« 秋になったので・・・ | トップページ | オイラはヒーローロボモノが大好物だ! »

2011/10/12

ペーパークラフト

エコとはま逆とも言える遊びと言えるのかなぁ・・・
でもさ、富士市は紙の街。
しかし時代は本も電子化の時代。

紙を知育に活かすためにもPCとアナログな紙との融合を・・・

なんてらしくもない事を言ってみました(笑)

上に書いた事なんてあまり考えてなくて、単にオイラの遊びの原点はやっぱ紙工作だったな~と。
以前より「ペパクラデザイナー(現在は3)」なる3Dポリゴンのデータを展開図に変換してペーパークラフトができるソフトが存在してました。
付属の六角大王SuperLEのフル機能版である六角大王Super(6)を使って時々遊んではいますが、人体作成機能からせいぜいちょこっといじる程度。
3DCGってやっぱ慣れないと難しいんですよね。
なので、ペパクラデザイナー導入は躊躇してました。

じゃあ3DCGをもっと簡単に・・・例えばMS-Word等の作図機能では簡単な3D画像が作れるじゃないですか。
あんな感じで図を組み合わせてペーパークラフト化できないか・・・とか思っていたらドンピシャの製品発見。

基本は書籍なのですが、付録のソフト「紙龍」なるソフトがそれ。
ちょっと前のものですが、まだ販売中だし、面白いのでご紹介。

数点の頂点から成り立つ図形を描くと即座に3D化。奥行き等は設定できたかな?
それを1パーツとして、いくつも作っていくとある程度凝ったものもできちゃう優れもの。
3Dソフトとしても簡易的なアニメーション機能までついてます。

基本は直線と数点(最大12点?)の頂点から成る図形を立方体化する方式。
球面などは作れないので、球体を作りたい場合は擬似的に数パーツ組み合わせて作るしかないようです。

オイラみたいに3DCG作成はメンドーだけどペーパークラフトの展開図は自動でやって欲しいというモノグサさんには良いかも(笑)

いや、どちらかというと教育(知育)向けみたいですけどね。

まあ、子供がやりたがったら貸してあげよう・・・

それはまでは(それ以降も・・・)オイラが楽しむ!(笑)




こっちが高機能版ね。


|

« 秋になったので・・・ | トップページ | オイラはヒーローロボモノが大好物だ! »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/52967516

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパークラフト:

« 秋になったので・・・ | トップページ | オイラはヒーローロボモノが大好物だ! »