« 最近の音楽に良いモノが無い?有る? | トップページ | くどいようだが告知する!! »

2015/01/26

ヒューマンエラーの再発防止は

これは一般的でありながら、仕事上、ミスに関する分析、対策立案において、結構難しい事だったります。

人間によるミスは絶対起こると過程して、システム、組織、そういった事を対応策として策定するというのが、あらゆるミスに対する再発防止となる。というのが、会社で散々怒られながら日々取り組んでいる事であります。

たとえば僕なんかは一応プログラム開発という仕事をしつつ(といってもここ最近数年ぶりにC言語のソースを十数行書いた程度の仕事です)、ほぼ仕事の内容は過去の担当者が作りこんだであろうバグに対して「何故作ったのか」「何故見つけられなかったのか」を分析、「どうしてそれが起きたのか?」を一つ一つ洗い出しながら、そして「○○だから」「じゃあ○○は何故起きたのか?」というのを繰り返しながらミスの再発防止策定にこぎつけます。

当然お客様に対して報告しなければならない場合もあり、結構そういう時は、ダメ出しも多く、信用回復の難しさを実感するものであります。


と、長々書いたわけですが、結局人間がやる事にはミスが絶対あると過程して、それを極力なくすためには一時的に作業コストが上がろうが、個人のせいに帰着するのではなく、あくまで仕組み、システムの不備を見つけ、再発防止に取り組むべきなのです。というのが僕の勤めている会社の方針。まあそれでもなお、個人を追い詰める上司はいるんですけどね・・・

そしてそのシステムの改善は短期的・中期的対応、長期的には当然ミスを犯した作業者のスキル向上だったり、グループ組織におけるフォロー体制の確立(こっちは割と中期的な対応かも)を行うべきなんですね。

ま、何故こんなビジネスマンなら当然だろ的な話を書いたかというと、最近仕事というよりプライベートでのある出来事があって。

それがプライベートだろうが、改善すべき事なのなら、短期的対応として、一時的に導入コストがかかっても、再発した際に発生する損失に比べれてそれが少ないのであれば即導入すべきと思うんですよね。

この短期的対応と中期的対応、長期的対応の区別を当然のようにすべきなんじゃないの?とか。
いや、自分もちゃんと出来ずによく会社の報告書ではダメ出しの連続を日々くらっているわけですが。

それでもそういうミスは無くしたいわけで。

さて、さっきのプライベートでの件、提案はしたものの、その後の反応は薄い。というより反応がない。

僕はシステム導入コストの低いものなら、短期的対応として即取り組むべきだと思っての提案だったつもりなんですが。
割とその辺スルー気味というか、危機感の共有すらできてない事にちょっとイラだちを覚えてます。

先ほども言いますが、ヒューマンエラーの最終改善は当然ながら行きつくところ、その人自身の改善なわけですけど、これは長期的というより超長期的対応と言って良いと思うんですよね。性格改善とか、スキル習得なんていつ実現できるか、見通し経たないでしょ?


|

« 最近の音楽に良いモノが無い?有る? | トップページ | くどいようだが告知する!! »

「バンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/61034640

この記事へのトラックバック一覧です: ヒューマンエラーの再発防止は:

« 最近の音楽に良いモノが無い?有る? | トップページ | くどいようだが告知する!! »