« ブログにこっそり書くよ、MOXFを選んだ理由 | トップページ | Rolandを待て!! »

2014/01/15

第2、第3弾ができるか・・・

一度動画にしたいなーと思っていたMr.Crowleyのイントロのセッティング方法案。
勇気を振り絞って・・・ってあれ実は5テイクぐらい撮っているのだ(笑)
やっぱり台本しっかり作らないとダメだね。

で、検討している曲はいくつかあるんだけど、過去振り返るとハードロックばかりになった2006年より前の頃は結構こういう事に凝っていたなと。
随分前の事だし、使っている機材も違うので、かなり忘れてしまったわけだけど、その中でもすごく悩んだ曲は

セシルの週末 aikoバージョン

でした。まあ今の僕じゃ演奏する画すら想像できないでしょうな。
多分2005年ぐらいに演奏したと思うんだけど、お手伝いというか、とにかくバックバンド的な役割だったので、歌い手さんにはできるだけカラオケ気分で歌って欲しいと。
なので原曲再現に苦心したわけですが、とにかく良い意味で悩んだ曲でしたね。

多分・・・なんだけど、シンセで弾いたパートは生のオーケストラというか、小さな管弦楽団みたいなのがちゃんとレコーディングしたんだと思う。
だから一人オーケストラって意味ではかなりのチャレンジでしたね。
あの曲はバンド全体としては出来が悪すぎて、悔いが残るものではあったんですけどね。

あとは、

みずいろの雨 八神純子

後で知ったんだけど、オリジナルはバックにオーケストラで、ピアノはご自身で弾きながら歌っていたらしいじゃない。

知らないから両方同時にやっちゃったよ。。。
もう一人キーボード連れてこい!って言っても良かったんだな。あれ。

どこまで頑張ろうかって思ったけど、今思い返してもあれはセッティング組んでる時楽しかった。
2004年・・・だったかな。
もう10年前の話ですな。

こうして思うとやっぱりJ-Pop系というか、ポップス系だね。無茶させてくれるのは。
それも特に80年代のシンセがビンビン鳴ってる頃のじゃなくて、90年代以降のやっぱり演奏は人の手によるものが良いですよね~って風潮が広まった頃の。
あとはシンセ以前の生演奏のポップスとか。

今そういうの弾くほど気力あるかな。

頭かっちかちになってきてるし、脳みそほぐすためにもたまにはロック系以外のを一人で良いからやってみるのも良いかもね。
でも上記曲はお題にしないよ。

もう2度とセッティング思いだせないし(笑)

|

« ブログにこっそり書くよ、MOXFを選んだ理由 | トップページ | Rolandを待て!! »

YAMAHA MOXF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/58946456

この記事へのトラックバック一覧です: 第2、第3弾ができるか・・・:

« ブログにこっそり書くよ、MOXFを選んだ理由 | トップページ | Rolandを待て!! »