音楽

2020/11/01

アニメとサントラ、OP曲、ED曲について語ってみる

鬼滅の刃が話題ですね。
かくいうワタクシも子供の強い希望もあって、早速見に行きました。
煉獄杏寿郎演じる日野聡さんは素晴らしい声優さんですね。
今後もおそらく続編が出るであろう、オーバーロードの主人公、モモンガの「支配者」モードの声と、素(ゲームの世界に閉じ込められた、普通のサラリーマン)の演技の切り替えも見事でしたが、煉獄杏寿郎のつかみどころのない不思議ちゃん、かと思えば、頼もしいリーダーという
あまり見ない(僕が見たアニメの範囲ですが)ギャップも見事に演じきっていて、一気に好きな声優さんとなりましたね。今後も他作品での活躍も楽しみです。

これは僕の願望なのですが、今回の話、結論から言うと、アニメはやっぱり世界観をしっかり吟味した専用曲が良いのではないか?
と思うという事です。

さて、鬼滅の刃のアニメーション制作はufotable。
僕が見てきたアニメだと同制作会社だとFate/ZERO、Fate/stay night [Unlimited Blade Works](TVアニメ版)が特に印象に残ってます。
アクションシーン等において、演出(派手!)が絶妙というか、例えばFate/stay night [Unlimited Blade Works]劇場版(スタジオディーン)とを比べると、アクションシーンの演出において、アプローチが異なってますね。
僕はufotable版が好きなのですが、これには映像だけでなく、バックで流れる音楽も影響が大きい気がしています。
梶浦由記さんと、その傘下で活動している、各音楽ボーカルユニット(例えばかつて存在したKalafina等)、の醸し出す独特の雰囲気が、作品にマッチしていました。

Fate/stay nightアニメ初期版(スタディオディーン制作)では川井憲次さんという大御所が担当されていました。大好きなクリエーターの一人ではあるのですが(押井守監督の一連の作品や、ガンダム00、ワールドトリガー等)、さすが上手いな~と思う作品の方が多いのですが、Fateに関しては正直ぱっとしなかったな・・・というのが僕個人の感想です。

続きを読む "アニメとサントラ、OP曲、ED曲について語ってみる"

| | コメント (0)

2020/09/02

Music Maker 2021へのバージョンアップ作業は思いのほか大変だったという話

先日9/1にソースネクストから案内が来まして。
Music Maker購入者向け特別価格ってやつですね。
そのうち会員向けに値下げ販売されると思いますが(笑)

早速購入してDL後、インストール開始。

Music Maker 2020がインストール済みだとどうやら共存するのか、入れ替えにするのか?を聞かれるようです。
今回は入れ替え・・・バージョンアップを選択しました。
インストーラーの説明画面では以前のVerで購入したプラグインは引継ぎできるとの事。

待つこと数分、入れ替え完了し、ソフトを起動。
デモソングの読み込みが遅い・・・
待つこと20~30分でようやく起動。

Music MakerからMGIXのアカウントにログインして、アクティベート。
このソフトはネット経由でアクティベートをチェックしているので、スタンドアロン環境で動作しない。。。という事がネットのQAに書かれてました。

アップデート情報を見ると早速修正パッチが。
おい!最新版DLできるようにしとけよ!と腹で思いつつ、最新化。
ここまでは”一応”順調だったのですが・・・

続きを読む "Music Maker 2021へのバージョンアップ作業は思いのほか大変だったという話"

| | コメント (0)

2019/11/10

Jazzは弾か(け)ないが、ちょいちょい聴く

昨日は富士市ロゼシアターにはH ZETTRIOを見てきた。
なんというか、悪ふざけに見えて、超絶技巧を見せられるあの感覚。

ワタクシ、Jazzがお好きでしたよ。
・・・なんてご婦人方に客席が占領されるなんて事もなく。

むしろ20~30代、なんなら子連れ家族も少なくない。

そう、ファミリーで楽しめるバンドなのだ。

それがH ZETT Mであり、H ZETTRIOであるのだと思う。
そういえば彼・・・子供番組とか出てるんだっけ?

続きを読む "Jazzは弾か(け)ないが、ちょいちょい聴く"

| | コメント (0)

2017/05/29

JASRACの諸々、共感と反感

僕はJASRACの包括利用許諾契約が一概に悪いとは思わない。 そもそも競合他社が少ない(ほとんど無い)ために公正取引委員会が入る事になったとみている。 こちらの記事によれば
「一番やってはいけない」(浅石理事長)とも話し、利用者は1つの窓口に申請するだけで、どの管理団体の楽曲でも利用できる「拡大集中許諾」の仕組みの整備に意欲を示した。
とあり、著作物の使用に関する利便性の低下を避ける取り組みに期待できる面もある。

