« 結局一週休んじゃった・・・ | トップページ | 2015/2/21 音楽仲間の舞 Vol.53 出演動画一挙公開 »

2015/02/22

ZOOM H5の使用感想と音楽仲間の舞 Vol.53への感謝

まず音楽仲間の舞Vol.53に関して。 ご来場の皆さん、スタッフの皆さん大変ありがとうございました。 出演者の皆さん、バンドメンバー各位お疲れ様でした。 当日あちこちでイベントが重なったせいもあるのでしょうか。 いつもより、ゆったり客席に座れる状態でちょっとさみしいものはありましたが、それでも場を盛り上げてくださった皆さんに感謝です。 知らない方のために補足しておきますが、沼津Fujiyama Music Factory(元沼津Audition)で2カ月に一度行われる、ライブイベント。 元はとある会社の音楽部を中心に知り合いバンドにお声掛けしたバンドで構成。 ノリは高校の文化祭的雰囲気。 テク度外視、場を楽しめる方なら参加できる。お金は出演料としてバンド持ち。 お客さんは無料というバンド側への集客の敷居も低く、大変すばらしいイベントです。 Vol.1は客として、その後立て続けに2度出演させていただき、その後も何だかんだで出演させていただきました。 年末は主催ながいくさんの妙技によるバンドメンバーシャッフル企画で、今活動されてる幾つかのバンドもここで発生しています(代表例・・・アマゾンリリー・・・・?)
僕は主催でも運営側でもなんでもないですし、一参加者としていつも参加させていただいています。 それが何故上記のような事を書いたかと言いますと、今回でもしかすると沼津西沢田(合ってます?)のあの場所での「音楽仲間の舞」は今回で最後かも・・・だからです。 Vol.1時からあの場所で見ていた自分としては少しさみしいというか、それでも今回のVol.53はどこか原点に戻って、弾き語りあり、ピアノデュオあり、ハードロック、パンク等、割と初期のバラバラ感があって原点回帰ってほどでもないですが、職人集団が増え始めた「音楽仲間の舞」が少しだけ昔の雰囲気を取り戻した感もあり、懐かしさと今回であの場所では最後という事で、少し想い出話なんぞしたくなりました(その割には1年単位で顔も出してない時期とかあるんですがね(汗)) さてVol.53出演者は以下 若干恐れ多いのですが、初めて他バンドの感想なんぞを書いてみようかと思います。 みしま君 若輩の僕が恐れ多いのですが、厳しい言い方しちゃいます。 独特の雰囲気を持つみしま君(僕より10歳以上の目上の方を君呼ばわりしてすみません)弾き語り。 これはあくまで僕のポリシーなのですが、止まる演奏、やり直す演奏を多発させるのはよくありません。 演奏の出来の最低ライン、まずスタジオ練習で結果を出せという昔読んだ楽器雑誌の記事を個人的には守っているつもりです。 ミスったならそこをネタで客席を沸かせるぐらいの仕込みまでやると良いのではないでしょうか。 選曲や歌は申し分ないのですが、練習を聞いている気持ち半分。 次回頑張るとの事ですので、是非とも完成度を高めた演奏を楽しみにしております。 湊夏花 一方こちらは若い(・・・よね?)女性によるギター弾き語り。 ところで弾き語りって言い方正しいのかな?語ってないじゃん。歌ってるじゃん。いや、本筋はそこじゃないか。。。 演奏面ですが、完成度が高く感動。 逆にロックなオジさんが多くて、MCで盛り上げられなくて申し訳ありませんでした。 オリジナル曲で構成。ほんわかとした歌声(しかもよく通る!)、安定したギター演奏。 完成度高し。 某動画サイトで検索するといくつかライブ模様が見てるみたいです(記事書きながら確認)。 ですが、ライブ映像のみならず、一度MVを作ってみる事を提案したいです!! 月猫 ネコ耳だ!(見た目からかっ!) ガチでピアノ弾いてる様を見るといつも刺激を受けます。 ちょっとジャジーな感じもいれつつPopな女性デュオ。 ・・・な感じ? はっきり言って、僕がどうの言えるレベルじゃないです。 ボーカル、ピアノどちらも完ぺき。 あえて言うならピアノの方、是非最近は持ち運びもし易い軽量の電子ピアノも出ておりますので、是非そちらの使用をご検討いただければと思います。 マイキーボードを持ち込む事は結構大事で、特にハコが変わると音質ががらりと変わる(要はPA頼りなので)キーボードの特性をあらかじめ知っておくべきです。 PAさんが今回割と頑張ってくれていましたが、やはりYAMAHA電子ピアノの音色特優のふんわり感が消されているので(同じYAMAHA使いとしては気になる)、そういうメーカー違いも考慮に入れて欲しいところです。 ハコによってはPAさんあそこまで丁寧にやってくれない場合もあります。今回ピアノの音は割れる直前で踏みとどまっていましたが、ピアノ特優のクリアな感じがいつ損なわれるのかとヒヤヒヤでした。 クラシックやジャズと違ってその場に生ピアノがあるとは限りませんし。 メーカーによって全然音も違いますから(当然ながらYAMAHAはYAMAHAまたは某ベー社の音に近い、KORGは独特の中音域の強さ、Rolandは某スタ系の音とおおざっぱに言われています)。 Yanbow-Marbow あとで動画配信予定。 深く、深く反省しております。今。 THE HELLO PANTY 自分の出番をはさんでいたので、あまりじっくり聞く事ができなかったのですが、こういうバンドは「舞」には重要ですよね。若い(20代?)感じが出ており、元気いっぱい。 パンクはかくあるべきという演奏を聞かせていただきました。 オジチャンも頑張りますっ! 白大将 こちらも近く動画配信予定。 でついでに、今回のライブ気合いを入れるべく、ZOOMのH5を導入した話を。 確かにマイク性能は良いです。立体感があり、今回ちょっとPAさんにお願いして、卓の音ももらいましたが、ちょっと使えない感じでした(音が入っていたりいなかったり)。多分もう少し録音プランをPAさんと打ち合わせすれば4ch録音の特性を活かせると思います。 想定外は、バッテリー消耗。エネループを最初使っていましたが、消耗が激しく、リハ計120分で半分消費。 (初めて使うため、テストも兼ねてリハを録音) 現地で電池調達できましたが、4ch同時にしたのが原因なのか、因果関係は不明。 ただ、ICレコーダーと同じ感覚で使っていると、痛い目見そう。 なお、三脚に今回は付けましたが、ギターの音がほとんど拾えてないです。 不思議。どちらもメインスピーカーから出てるはずなのに。 あと三脚に乗せたせいか、ベースの音もあまり聞こえません。 えっと、製品が悪いのではなく、現地でリハやりつつ、丁寧に設置場所、マイク(本体)の角度調整が必要な機種です。 立体感がありクリアで音は良いですが、バンドの音を録音する場合は要注意です。編集大変だなこりゃ・・・

| |

« 結局一週休んじゃった・・・ | トップページ | 2015/2/21 音楽仲間の舞 Vol.53 出演動画一挙公開 »

音楽」カテゴリの記事

楽器」カテゴリの記事

バンド」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZOOM H5の使用感想と音楽仲間の舞 Vol.53への感謝:

« 結局一週休んじゃった・・・ | トップページ | 2015/2/21 音楽仲間の舞 Vol.53 出演動画一挙公開 »