« 少子化に対する見解が興味深い | トップページ | 年末最後の仕事 »

2014/12/28

年末の大掃除はいろんな意味で無駄だと思う件

気持ち的にはわかりますよ。
新年、家や職場を綺麗にして新たな気持ちで迎えたいと。
あるいは宗教的意味あいもあるのかな。
しめ縄とかね。
神様を迎えるなら家を綺麗にしておきたいってね。


ただ、実家にいた時にも思ったし、実際やらかした事もあるんですが。

僕の故郷福島県郡山市は冬になると、強い風が吹く日が多いです。
地元に帰った際タクシーの運転手にその辺すげー解説されました。
おとなしく聞いてたけど、うん、知ってるよ・・・って思いながら(笑)

風は西から。磐梯高原あたりの標高の高い地域から雪も混じって風が吹きます。
気温は近く朝霧高原や御殿場ほど低くならないのですが、強い風故に体感気温は実気温よりマイナス5度だと言われています。

でね。

年末も例外無くこんな状況なわけですよ。

日本国中寒いわけです。

手がかじかんでるわけですよ。

そんな状況で外の窓ふきやら玄関掃除やら・・・

実家でやらかしたのはガラスの窓をサッシごと外して水洗いしている最中、突風が吹いて窓が倒れ、ガラスが見事に粉砕しましてな。
ダンボールで部屋の窓を塞いで年越したという苦い経験があります。

さらに年明けると割とすぐ花粉の季節じゃないですか?
花粉であっちこちがベッタベタになるわけですよ。

さらにいうと、実家は実質年寄夫婦のみ(長男も一緒に住んでるが20年近く家を掃除しやがらない・・・)で住んでいるので、真冬の掃除は厳しいと。

そういう背景も考えると、年末と言わず、年度末大掃除というのはいかがでしょうかね?
4月は入学・進級・会社も新人のスタートの季節。

必ずしも暖かくなっているとは言い難い時期ですが、12月末よりマシでしょう。

って、今年も家じゅう掃除を命じられるんだろうな~とちょっとだけ憂鬱になっているだけなんですがね(苦笑)

|

« 少子化に対する見解が興味深い | トップページ | 年末最後の仕事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/60872377

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の大掃除はいろんな意味で無駄だと思う件:

« 少子化に対する見解が興味深い | トップページ | 年末最後の仕事 »