« だらだら・・・ | トップページ | YAMAHA MO6とKORG M50を比較してみた その2(ライブで使用後談) »

2011/01/04

ちと「萌え」?的な話を

いや、自分の中で「萌え」ってものが何なのかイマイチ分かってなかったりしますが。
可愛い女の子の絵をそう呼ぶのかな?いや、それ以外でもxx萌えとか言ってるぐらいだから何か「ぐっと」来た場合を指すのだろうか。

なんて事を良いつつも、オイラの中での「萌え」的な話を今日は勝手にさせてもらう。
とは言っても、「萌え」とはなんぞやという話ではなく、実はそっち系(の色合いが若干強い)商品をいくつか試してみたのでその感想をという話(やらしいゲームとかじゃないよ)。

今年は何か作ろうという漠然とした目標があったりして(元旦の記事で触れてないものもある)、何かを作る補助的なソフトがいくつか発売されていて、基本的に何か作るの好きな性格のオイラとしては試してみたくて仕方がないわけですよ。

で、以下最近(って言っても期間結構長いけど)ちょっと使ってみたもの。

音声読み上げソフト。

VOICEROID+ 民安ともえ

VOCALOID2(巡音ルカ)を所有してるけど、こっちは喋る専門。
本当はこういうイメージキャラって不要な気がするんだけど、単に読み上げソフトと見れば、これはこれで面白い。

ビデオのナレーションなんかに使えるかな・・・なんて思ってたら、やっぱり同社のMovie Pro(動画編集ソフト、今オイラもメインで使用中。このソフトは良いよ)とセット商品が出てた。

まあこんな感じになります。

それより国産ワープロソフト「一太郎」の最新版に付属の音声読み上げ機能の方が気になる今日この頃だったりします。

http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/feature6.html


続いて漫画製作ソフト

コミPo!

絵心がなくてもマンガが描ける(作れる)というソフト。
基本は3Dのモデルをカスタマイズして、表情、ポーズ、背景やアイテムなどを加えて漫画を作成するというもの。

追加キャラは別売り(予定)のキャラクターを追加していく事でキャラクターのバリエーションを増やせるそうです。
・・・が、基本のセットだけでもキャラクターのカスタマイズの幅は広いので、それなりに楽しめる・・・というものらしい。

初音ミク並の衝撃的商品とかなんとかって言われてるけど、実は既に同系統のモノと思われる商品が(とっくに)出ている。
(しかも持ってたりする・・・)

3D初心者向けとして有名な「六角大王」の終作から発売されている、「さし絵スタジオ」がそれ。
しかもこちらは六角大王との連携も可能だし、頑張れば(六角大王はじめ他の3Dソフトを使えば)キャラクターの追加もできる。

もちろんコミPo!の方がコミックを作るための機能は豊富で、キャラクターのカスタマイズ性も高いしコマ割なんかもあって、初めからコミックを作るという商品コンセプトがはっきりしている。

さし絵スタジオはもっと汎用的でどちらかというとコミックより「挿し絵」作成向けってイメージもあるし、用意されているキャラクターも「萌え」系ではない(感想は人によるかな・・・)。どちらかというと、お堅いイメージ。

なので、コミPo!の登場は驚きはしなかったけど、VOCALOID同様、やっぱキャラクターイメージ戦略を上手く利用すると話題性があるのかなぁ~と。
ただ、さし絵スタジオは結構地味に普及していて、会社のE-Leaningの教材なんかで見かける時があって、あ・・・と思う事があります。

もともとはゲームの素材とか曲のイメージ映像を作るために買ったものだったんだけど、結局使ってないな~


終作の商品はこちら。



いずれもゲーム作成やCDのジャケイメージ、きままに何か作ろうかとか色々計画はしてみるものの、結局日々Youtubeを眺めては夜更かしして終わり・・・な日々を送ってしまってます。。。


|

« だらだら・・・ | トップページ | YAMAHA MO6とKORG M50を比較してみた その2(ライブで使用後談) »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、面白いですね

投稿: 初音ミク 画像 | 2011/01/05 10:22

#初音ミク 画像さん

えー・・・っと、何をご覧になられたのか分かりませんでした。。。すみません。
コメントありがとうございます。

投稿: Hide | 2011/01/05 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/50495337

この記事へのトラックバック一覧です: ちと「萌え」?的な話を:

« だらだら・・・ | トップページ | YAMAHA MO6とKORG M50を比較してみた その2(ライブで使用後談) »