« ダイエットのためのジョギング失敗談 | トップページ | KORGが富士市に! »

2012/05/22

北九州市、瓦礫の受け入れ市民が阻止

・・・というニュースを見て。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012052201001490/1.htm
市民ってどのぐらいのどういった人達なのか気になります。
市民って書かれちゃうと、北九州市民総出なのか、一部の過激活動家を中心にした限定された規模なのか。

で、一度搬送してしまったからには運送費は発生してますよね。
これも国民の税金なり、福岡県民の税金なりで負担してるんですかね?
受け入れした場合は補助金が国から出そうな気がしますが、拒否となった場合・・・受け入れ先を無くした瓦礫の行き先とその運送費用負担は誰が?
そして補助金は当然なしですよね?

しかし瓦礫は福島(原発)から結構離れた石巻市のものだそうで。
石巻のものでもだめかー、だめなのかー・・・・・・結構原発から離れてるけどな~・・・

まあしかし、北九州市とはちと遠いな~とは思いましたがね。
運送費をかけてでも受け入れるメリットがあると思ったんですかねぇ。
絆という名目では今時誰も動かないと思うのですが。
悲しい事ながら。

|

« ダイエットのためのジョギング失敗談 | トップページ | KORGが富士市に! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/54775723

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州市、瓦礫の受け入れ市民が阻止:

« ダイエットのためのジョギング失敗談 | トップページ | KORGが富士市に! »