« 太鼓好き | トップページ | 英才教育? »

2010/06/22

久しぶりにM50の話

まあ本当のところ言うとホントほとんど触ってない状態です。
その原因はスト・・・

まあ、それは良いとして、オルガン音色で弾く傾向が強いオイラとしてこのシンセで最初に感じた違和感。
それはグリッサンド時の爽快感の無さでした。

何故だろう?って思って各音色のパラメーター見てたらなんて事はない。
タッチの強弱で音量も変わるようになっていたんですね。
普通オルガンって弱く弾いても強く弾いても音量は一定のはずですが、KORGのプリセットはそうじゃない場合が多いみたい。

なので、この強弱なしに設定したところなかなかの爽快っぷりになりました。

M50のオルガン弾いててなにか違和感あるな・・・って思った方いらしたら、そういうところエディットしてみると良いかもしれませんね。

低価格で高性能ミュージックワークステーション

|

« 太鼓好き | トップページ | 英才教育? »

M50」カテゴリの記事

コメント

オルガンは、癖が強い音ほどいいと思うので、特徴を捉えて、より強く設定すると面白いかも。

どんな曲にでもって訳にはいかないけど、そこに面白さが!

投稿: tumugu | 2010/06/23 00:41

#tumuguさん

オルガンの癖って多分意識しないでプレーヤー側が出してるんだと思います。僕も聞いてもらってすぐに「あ、Hideが弾いてるな」と思われる音を出したいですね。

投稿: Hide | 2010/06/23 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/48697229

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにM50の話:

« 太鼓好き | トップページ | 英才教育? »