« 引き継ぎ遅くない?って話 | トップページ | 分からんのだけど・・・ »

2015/07/03

TMR西川貴教さんのアンコール論を見て

西川貴教、惰性のアンコールに苦言「演る側も義務ではない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00010001-trendnewsn-ent

西川さんの意見には反論もないのですが。

TM違いですけど、昔のTMNetworkって確かアンコールしないグループじゃなかったっけ。
あとビートルズもアンコールは受け付けないバンドじゃなかったかな。
と曖昧な記憶の話はどうでもよろしいとして。

僕も恥ずかしながら人前で演奏する機会を持つ身。
アマチュアだろうが、「聴いていただく」事に変わりはありません。

そのうえでアンコールというものについて考えてみる。

アマチュアバンドの場合は対バン型(複数バンドでライブハウススケジュールを抑え、順番に演奏する)だとセッティング込でひとバンド何分って決まってるわけですよ。
その中でアンコールってのは割と厳しい。場合によっては他のバンドさんに迷惑をかける時もあります。
通常アンコールをして良いかはイベント主催者やライブハウスの運営者にお伺いをたて、問題なさそうならアンコールにこたえる・・・のがあるべき姿かと。

ただ、そういう状況である・ないに関わらず、常に聞いてくださったお客さん・・・場合によっては我々を全く知らないお客さんの前で演奏する場合もあるわけですが。
そういったお客さん方に、アンコールを求められる。そんな演奏を常にできたら良いよねって思ったってだけです。はい。

***

しかしアンコール込みでのライブってのはプロの場合通常運転なんだろうけど、今から10と数年以上前に、渋谷某所でライブを見に行った時の事。

その日、僕は同じ学校の部活の後輩と見に行ったのですが、我々と数名が後ろで立見。
あとは椅子に座って見ているというライブでした。
どうやら、ファンクラブ専用椅子だったようで、早く着いた我々は疲れたのもあって、椅子で休憩してたらスタッフにどくよう言われてしまったのです・・・

ま、それはいいとして、そのライブ、アンコールも無事終わりましてね。

立見のお客さんのうち一人だけさっと出て行かれまして。
あー・・・そんじゃ我々も帰ろうかと。
お座り組はファンクラブだし、なんかあって残ってるんだろうな・・・ぐらいに思ってました。
もちろんずっと拍手は鳴ってましたし、終電まで余裕もあったんですがね。でも逃すのも嫌だなと思って。
帰ろうかと思って出て行こうとしたら、スタッフに止められて。
「実はまだ一曲あるんです・・・」って。
結構恥ずかしかったなぁ。。。
ちなみに出て行った方はプロの方。同業者のライブ見に来てたんですね。なので、スタッフに止められる事もなかったのかなと。
あの後お仕事だったのかもしれないし。

とりあえずカーテンコールあるまでは帰っちゃいかんのだなぁ・・・とつくづく思った次第です。

|

« 引き継ぎ遅くない?って話 | トップページ | 分からんのだけど・・・ »

「バンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88774/61827770

この記事へのトラックバック一覧です: TMR西川貴教さんのアンコール論を見て:

« 引き継ぎ遅くない?って話 | トップページ | 分からんのだけど・・・ »