« ビデオカメラは複数台所有を対案する | トップページ | 2日早いクリスマス・・・だが »

2014/12/17

この歳でようやく観れた・・・

僕が小学1~4年生にかけて地元TV局で昭和ウルトラマン3作(初代~ジャックまで)が割とローテーションで再放送されてました。
(あと初代~ストロンガーまでの仮面ライダーも・・・アマゾンは一回だけだったかな?)

特撮に限らないのですが、放送時間帯が夕方、17時台だったのですが、TVのチャンネル権は完全に父親なので、道路状況によってはその時間帯に帰宅して、自分の見たいニュース番組等に変えられてしまうんですよ。
なので、結構な割合で子供の頃見ていたアニメや特撮ものの全体的な話の流れや最終回どうなった?とかが分からなかったりします。
父親がわざとやってるんじゃないか?ってぐらいに最終回は見事にどれも見たことが無かったんですよね・・・

で、今はというと、ようやく冒頭に書いた初代~ジャック(帰ってきたウルトラマン)までをコンプリートしましてね。
いま、ジャックを子供と一緒に見ているんです。
最近の平成ウルトラマンでも昭和ウルトラマンは出てくるので(今見ると80とかカッコわりぃなぁ・・・と・・・思うのは僕だけ?)子供も結構食いついてきます。

まあ、平成ウルトラマンはちょっと見た感じ、「友情」とかそういう青臭い面が前面に出てきて割とこっ恥ずかしいのですが、昭和のそれもなかなかのものです。
というか見ながら(子供には悪いと思いながら)あまりのチープなストーリー展開に嫁はんと爆笑してます。

例えば地球を防衛する組織(科学特捜隊、ウルトラ警備隊、MAT・・・等)、東京支部!って言ってるならまだしも、あの人数でどうやら日本国中をサポートしてるみたいなんですよね。
もうその時点で明らかな人手不足、戦力不足だろとか思うわけでして。


しかも目撃情報を元に怪獣を飛行戦闘機で捜索。
レーダー的なものを使わず、目視だしな・・・

しかもまだ捜索段階なのに
隊員A:「怪しい物体(怪獣とか)発見!」
隊長:「よし攻撃開始!」

っておいっ!!

目視で確認、怪しいから即攻撃ってどんだけ臨戦態勢なんすかって感じ。


今ちょうどジャックを見ているのですが、もうあれです。腹がよじれて死にそうです。
変なバラエティー番組より笑える。
だって・・・主人公、日曜日休みなんだもん。
地球防衛の任務が日曜定休っておい。。。茶吹くわ。
しかもある回では「もう夜も遅い、明日に備えて今日はもう休め!」でみなさん退場。
あのー・・・交代要員いないんですかぁ?的な。

怪獣なんかは特にそうだけど、一応地球に元々隠れるように住んでいたのが何かの拍子にこっちの世界に来ちゃったパターンが多い。
そこを元に戻す事とか無し、問答無用で攻撃だもんなぁ・・・
普通に考えたら生物学的な研究材料として「捕獲」とか、意思疎通ができるなら「交渉」でしょうに。。。

そして自分たちの手に負えずピンチになると「大丈夫!ウルトラマンが来てくれる!」とか、もう任務放棄・他力本願、お前ら全員即刻除隊しろって感じ。

所謂宇宙人による侵略もそうで、まず結構な割合で丁寧に日本語学習してきてます。
まず地球侵略考えるなら最大戦力保有のアメリカ、ロシア、中国・・・つまり英語とかロシア語とか中国語を覚えてこいよ
・・・っていうか侵略するつもりなら言葉覚えなくて良くね?・・・結構皆さん律儀ですな。
そしてなぜかどこの星から来たか知っている地球人。「出たなバルタン星人!」みたいな。いつ知った・・・名前を。
で、何星人っておかしくね?俺ら全員地球星人ってひとくくりにされるのと一緒だし。

ジャックではバルタンJr.が登場・・・って初代に出てきた大量のバルタン星人の誰の息子だよ!って感じだし。

まあ、今の特撮もそうなんで、細かいところ突っ込むなんてヤボな話なんですが、どうも我慢できないぐらい可笑しくて。

子供は単純に戦闘シーンを見て興奮しておりますが、怪獣とのど突き回しを見ている大人としてはなかなか恥ずかしいものがあります。
はよ光線出せ光線を!

えー・・・古来より人間ってのは如何にして遠距離で相手を仕留めるかを追及したわけでして。。。
狩りや戦争で言えば、旧時代から罠(穴とか)、石、ハンマー、槍、弓、と発展してきて日本の場合は戦国時代からは銃戦ですよね。
戦国時代の戦闘も剣を使った決闘は少なく、銃撃戦や弓(矢)、槍の突きあいでなるべく自身から遠ざけて仕留めるか、弱らせる。
弱ったところを小刀で首を・・・ってのがセオリーだったそうで。戦死した武士の骨なんかを分析すると、撲殺の後とかが結構残ってるらしいです(斬撃で死ぬ割合が少ないって事かな)。

それを忠実に再現しちゃうとほとんどの戦国(時代劇)ものの映画やマンガ等がヒジョーに地味な絵となります(まあ・・・殺し合いを地味な絵って表現するのも不謹慎ではありますがね)。

・・・


なので、まあ・・・ウルトラマンご自慢の体術をある程度拝見してから遠距離攻撃で幕という・・・戦いのセオリーの逆展開を楽しむのがオツなんでしょうな。
あとまだ結構話残ってるなぁ・・・
耐えられるかな・・・セブン見終わった時点で割とぐったりだったから(笑)

そうそうセブンって名前も確かウルトラ警備隊7人目の戦士って意味でセブンじゃなかったっけ?
ってことは名づけ親は地球人?その前は?お前の本名なんやねん!!

しかもその息子はゼロ。ナンバリングっすか!しかも、かあちゃん誰だよ・・・。

ゼロみたいに映画オンリーは別として、ヒーロー物って一年は放送するから、あれですな、外すと(人気的な意味で)色々大変ですな。

ゴジラもそうなんだろうけど、まず街が破壊されていくっていう画が撮りたくて作ったんじゃないのかな?と思うんですけど、皆さんどう思われます?

|

« ビデオカメラは複数台所有を対案する | トップページ | 2日早いクリスマス・・・だが »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/60826225

この記事へのトラックバック一覧です: この歳でようやく観れた・・・:

« ビデオカメラは複数台所有を対案する | トップページ | 2日早いクリスマス・・・だが »