続きを読む "JASRACの諸々、共感と反感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

アマチュアのライブ配信について思う事

SNSがライブ配信機能を実装したりで、バンドのライブを配信するケースをこのところ良く目にする。 で、チケット代の発生するライブでの配信について、無料で見れる配信というものはどうなのかという意見が出ていのを見た。 これは大変に興味深い意見だった、こちらも考えてみた。 先ず結論を述べたい。 ライブ配信はライブハウス、またはイベンターが主体的に行うべき。 バンド、個人が個々に判断・実施すべきては無い。 というのが個人的な意見だ。 ちなみに・・・ 仕組みとして今既に出来上がっている以上、この仕組み是非を云々言っても始まらないと思っている。 禁止したところでやる奴はいる。 プロのライブだって、明らかにこっそり撮影したであろう映像がネットにはゴロゴロとあるわけだし。 個人的に、今まで見てきたうえでの体験談でしかない話と断って上で。。。

続きを読む "アマチュアのライブ配信について思う事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/03

我が永遠の聖典ともいうべき一枚

僕ってばもう40のオッサンなわけだけど。 それでもDeepPurpleの全盛期を生で体験してるわけではないのよん。 でもその影響を受けた方々から間接的に色々影響を受けてるのは確か。 そしてより直接的であろう一枚がこれ。 どうもまた販売してるらしい。 一安心。 日本人メタラーなら一家に一枚の勢いです。 しかし・・・デーモン閣下はまだこのハイトーンが出るのだろうか・・・ このアルバム発売から20年。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/25

鍵盤オヤジ、息子を怒っていられない件

今年春、息子がピアノ初めて約1年という節目に発表会。 個人レッスンのため、同じ教室に通う生徒さん達に会うのも初めてだったわけですよ。 で、そこで同学年、同学校の子がいましてね。 ブルグミュラー(?)の貴婦人の乗馬をミスなく弾きこなしてまして。 そりゃもう、会場中の空気がぐっと引き締まりましたよ。 息子は出番終わってフラフラその辺で遊んでましたが(汗)

続きを読む "鍵盤オヤジ、息子を怒っていられない件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/16

7月なので・・・やってみたかった事

7月中にやろうと思って何年も経ってしまった。

 

今回歌はABILITY 2.0 Proを使用。
いや、これマジで良い。
MTR要らないかも・・・
(でもやっぱり持ち歩いで出先で録音したい時に必要かな)

 

ちなみにオケはSound it 8で録って、ABILITYで読み込みしました。
何故かABILITYだと、音声の途中が変なループ状に変わってしまうので。

 

 

 

使用機材はMOXF6。
打ち込みも内蔵シーケンサーです。

 

まだ打ち込みはPCでできないワタシ・・・

| | コメント (0)

2016/04/05

70年代後半~80年代前半のHR/HMはキーボーディスト的に面白くないのが多いのかを考えてみた件

3/1のエントリー記事 ロックなバンドマンたちに問う・・・何人キーボーディストの名前とそのプレイヤーの特徴を挙げられるか? を書いて以降、FBでは人の迷惑も顧みず3日に一人ぐらいのペースで(最近落ちてるなぁww)HR/HM方面のキーボードヒーローをピックアップ、紹介しております。 まあ、僕自身どれだけ知ってんだ?ってのものあって。 で、人を挙げてみると、どうもある方面でぽっかりと穴が開いてるかのようにプレイヤーが出てこない。 単に僕の知識不足によるものだろうけど、その時期というか、一定のジャンルというか。 それらに関するコピーとなると、あまり・・・・・・その・・・あくまで経験上の話ですけど、面白くないっす。弾いてて。 まあ、NWBHM系とか、スラッシュメタル初期のとか、L.Aメタルとかその辺ですかね。 同時期にジェフリアってバンドもあって、キーボードが全面に来てましたが、惜しくも後年名を残すに至らずといった感じです。

続きを読む "70年代後半~80年代前半のHR/HMはキーボーディスト的に面白くないのが多いのかを考えてみた件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/15

ライブ、録音、音圧の要はPA、レコーディング方法に非ず

先週、沼津の駅から徒歩5分ぐらいでしょうか。 QUARSというライブハウスで開催された「音楽仲間の舞」に”白大将”というバンドで出演させていただきました。 今まで同市内のやや郊外にあったFMFで開催されていたイベント。 FMFの閉鎖(移転のための一時閉鎖?完全営業終了?その辺り不明)に伴い場所が変わって初のライブです。 (正確には一度御殿場で開催された事もあったっけ?) 改めて、主催者、対バンの皆様、スタッフ、そして来客の皆様には御礼申し上げます。 悲惨なミスもかなりありましたが、個人的には最高の一日でした。 多分・・・打ち上げ出たらもっと楽しかったんだろうなぁ・・・

続きを読む "ライブ、録音、音圧の要はPA、レコーディング方法に非ず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