アニメ・コミック

2020/11/01

アニメとサントラ、OP曲、ED曲について語ってみる

鬼滅の刃が話題ですね。
かくいうワタクシも子供の強い希望もあって、早速見に行きました。
煉獄杏寿郎演じる日野聡さんは素晴らしい声優さんですね。
今後もおそらく続編が出るであろう、オーバーロードの主人公、モモンガの「支配者」モードの声と、素(ゲームの世界に閉じ込められた、普通のサラリーマン)の演技の切り替えも見事でしたが、煉獄杏寿郎のつかみどころのない不思議ちゃん、かと思えば、頼もしいリーダーという
あまり見ない(僕が見たアニメの範囲ですが)ギャップも見事に演じきっていて、一気に好きな声優さんとなりましたね。今後も他作品での活躍も楽しみです。

これは僕の願望なのですが、今回の話、結論から言うと、アニメはやっぱり世界観をしっかり吟味した専用曲が良いのではないか?
と思うという事です。

さて、鬼滅の刃のアニメーション制作はufotable。
僕が見てきたアニメだと同制作会社だとFate/ZERO、Fate/stay night [Unlimited Blade Works](TVアニメ版)が特に印象に残ってます。
アクションシーン等において、演出(派手!)が絶妙というか、例えばFate/stay night [Unlimited Blade Works]劇場版(スタジオディーン)とを比べると、アクションシーンの演出において、アプローチが異なってますね。
僕はufotable版が好きなのですが、これには映像だけでなく、バックで流れる音楽も影響が大きい気がしています。
梶浦由記さんと、その傘下で活動している、各音楽ボーカルユニット(例えばかつて存在したKalafina等)、の醸し出す独特の雰囲気が、作品にマッチしていました。

Fate/stay nightアニメ初期版(スタディオディーン制作)では川井憲次さんという大御所が担当されていました。大好きなクリエーターの一人ではあるのですが(押井守監督の一連の作品や、ガンダム00、ワールドトリガー等)、さすが上手いな~と思う作品の方が多いのですが、Fateに関しては正直ぱっとしなかったな・・・というのが僕個人の感想です。

続きを読む "アニメとサントラ、OP曲、ED曲について語ってみる"

| | コメント (0)

2013/09/07

珍しくアニメとか漫画とか特撮について書いてみる

昨日紅の豚を久しぶりに見て、やっぱりあの頃までの作品の方が良かった気がするな~と。 なんだろう。声優さんより、TVに露出が多いタレントを起用してる所に個人的には違和感をすごく感じるのです。 セリフが頭に残らない感じがするのです。 宮崎映画の名台詞はほとんどいわゆる声優さん(難しいけど舞台俳優のケースも多いので、声優さんって言いきれないんだけど)によるものがほとんどじゃなかろうかと。 それはおいとき・・・ 一昨年ぐらいだったかな・・・ 20年以上ぶりぐらいに少年ジャンプを買ってます。 週初めのテンションアップのためにね。

続きを読む "珍しくアニメとか漫画とか特撮について書いてみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)