« 一日遅れの御礼 | トップページ | ライブ撮影者(個人で済ます人は特に)には神ソフト »

2014/04/28

語るのも良いが、やっぱり弾かないとね

1月からぱったりMOXFについて質問もこなくなったので、情報としてはWeb上とかで充実したのかな?
特に氏家さんのデモは僕も”待ってました!”状態だったわけですし。
既に持ってるのに欲しくなったわ(笑)

ま、僕から自発的にMOXFについて発信するとすれば、あとは実際ライブでの音をお聞かせするしかないね・・・と。

というわけで、今回ライブでの使用ってのが見れるよう、手元をカメラで写しました。
演奏が下手なのはご勘弁を。特にミスノートが多いよね。
ライブ出だしのソロフレーズがへろへろって間違って弾いちゃった時は、結構心が音を立てて折れそうだったし(笑)

ってわけで解説を交えた上で、以下動画を見ていただければ幸いです。

Eyes of the World

イントロは原曲聞きながら耳コピーで打ち込み。MOXFのシーケンサーは僕に合ってるので、これ多分1時間かかってないと思います。
もうちょい原曲では裏で鳴ってる効果音とか凝っても良さそうなものですが、自分で弾くためのトラックも開けておかないといけないんで、まあこんなもんかと。
出だしの裏で鳴ってるパッドっぽい音が手弾き部分。
プリセットのパフォーマンス音色からソングにエクスポートして使ってます。
コロンコロンって鳴ってるのがアルペジエーターを利用した部分ですな。

で、出だしのリード音はプリセットのアナログ系リード。
微妙にビブラートがかかっている音が原曲っぽいので利用しました。

あとは中盤のギターソロ終盤からキーボードソロに移る場面。
ピアノ音色はハウス用のプリセット音。M1あたりを意識した音かな?
これは日本のメタルアーティストがコージー・パウエル追悼イベント前に(たしか)たまたま結成した虹伝説のバージョンを意識した音。
多分、現Gerardの永川敏郎さんだったと思う。。。

割と全曲共通で使っているのがシンセブラスとオルガン。
オルガンは拡張波形の音を利用してますが、正直自宅で聞いていた分には内蔵波形との違いがあまり見られないかな・・・と思っていたんですが、いざバンドで使ってみると想像以上にリアルです。
MOTIF ESやMOシリーズと比べても全然こちらが良い。エフェクターが良くなった・・・ってのもあるかもしれないけど。

で、シンセブラスは相変わらずテクノ系の音をオクターブ違いでレイヤーにしてます。
レイヤーにするとやっぱり抜けや音の厚みがあって良いので。

Lights Out

U.F.Oの曲。
オルガンのみで特筆すべき事はないかな・・・
オリジナルは確かギター兼キーボードなので、全編キーボード要らないんだけど、無理やりいれてます。
もう何年もこれでやってるんで。。。

Always gonna love you

音色においては音色一番目のピアノ、ストリングスは生系とシンセストリングスをオクターブ違いで重ねたものを使用。
いずれもプリセットです。終盤ピアノ+ストリングスになりますが、あれも生系のストリングスを重ねてるだけのシンプルなセット。
テンポの安定感とミスノートさえ減れば良いんですがね。
コーラスパートは多分人生の中で一番高いキーかも。もうちょい上出るなって思ってたんですが、動画見てたらイマイチ音が外れてた(下に・・・)。
悔しいからリベンジするよっ!

Tarot woman

人生この曲をライブでやるのは2回目、初めてコピーしたのは随分昔で、披露せず。
で、未だにこのイントロは悩みます。
恐らくはアナログシンセの多重録音なんでしょうが、弾きながらリアルタイムで音質変えたり、ポルタメントタイム変えたり、とにかく両手めい一杯使っての多重録音。
さらにはピッチベンドを使ったあの雰囲気が大事なんですよね。
なので、ハモリパートの最後だけは再現しましたけど。フットスイッチ(コントローラー)でも上手くいかないんだよね・・・
この曲だけアフタータッチが欲しいと思いますね。もう少し頑張って原曲に近づけたい(アレンジすれば?って話もあるけどやっぱ原曲の雰囲気が出したいので)。

で、曲中はほぼオルガン。本当は5thリードみたいなのを裏で鳴らしていたりするんですが、今回はパス。
次回からKaossilator2かiKaossilatorを導入して再現しようかなと思ってます。
ちなみにソロがめちゃくちゃですが、言い訳だけさせてください・・・・

モニター聞こえないんで、弾きたい音がBなのかEなのか迷ったんですけど、聞こえないんで、どっちが合ってるのか分からなかったんです(泣)
(良く動画を見ていただきたいのですが、歌が始まって聞こえないんで、オルガンに変えた時も合ってるのか分からなくてモニターに顔近づけて確認してます)
やっぱり間違ってた。酷いね(笑)みなさん気持ち悪かったかと思います。すみませんでした。
我ながら編集しながらぽかーんとしちゃいました。

Shot in the Dark

オジーじゃないですよ。Vow wowの方。
で、これはほぼ原曲通りのデジタルシンセで良く聞く減衰系のシンセ音がメイン。プリセットです。
ソロ音色はもう完全オレバージョンで行きました。
MO時代から使い続けている音です。
ただ、MOXFになって、使えるオシレーター数が増えてるんで、せっかくなので、依然より太い音が出せてます。
同時発音数128万歳。

キーボードのフレーズは出だしの安定感がイマイチですな。練習します。。。
終盤これ手がもうがっちがちに疲れるんですわ・・・
厚見玲衣さん指なげーのかな。

以上、MOXFに関係ない事まで多く書いちゃったけど、こんな感じです。
ま、実際聴いてみてどうかなって判断して頂きたいです。
しつこいようですが、下手なのはご勘弁ください。


|

« 一日遅れの御礼 | トップページ | ライブ撮影者(個人で済ます人は特に)には神ソフト »

YAMAHA MOXF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/59548579

この記事へのトラックバック一覧です: 語るのも良いが、やっぱり弾かないとね:

« 一日遅れの御礼 | トップページ | ライブ撮影者(個人で済ます人は特に)には神ソフト »