音楽を聴く場合に必須。
高いカーナビには標準で付けて欲しかったんだけどなぁ。。。ぶつぶつ。。。

SD-JukeBoxははっきり言って使い勝手はよくない。
というかX-アプリのライブラリ管理とほぼ同等。
面白いのは曲の雰囲気を判定して、傾向毎に分ける管理のしかたができる点かな。

SDカードへの転送は結構不便で、専用のファイル形式に変換しており、セキュアな状態にされてしまう。
著作権に配慮してのものだろうが、CDRにMP3やWMA形式のファイルを保存して読み込ませればオイラのカーナビはわざわざこのソフトは必要としない。
意味不明。
何故SDカードのときだけセキュアな管理が必要なのか。

比較対象として本命なのはX-アプリとiTUnesでしょうね。

この両者は共にハードを意識したつくり。
最新版(X-アプリはまだ初版)は動画管理にも対応。
ただし、対応音楽・動画フォーマットの種類の多さはSonyに軍配。

視覚的にもSonyは面白いが、ハード処理能力に余裕がないと逆にイラつく要因になりえる。
特に起動時に必ず表示される音楽ニュースの類は人によっては邪魔。
オイラもちょっと鬱陶しく感じている。
ただ、アーティスト名別検索は他のソフトと比べてちょっと面白い。
曲数登録が多いアーティスト名は目立つようにフォントが大きく表示されている(下図の赤丸で囲った部分)。

01

SonicStage時代からあったが、曲の評価機能はちょっと意味不明。

動画に対応していないBeatJamやSD-JukeBox(皮肉にも両者とも有償でありながら動画未対応)を使う意味は?

すくなくともSD-JukeBoxはカーナビでSDカードを音楽データの保存媒体として使うので、必須。
いちいち管理者権限を求められるのがちょっとうざい。

ではBeatJamは?

これの便利なところは曲単位でGracenoteのCDDBと照会できる点。
昔MDに録音した曲をMP3化できるラジカセを持っているのですが、そのMP3データを曲単位でネット照会すると、曲名・アーティストなど見つけられる。
他のソフトはアルバム単位でしかできないので、これが結構便利。

また、同社のラベルマイティというソフトと連携すれば、音楽ライブラリ情報からCDRやDVD用のケース、ジャケットデザインができる。
地味だけど便利。

また、iTunesとBeatJamはGracenoteのCDDBに自分で登録できる。

アマチュアの方で自作CDを配布してる方は是非登録して欲しいと思います。
自動的にアーティスト名と曲名拾ってくれるのって便利なんでね。

BeatJamはx-アプリと同じエンジンを使うせいか、同時に起動できない仕組みになってます。

ってわけで結局どれも一長一短あるので、フリーだけにこだわらず、他の有償ソフトも含めて連携して使ってみると良いかもね・・・って曖昧な結論になっちゃいましたが・・・

なお、その他フリーのソフトも試してみましたが、動作の安定度などイマイチ感がありました。
やっぱメーカー製が良いのかな~と。
(でもスペックの低いノートとか結構メーカー製はきついんですよねぇ・・・)


|

« ショルダーキーボードを作る! その2 | トップページ | 丸源 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/46655821

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽プレーヤーソフト:

« ショルダーキーボードを作る! その2 | トップページ | 丸源 »