« いつの間にか | トップページ | 動画いっきにドン »

2011/02/09

CME M-KeyV2をライブで使って気付いた事

この手のMIDIキーボードを補助用としてライブで使う人は少なくないと思ってます。
(実際どうなんでしょう・・・)

今はCMEのM-KeyV2を使用してるのですが、この機種安価なだけに現在の設定状況が掴みにくい。
まったく把握できない情報としては送信MIDIチャンネルとかね。

これはRolandあたりの安価モデルもそうなんですけどね。

ところがR社の安価モデルと異なるのはアサインボタンが光る点にある。
例えばオクターブシフトボタンを上にすると、上ボタンが赤く点灯する。
ちなみにトランスポーズを設定すると上なら上ボタンが、下なら下ボタンが点滅して、今の設定状態をある程度しる事ができる。
更には電源OFFにしてもこれらの設定を記憶している。
自宅できっちり設定すれば現場で改めて・・・という作業が不要になる。

地味に便利だったりします。

|

« いつの間にか | トップページ | 動画いっきにドン »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

しっかしキーボードが好きで機械音痴の人とかいたら大変だね笑

投稿: | 2011/02/10 02:51

ごめんなさい!

上の発言はおいらですw

投稿: mupin | 2011/02/10 02:53

#mupinさん

それはオイラの事だね(笑)
実際機械音痴云々より、それを使うためのモチベーション的なものがあるかどうかだと思う・・・
オイラの場合機械音痴でも、演奏したい気持ちが上回っていたのが幸いしたかな・・・

投稿: Hide | 2011/02/11 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/50815610

この記事へのトラックバック一覧です: CME M-KeyV2をライブで使って気付いた事:

« いつの間にか | トップページ | 動画いっきにドン »