« せっかくだからもうちょっと | トップページ | うぎゃっ! »

2009/10/13

1度演奏してみたかった曲

といってもメチャメチャ好き!ってわけでもないんですけどね。 そんな曲を今度のンバンバのライブで演奏します。
どういう曲かはお楽しみにって事になるんですけど、何故一度やってみたかったかっていうと、この曲ですね。 すごく印象的なハモンドオルガンのフレーズが入ってるんです。 いや、あまり注目する人はいないかもしれないですけどね。 レズリーによるドップラー効果がかなり強めで、いい感じの歪み具合。 なのになのに・・・ この曲を演奏するバンドでキーボード有りというのを見たことが無かったのです。 なので「あのフレーズ入れろよ!!」って心の中でいつも思ってました。 今回は聴く側じゃなく、演奏する側。 しかも周りは爆音だし、うまく本家のあの「揺れ」がちゃんと再現できるかどうか。 家では気持ちよく弾かせてもらってます。 オイラが使用しているのはYAMAHA MO6ですが、これに内蔵のレスリーシミュレーターはマイクアングルってパラメーターがあるんですよ。 これを変えるとマイクアングルがどうなるのか分かりませんけど、値をいじるとドップラー効果が強くなったり(揺れ方が激しくなったりする)。 レズリースピーカーって高音のホーン部分とウーファー部分の各スピーカー(厳密にはローター部分)を回転させて、その回転速度をFASTとSLOWで切り替えて音に表情を加えるんですけどね。 ホーン部とウーファー部ってスピーカーの重さが違うから、それぞれ回転速度が切り替わる早さが違うんですよ。 軽いホーン部がいち早くFAST-SLOW切り替えが完了。マイクアングルはひょっとすると、高音・低音の混ざり具合を調整してるのかも。 今回はこのパラメーターをいじって、本家っぽい揺れの激しい音をちょっと意識して音作ってみました。 ま、どの曲かは当日当ててみてください。 下にサンプルを。 できればヘッドホンで聴いてみてください。 普段使っているオルガンのレズリー効果。 今回のセッティングで用いているレズリー効果。 キーボード内蔵のエフェクターもなかなか奥が深い(かな?)。 YAMAHA MO6ならサウンドハウスで。 MOTIF ESの高品位な音質と機能を継承したシンセサイザー

| |

« せっかくだからもうちょっと | トップページ | うぎゃっ! »

バンド」カテゴリの記事

MO6/MOTIF ES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せっかくだからもうちょっと | トップページ | うぎゃっ! »