« トイデジをやめました | トップページ | ライブ告知 »

2011/06/02

ICレコーダー

今までスタジオ練習、ライブの録音に使ってきたRoland(EDIROL)のR-09。
多分2007年ごろに買ったと思う。
そこそこ長く使ってきたと思うんですが、何せUSB1.1で転送速度がアレなうえ、電池蓋(兼SDカード蓋)がかなり危なっかしい作り。
USB接続するときもこの蓋を開けるので、もうSDカード経由でPCで取り込んじゃえ!
という作業をずっとしていたのですが。

SDカードは1GBまでしか使えないし(いや、十分だけど・・・)、それ以前にもうメモリって本体内蔵で良くない?とか思うようになってきたわけです。

結構前から芸能人とか政治家の立ちインタビュー(あれ何て言うんでしたっけ?)でマスコミがよく手にしてるアレ。
ICレコーダー。昔からちょっと気になってました。

過去MP3プレーヤーであれこれ悩んでいた頃、候補に挙がりつつも地味なデザインとあまりにMP3の圧縮率が高くて、音が悪すぎたので改善されるのを期待してました。

悩んだ過去・・・
http://studioyozakura.cocolog-nifty.com/negoto/2005/08/post_6666.html
http://studioyozakura.cocolog-nifty.com/negoto/2005/11/pc_b37b.html
2年前でしょうかね?
三洋とYAMAHAが同じ機種をそれぞれのブランド名で販売しましたよね。
あの時、ICレコーダーも会議やインタビューの記録止まりから音楽(ライブ演奏)の録音まで範囲が広がったな・・・と実感したんですよ。

で、じゃあ低価格帯のモノは相変わらず会議などが中心という期間が続いて、オイラもすっかりやれ1ビットなんたらだとかの次世代レコーダーが候補なのかななんて思ってました。

・・・が、ここに来てふとICレコーダーの製品ラインナップを見てみたら低価格帯も音楽(ライブ演奏録音)対応してるじゃない!

何が対応してるか否かの基準かっていうと、上記にも似たような事を書いてるけど(ちょっと意図が違うけど)録音レベルの調整ができるか否か。
最近だと音量レベルが大きくなった場合、リミッター効果がかかるかどうかも標準になってるみたい。

でネットでカタログみると、1万円切る価格帯のがもうこの基準を満たしてるんですよ。

しかも三洋だと充電電池(エネループ限定だが)が本体で充電できちゃう。USB接続で。
最近USB接続形式のを使うようになってきたけど、これ便利。PC無いとだめじゃんとか思ってたけどWalkman買った時に間違ってた事に気付いた。
USB充電用アダプターが売ってるわけで。

となると、いちいち充電器使っていたR-09がしかもあの危なっかしい蓋をいちいち開けずに済むかと思うと(ホント壊れそうで・・・)魅力倍増。
SDカードも引っこ抜かずに本体からニョキっと飛び出るUSB端子をPCにつなげばOK。

あ~~!ほしぃ”!

って事で即購入。そして即叱責(笑)

いやいや、あのね。
最近仕事で会議も多くなって、結構会議録音してーなーって思っていたんですよ(これホント)。
言った、言わないの言いあいが増えたんで(オイラじゃないけど・・・)。
っていうか、議事録取れよって話か(笑)

Img_20110601_060059


問題は完全にR-09の代わりが勤まるかというとそうでも無し。
気になるのはマイク性能。

価格考えるとね・・・

マイクって確かあまり進歩してないものらしいんですよね。

それにR-09のより小型のマイクだと思う。

まだライブ録音できてないけど、これ多分中音が強く感じる音になるんじゃないかなー・・・と勝手に予想。

でもまあ、最低ラインの音質確保を確認したら、完全乗換えするつもり。
っていうか外部マイク接続もできるので、どうしてもって場合はそちら使いますよ。。。

これで機材小型化さらに進行ですわい。


|

« トイデジをやめました | トップページ | ライブ告知 »

「機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/51823232

この記事へのトラックバック一覧です: ICレコーダー:

« トイデジをやめました | トップページ | ライブ告知 »